三銃士-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-三銃士-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

三銃士

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルヒャンはミリョンを捜す任務には乗り気でなかった。
だが、昭顕世子は乗り気でなくても命令だと言い
ダルヒャンは引き受けた。

ダルヒャンは命令通り、ミリョンと会う事が出来た。
だが、ミリョンはダルヒャンに毒を使い、
ダルヒャンは倒れてしまう。

【三銃士】ネタバレあり

5話 決闘

ダルヒャンはヨンゴルテを追いかけた。
そして、ダルヒャンは一緒にいた兵士から銃を借り、ヨンゴルテに向けて撃った。
その銃声は、王たちにも聞こえた。

だが、ダルヒャンが撃った銃は木に当たった。
それは、ミンソが止めた。
そして、スンポがヨンゴルテを追いかけた。
まさかのミンソとスンポに邪魔されるなんて…

宮廷ではヨンゴルテをまだ捕らえられないのか。と話していた。
ミョンギルは、
「王様。これは最悪の事態です。首を取れという命を使節団に聞かれ、ヨンゴルテは消えました。奴の首を明に送れば戦が起こりましょう。
 ヨンゴルテが帰国し王に事実を告げても戦は避けられませぬ。」と言った。
他の大臣は
「まだ後金の報復を恐れているのか。すでに矢は放たれた。後金は兄弟国ではなく敵だ。王様が国民の前で宣布なさった。」と言い、
ミョンギルは
「将軍が捕まる前なら収拾はつきます。王様。捕らえた使節団を釈放なさいませ。後腐れのないように彼らをなだめるのです。
 兵士には将軍の生け捕りを命じてください。生け捕り後、議論しても間に合います。」と答えた。

昭顕世子の所にク内官を通じてスンポから連絡があった。

ダルヒャンは宿に戻っていた。目を覚ましてすぐに出かける準備をした。

ダルヒャンは昭顕世子に会おうとしていた。
だが、途中でユンソに会い、書状の事を話し、話をすることになった。
ダルヒャンは、書状を持っている者を見たことを伝え、女官の中に間者がいる可能性がある事を言った。
ユンソは泣いていた。
そこに昭顕世子がきてしまう。
ダルヒャンは隠れていたが、昭顕世子に見つかってしまう。
ダルヒャンと昭顕世子はユンソの所の部屋から出て、昭顕世子の部屋に向かった。
昭顕世子の妃と一緒にいるのを見られたのはまずいですよね

ダルヒャンは見た事、聞いたことを報告した。

ヨンゴルテはスンポたちに昭顕世子の所に連れてこられた。
昭顕世子は後金の言葉を話した。
一国の跡継ぎが敵国の言葉を話すなんてすごいですね

ダルヒャンはヨンゴルテに銃を撃つときに邪魔をして来た人物がミンソだと気付いた。
そして、昭顕世子とヨンゴルテがいる所を見張っていたミンソとスンポの所に行き、ヨンゴルテがいるかを確認すると言い、
3人は戦い始めた。
その音に気付いた昭顕世子は外に出て、ダルヒャンと戦うことになった。
そこにユンソが間に入り、戦いを止めた。

6話 野望

ユンソは世子様をお守りせよ。と言い、スンポはダルヒャンの剣を収めさせた。

ダルヒャンはヨンゴルテがいる書庫に連れて行かれ、縄でくくられてしまった。

昭顕世子は部屋に戻り、スンポが手当てを始めた。
スンポは昭顕世子にダルヒャンに嫉妬した。と言った。
昭顕世子は嫉妬ではないと言っていた。そこにユンソが来た。
ユンソは昭顕世子の手当てをする。と言い、スンポは部屋を出て行きミョンギルの所に報告へ行った。

ダルヒャンは泣いていた。そこにヨンゴルテが近づいてきた。
ダルヒャンはヨンゴルテにお笑いぐさだ。と言った。

ユンソは昭顕世子に女の事や書状の事を聞いたが、昭顕世子は答えなかった。
昭顕世子も江原道にいた1か月、ダルヒャンに何をしたかをユンソに聞いた。ユンソは何もなかった。と答えた。
昭顕世子はダルヒャンの処分をどうしたいかをユンソに聞いた。
ユンソは
「あの者を世子様から遠ざけてください。近くに置きたくないのです。あの者が目指した道を行かせてやってください。」と答えた。
ユンソはどうしてもダルヒャンにいてほしくないんですね

昭顕世子はヨンゴルテの所に戻ってきた。
昭顕世子はヨンゴルテに弱点を聞き、ダルヒャンとまた戦いを始めることにした。
ヨンゴルテはダルヒャンの事を生真面目で素早いが騙し手には弱い。と昭顕世子に伝えていた。
昭顕世子はヨンゴルテに言われた通りに動き、ダルヒャンに勝った。
昭顕世子は
「私の勝ちだ。約束通りそなたは都を出ろ。科挙の合格は取り消しだ。武官でないそなたは王命を遂行する資格もない。王命を口実に私を脅したり、
 口外すれば即処刑する。私との賭けに応じたならこの程度は覚悟していただろう。どうせ、そなたの実力では私に勝とうと将軍には勝てぬ。
 命拾いしたと思え。異論は?」と言い、
ダルヒャンは
「ありません」と答えた。
昭顕世子は
「では、人目につかぬよう静かに王宮を出よ。いますぐにだ。」と言った。
ダルヒャンは書庫から出て行った。

ダルヒャンはパンセにお金を渡し、スンポの所に戻るように言った。
ダルヒャンを馬を連れて出て行った。

昭顕世子はヨンゴルテに同意してくれるなら王を説得する。ほかの家臣も協力する。使節団の安全は保証する。ただ時間がかかる。と説明していた。
書庫の鍵を誰かが変えていた。
書庫はミンソが見張っていたが、そこにユンソに仕えているキム尚宮が出てきた。
ミンソは不思議に思い、ヨンゴルテがいることを確認したが、鍵が変わっている事に気が付いた。
キム尚宮が鍵を変えたのだ。

ダルヒャンは宮廷を出た時、キム尚宮を見かけ追いかけた。
キム尚宮はノスと会い、変えた鍵を渡した。そして、ミンソに見られたことを話すとノスはキム尚宮を斬った。
まさかのキム尚宮…。でも、結局は斬られてしまう…

便殿では、会議が行われようとしていた。そこにジャジョムが現れた。
ジャジョムは家臣の中にヨンゴルテを手を組み忠誠を誓った者がいる。と言ってきた。
王は誰だ。と聞いたが、ジャジョムは分からない。と答えた。そして、ジャジョムは昭顕世子の所にヨンゴルテがいることも掴んでいるようだった。

ダルヒャンはキム尚宮が亡くなる間際にどうして間者になったのかを聞いた。
キム尚宮はミリョンと会った時、すぐにミリョンだという事に気づいた。そして、追いかけた。
キム尚宮はユンソに危害が加えられてはいけないと思い、書状を盗んだのだ。
キム尚宮はユンソを守る為に間者になったのですね

ダルヒャンはキム尚宮とミリョンが会っていた反物屋を訪れた。
ミリョンは大量の布を頼んでいて、セリョン館に運ばれることが分かった。

昭顕世子たちはジャジョムの屋敷を訪れた。
ジャジョムは変えた鍵を昭顕世子に渡し、ヨンゴルテの事を話すこともない。と言った。
ただ、戦は免れない。と言った。
そして、今までの中で一番後悔したのは昭顕世子の父を王に就けたことだと。
ジャジョムは
「戦は免れませぬ。そして戦になれば必ず敗れます。いいえ。戦に敗れてこそ新たな世が開けるのです。新たな世を新たな指導者が導き、後金がそれを支えます。
 世子様とヨンゴルテと私が新たな朝鮮の主役になるのです。その鍵を世子様にお渡しする理由は、我々3人が運命を共にすることを願うからです。」と言った。
昭顕世子は
「一体…何を言っているのだ?」と聞き、
ジャジョムは
「私は謀反を成功させた功臣です。2度目はできぬと思いますか?むしろ、たやすいでしょう。後金の後ろ盾に、王位継承の資格を持つ嫡男までそろっている。
 時期が早まるだけです。それが未来の大国、後金の望みでもある。私が見る限り、世子様は新たな世にふさわしい。
 私は世子様と共に未来を切り開きたいと存じます。成り行きとはいえ、すでに我々は互いの手札を見せ合いました。もうお分かりでしょう。
 あとはどちらかを選ぶだけだと。共に生きるか、それともどちらかが死ぬか。」と言った。
腹黒い…。王にしたのに、それを後悔するなんて

ダルヒャンはセリョン館に入った。反物屋の布が運び込まれたが部屋から消えてしまった。
だが、部屋を調べると隠し扉があった。
その隠し扉の階段を降りるとミリョンがいた。

ダルヒャンは昭顕世子たちがよく集まる場所で待っていた。
そして、昭顕世子たちが来て、ダルヒャンは昭顕世子にミリョンを見つけたこと、そして、会いに来い。という伝言を伝えた。
昭顕世子は2人の任務だから一緒に行こうと言った。
そして、2人はセリョン館に向かった。

昭顕世子はミリョンに会った。
そして、ミリョンは昭顕世子を刺していた。

5話~6話の感想

ヨンゴルテを助ける昭顕世子。それを許せないダルヒャン。
だけど、どちらも正しいですよね。
ヨンゴルテは敵だけど、今死んでしまうと戦争になってしまう。それを止めたい昭顕世子。
ダルヒャンは命令だから従っただけ。それも、昭顕世子に言われた通りに王命の方が上だから。

昭顕世子とミリョンが会った。
だけど、ミリョンが刺した。どうしてだろう。