ミッシングナイン-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-ミッシングナイン-あらすじ-11話-12話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミッシングナイン

スポンサードリンク

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
新たな生存者がもう1人現れました!!
ジュノとテホは殴り合い、テホが崖の下に転落!!
ジュノは自分がテホを殺してしまったと思っていますが・・・。
テホは生きているようです!!

【ミッシングナイン】ネタバレあり

第11話 嘘が真実になる時

(無人島での出来事)
ミョンソン日報の記者、キム・ギファンによると。
ジュノは飲酒運転で世間を騒がせたが、真実は違うと言うギファン。

ジュノはお酒を飲んでいたが、車は運転していないと。
ギファンが調べていくうちにわかったこと。
それは。
運転したのはテホで、通報したのもテホだと言う事実だった。

翌朝、無線機から音が聞こえる。
社長とホハンとギジュンは、電波の言い海辺までやって来て通信を試みる。

偶然その電波は中国の漁船に届くのだった。

呆然と座り込む3人の遠くには漁船が。
こちらに向かってくるようだった。

「助けに来たぞ!!」と大喜びの社長とホハンとギジュン。

その頃ジアとボンヒはキノコを焼いて食べていた。
ほんの一瞬ボンヒが目を離したすきに、ジアはテホに連れ去られてしまった。

無人島に船がきた。
ホハンはジュノやボンヒたちを呼びに来る。
ギジュンはジアを捜すと山の中へ。
そしてギファンも残ってジアを捜す。

船に先に乗り込んだ社長とホハンは、「連れがいるから待って欲しい」と懇願する。
「台風接近のため早く戻らなければならない」と言う船長。

その時ジアとギジュンがやって来た。
2人も船に乗り込むが、ギファンがテホといることを聞いたジュノとボンヒは山の中へと走って行く。

ジュノは落とし穴に落ちていた、血だらけのギファンを見つける。

テホの仕業です!!

記者のギファンがジュノに真実を話す。
「僕に密告したのはユン・ソヒだ。急に証言を変えたのは副社長が原因だ」と。

真実を残し、ギファンは逝ってしまった。

ボンヒとジュノも船を目指して一目散にかけてくる。
船に乗り込むのだった。

ところが!!
この船にいつの間にかテホが乗り込んでいたのだった。

そしてギジュンはテホに刺され、ジアにも迫る危機(≧∇≦)

(現在)
ボンヒは特別調査委員長のヒギョンに食って掛かる。
「ジュノさんが犯人で、私が共犯者だと言う理由は?」

「必ずジュノさんを捜し出します。間違っていると言うことを証明してみせます」と言うボンヒだった。

レジェンドエンタの副社長を務める事となったテ・ホハン。
会議で紹介される。

そして、新たな生存者が2人いるとの情報が、レジェンドのチャン・ドパルの耳にも入って来る。
同じ頃、ボンヒとテヨン検事の元にも情報が。

今度こそ、いち早く生存者を見つけたいボンヒとテヨンです

第12話 記憶にない事実

(現在)
2人の生存者。
それはジアとギジュンだった。
ジュノを待ちわびているボンヒは・・・。

ギジュンたちに聞くのだった。
「ジュノさんは?」と。

2人は顔を見合わせ「覚えていないの?」とボンヒに問う。

(無人島での出来事)
台風で船が大きく揺れる中。
テホは「ここにいる全員を殺す」と言うのだった。

そしてジュノと取っ組み合いになる。
取り上げたナイフは、ボンヒの元に。

テホの顔にナイフを振り落とすボンヒ。

起こったテホがボンヒからナイフを取り上げ、刺そうとした瞬間!
ジュノがかばってテホに刺されてしまった。

(現在)
ボンヒの記憶にはジュノが刺されたことはなかったのだ。

ギジュンたちの話を聞き、ボンヒは愕然とする。
そして記憶をたどるボンヒは。

自分をかばったジュノが刺され、目の前で倒れてしまった事を思い出す。

テヨンの元に1本の電話が。
「ソヒを殺した犯人の証拠を持っている」と言う男からの電話だった。

テヨンは指定の場所までやって来るが怪しげな男たちがテヨンたちを襲って来るのだった。
その頃、ジアとギジュンの病院でも。

2人を捜す怪しげな男たちが病院中を捜しまわるのだった。
そしてそこにはあのテホの姿も!

テヨンは怪しい男たちを巻いて病院へと戻って来る。
そこでボンヒから「ジアとギジュンが危ない」と聞く。

慌てて2人を捜すが、どこにも姿が見えなかった。
そして病院は「何もなかった」と警察にも話していた。

買収されたようです

ジアとギジュンは。
ドパルの元に連れてこられる。
ギジュンはドパルから、「犯人はジュノにしよう」と提案される。

テヨンは昌原へと移動が出る。
それでもテヨンはこの事件の真相を明かそうと諦めなかった。

無人島にいた生存者は。
テホから命を狙われ、皆恐怖の中にいるのだった。

第11話から第12話の感想

無人島に、中国の漁船が来てくれたんですね~。
皆乗り込むことが出来たのですが・・・まさかテホまで乗り込んでいたとは!!
残念なことにミョンソン日報のギファンはテホに殺されてしまいました。
ソヒにヨルにギファン。
皆テホの手によって命を奪われてしまいました。
そして。
無人島から無事に生還した者たちにまで、テホの魔の手が伸びようとしていました。
ジアとギジュンも無事でよかった~(^▽^)/
しかし、ボンヒが待ちわびているジュノの姿が見えないこと・・・。
記憶を失っているボンヒは、ジュノがテホに刺された記憶がありませんでした。
ジアとギジュンから聞き、記憶が蘇るボンヒ、涙が止まりませんでした。
無人島で一緒だった仲間の命を狙うテホ。
本当に恐怖です!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください