マンツーマン-あらすじ-最終回(16話)-感想付きで詳しく紹介!


韓国ドラマ-マンツーマン-あらすじ-最終回(16話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソル達の名誉掛けた復讐が始まりました。
スンジェが出演する生放送のトークショーにい一緒に出演するウンガン。
そして、ソルがスンジェの胸に爆弾が装置されているピンマイクを付けました。
「正直に話さないとあなたの心臓は吹っ飛びます。」
そう言って、スンジェの事を監視するソル。
さて、このトークショーでスンジェの悪事を暴くことはできるのでしょうか!?
いよいよ最終回です。

【マンツーマン】ネタバレあり

最終回(16話)

「ここには心臓をふっ飛ばす爆弾が付いている。」
と言って、ADの姿に扮したソルがスンジェの服にマイクを取り付ける。
しかし、テレビカメラを前に、下手な態度を取れないスンジェ。
不安がよぎる‥

その頃国家情報委員長は、証拠を探しにソンサンのVIPルームに来ていた。
ミウンのうまい誘導。
そこで、ミウンからメッセージが来る。
「私の旦那の話をよく聞いてください。」
TVを付けて、スンジェのトークショーを視聴する委員長。
そこに、VIPルームにある電話機がなり取ると、それはソルからでたった。
委員長を脅すソル。
もし、この電話をきったら電話に取り付けてある爆弾を爆破させると言う。
確認すると本当に爆弾が付けられている!
いつの間に!

一方ドハは、プロデューサーを説得していた。
「何があっても放送を続けてください。今世紀最大の視聴率が取れますよ!」
ドハに説得され、放送を続けるプロデューサー。

そして、生放送を使ってのウンガンからの尋問を受けるスンジェ。
ウンガンから、様々な証拠を突きつけされても、全て自分ではなく、秘書が勝手にしたことだと言ってしらを切る。
そんなスンジェに対し、それなら秘書を連れてこないといけないな。
と言うウンガンにスンジェの顔色が変わる。

その秘書はすでに検察に捕まり調査を受けている最中であった。
結局、自分の録音ファイルをも生放送で公開されることになるスンジェ。
しかし、胸の爆弾の為に身動きが取れない。
スンジェは苦し紛れに、この全ての行動は国家情報委員長が仕向けたことだと言う。
自分には委員長がしてきた悪事の証拠があると言い、そのすべてを検察に提出すると言う。

その放送を見ている委員長はスンジェの裏切りに驚く。

そして、委員長はVIPルームに訪れたジャンチーム長に捕まり、スンジェも取り押さえられる。
修羅場でしたね〜;;

すべての作戦が無事に終わったソルは、すぐさまドンヒョンの病室を訪ねる。
意識を取り戻したという事を聞き、安心するソル。
よかったね!

その頃、木彫りの像をもらうか、500万プルを返してもらうかで悩むウンガン。
結局、ドハのアドバイスで木彫りの像を選択するウンガン。
まだこの2人はこの像に価値があると思ってるのね(笑)

次の日、ウンガンに良い話が舞い込む。
ウンガンが、コンセプトスターコンセプト芸能人で1位を取ったという内容だった。
どうやら前回の生放送の反響のお陰みたいね。

その頃スンジェと委員長は、相変わらず人脈を使って問題をもみ消そうとしていた。
しかし、もう誰もこの2人を手伝ってくれる人は居なかった。
そりゃそうだろー

ソ・ギチョルは、自分が宣言した通り自首をする。
そして、監獄であったペク議員に、真実をすべて話すと言う。
慌てるペク議員。

ソルはギチョルに約束した通り、家族をしっかり保護してあげていた。
家族の幸せそうな写真を見て安心するギチョル。

一方、全ての任務が終わり休暇をもらうソル。
ドハをあちこちデートに連れて行きたいと思っているが、ドハが忙しくて時間をとってもらえない。
そんなどドハの周りをウロチョロするソル。
邪魔みたいなので、ドンヒョンを訪ねることに…
立場逆転(笑)

結局ウンガンに条件を出して、ドハの有給休暇をもらうことに成功するソル。

一方ウンミはスンジェと面会し、離婚をしたければ離婚届けを作成して渡してくれ。
と冷たく言い放つ。
力がなくなるスンジェ。

ドハの休暇をやっとのことでもらったのに、ソルと一緒に居る時も仕事をやめないドハ。
一緒に遊ぼうとドハをけしかけるが、軽くあしらわれるソルなのであった。

しかし、ソルを訪ねてペトロフが現れる。
そして、ソルに偽装身分証を手渡す。
北ヨーロッパのテロ組織がソルを狙っているということらしい。
ここに残って居ると危険だと感じたソルは、皆のためにも韓国を離れる決意をする。
ウンガンも、ソルに何かがあったんだと感じ、静かに見送る事にする。

旅立つ前にドハに会いに行くソル。
ソルの姿を見てソルが何処かに行かなくてはいけなくなったと感じるドハ。
自分を待つなと言うソルに、待たないわ。と答える。
そして、ソルにGPSの入ったコインをお守り代わりに渡す。

ハンガリーに旅立ち、ミッションを随行することになるソル。

一方スンジェの面会に行くミウン。
スンジェから離婚届けを受け取ると、それを破ってしまう。
そして、子供が大きくなるまで一緒に生きて行きましょう。
と言う。
ミウンは心が広いわね。

その後、作戦の任務が完了したいとペトロフから連絡を受けるソル。

ドハは、ソルに渡したGPSでソルが韓国に戻って来たことを知る。

韓国に到着したソルはすぐに誰かに連絡をする。
GPS付きのコインを片手に持ちながら…

感想

マンツーマンがとうとう終わってしまいました!
なんというか、前にも書きましたが、財閥、政界、国家機関の汚職の酷さ…
このドラマの伝えたいことはここではないんですが、個人的にその部分がとても目についてしまいました。
お金の為なら平気で人まで殺してしまうんだなと;;
そして、流石にスパイドラマだけあって、なかなかのスピード感と、頭を使った戦術は見ものでしたね。パク・ヘジンがかっこよかった!
そして、ウンガンこと、パク・ソンウンが最高に面白かったです。
コメディーもいけるのね(笑)
最後は、ハッピーエンドを想像させる終わらせ方で、これもまたよし。
そして、ミヨンがスンジェを捨てなかったのには感動しました。
今後改心されると良いなフフ。
ということで寂しくなりますが、また次のドラマでお会いしましょう〜!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.