レディの品格-あらすじ-最終回(120話)-結末は!?

韓国ドラマ-レディの品格-あらすじ-118話-119話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

レディの品格

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
社長室に呼ばれるとは、一体何事でしょうか??
直接呼出しなんて、よっぽどの事がない限り、ありませんよね?理由が気になります!
そして、社内託児所、共同保育所を無事に設立できるのでしょうか??

今回は120話をお伝えしていきますね♪

【レディの品格】(ネタバレあり)

120話

社長室に呼ばれ、緊張した面持ちで入っていくジェミン。
・・そんなジェミンの帰りも心配し、待っているミソ・・そこにジェミンが「ミソが社内掲示板にアップした社内託児所のプレゼン動画を見たらしい」と帰ってくる。
これはいい報告?悪い報告?ドキドキです・・

「それで社内託児所の企画を中止しろと?」と焦るミソ・・すると「逆だ。展示館を中止して、社内託児所の企画を進めろと許可が下りた」と報告するジェミン。
そんなジェミンの苦労が報われて、大喜びするミソ・・。
良かったですね!社長の許可が下りれば、もう怖いものなしでしょうww

その夜、お祝いをするため、家族がミソの家へ集まる。
そこに講演が好評だったため、系列会社でも講演をしてほしいと依頼が入るイルモク・・嬉しいこと続きに喜ぶ家族たち・・。
今まで大変だった分、これからは嬉しい事がたくさんだといいな・・

翌日、育児休暇をもらえなかったチェ代理が辞表を書いていた。
その様子を見ていたジェミンは「最終兵器が到着するから、その辞表は保留しろ」と話し、何やら企んでいる様子のジェミン。
最終兵器・・?

最終兵器を身に着け、人事課へ向かうジェミンとチャ代理。
その最終兵器とは、あの妊婦ジェケットだった。そこで妊婦の辛さを訴えるジェミンは「認めてもらうまで、外さない」と話し、共感したチェ代理とユ次長も着けて仕事をすることに。
それでも認めない人事課長・・すると興味を持った社長がジェケットを着け、話題に。
その結果、無事に育児休暇を取る事が出来たチェ代理。
理解のある社長さん!!本部長がいたら叶わなかったでしょうね・・

すると、そこに人事異動の貼り紙が・・!
ジェミンはマーケティング部に戻り、課長から次長に、ミソは代理から課長に昇進していた。その結果を見て、泣きながら喜ぶ2人・・祝福する仲間たち。
ジェミンとミソのいままでの頑張りや功績を、社長はちゃんと見ていてくれたんですね!!

週末、2人で久々のデートを楽しむジェミンとミソ。
そこで半年の出来事を振り返りながら、共同保育所「ワクワク公園」の設立成功を祈る2人。

・・数年後、「ワクワク公園」開園の日。この園を設立するために頑張ったヒョッキ夫婦、ジェミン夫婦、イルモク夫婦、そしてたくさんのママ友たち・・みんな笑顔で開演を喜んでいる様子。
そこで「今月から育児休暇を取る部下が・・契約社員としてだが、働いてみないか?」とイェウンに声を掛けるジェミン・・「もちろん」と嬉しそうなイェウン。
みんなが幸せそうで、きっといい園になりそうな予感♪

「これからもみんなで力を合わせて頑張りましょう!今日もスマイル!」と掛け声をかけ合い、開園を喜ぶ仲間たち・・。

レディの品格 120話 感想

社長に呼ばれた時は、社内託児所の企画を中止しろと言われるもんだと思って、ビクビクしていたので、社長が賛成してくれて本当に良かったです!!
しかも、そのきっかけがミソのアップした動画だったなんて・・内助の功というやつですね♪自分の育児休暇をきっかけに、育児や家事の大変さ、そして大切さ、妻の負担を知ったジェミン・・その結果、本当に色々ありましたが、社内託児所や共同保育所を作ることに成功。全世界のパパやママの偉大さ、家族の愛、絆を知ることが出来たドラマでした♪