不滅の恋人-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-不滅の恋人-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

大君

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ガンはジャヒョンを密宮に閉じ込めた。
そして、ナギョムがジャヒョンの所に行き監察を呼んだ。

ジョングクはフィの味方になっていた。
それは父親の言葉を思い出していたからだ。

ジャヒョンはナギョムたちから拷問を受けていたが、
ガンをそれを止めた。
ナギョムは死罪にしたかったがガンは拒み、
尼寺に送る事にした。

【不滅の恋人】ネタバレあり

15話

ジャヒョンはフィが芝居をして島を出たことを聞いた。

フィは、ガンとの間に何があった。とジャヒョンに聞いた。
それは、側室になることだった。
ジャヒョンはそれを聞いて怒った。そして、自ら王宮に入った。と嘘をつき、
フィは尼にはさせられない。と言って部屋から出て行った。

ガンはジャヒョンを連れて行かれてしまったことを聞き、部下に二度と姿を現すな。と言って、その場を下がらせた。
ウルンは大提学の仕業では?とガンに言ったが、ガンはウンソンの手下は?と聞き、ウルンに確認するように指示を出した。

フィはジャヒョンと別れられなかったことを後悔していた。
別れていれば、ジャヒョンは別の人に嫁いで幸せになっていたかもしれなかったからだ。
どうしてフィは聞かなくてもいいことを聞いてしまったのだろうか。離れられないのに…

ジャヒョンはルシゲの部屋で家族に対して手紙を書いていた。
ジャヒョンは家に戻るつもりもなく、フィとも一緒に暮らそうとは思っていなかった。
ルシゲは
「ここに残ってなにをする?」と聞いた。
ジェヒョンは
「復讐する。私の人生を台無しにした連中に思い知らせてやる。“この世にはしてはならないことがあり、不相応な座に
 欲を出してはならない。相手を手に入れたい欲は恋情ではない”と。」と言った。
ルシゲは
「変わったな。王宮で何かあったのか?」と聞き、
ジェヒョンは
「私がつらいのはそのことじゃない。大君様が私を信じてない。だから、つらい。」と答えた。

ジャヒョンは寺で計画を立てていた。
そのことをフィが知ったが、お互いにケンカをしたままだった。

オクはヤンアン大君に王の反乱を礼賛の文を書くように言われていた。
しかし、オクは断ろうとしていた。

ガンはウルンに
「私は王になったが人々に疎まれている。皆、陰で私のことをあざ笑っている。“母に認められぬ王”“甥の座を奪った王”“弟を殺した王”」と言った。
ウルンは
「玉座の主は王様です。朝鮮を統べる君主であられます。」と答えた。
ガンは
「ならば手をうたなければ。明への上奏を促すために臣下を集め宴を開こう。チョ・ヨギョンを呼べ。私に逆らう臣下は踏みにじらねば。
 臣下が務めを拒んでも私は王の務めを果たす。」と言った。

ナギョムは前の中殿にジェヒョンの事で寛大になれ。と言われてしまう。

オクの所にジョングクが来た。
ジョングクはオクに上奏文を書くように言ったが、オクは圧力を?と聞いた。
しかし、ジョングクがジャヒョンからの手紙を持っていて、それを渡した。
オクはウンソン大君を殺したのに罠にかけるのか?と聞いたが、ジョングクは
「上奏文を書き奏聞使になってください。明に譲位が伝われば復位が困難に。阻ばなければなりません。」と答えた。
ジョングクは動き出していますね。

大臣たちの宴に出ていたヨギョンは、宴が終わり、顔に布を巻かれナギョムの所へ連れて行かれた。
ナギョムは王宮にまで出入りして。と怒っていた。しかし、ナギョムはガンの命令で来ていた。
そして、ナギョムはヨギョンを側室にしない為に、ナギョムの目に水銀をかけた。

オクはガンの為の上奏文を書いた。
ガンはすぐに奏聞使を任命するように言ったが、ヤンアン大君はその前に前王を始末するように言った。
しかし、ガンは始末する名分がない。と答えた。

ジャヒョンの所にクッタンが来た。夜になり、沐浴をさせようとしたがジャヒョンが拒んだ。
それは、王宮で受けた拷問のせいだった。
そして、フィの所にはジョングクが来て、ヨギョンの手紙がきたことを聞き、
フィもナギョムがヨギョンの右目が潰れたことを聞いた。

フィたちの所にクッタンがきた。クッタンは王宮に入る前に預けていたフィへの手紙を渡した。
そこには、
“私の思い人、私のフィ。真の私に気付かせて下さった、あなたは師であり思い人であり、私自身でもありました。残りの人生はあなたに託します。
 どうか悲しまないでください。出征前、こう言いましたよね。「私の命はそなたのものだ」と。あなたの人生も私のものです。
 先に行き待っています。どうか遠い将来、私のもとへおいでください。花となりお待ちしています。”とあった。
フィは手紙を読み、遺書だと気付いた。
そして、クッタンは体に拷問を受けた傷があることをフィに伝えた。
ジャヒョンがなぜ王宮に入ったか分かりましたね。フィは悲しいでしょうね

フィはすぐにジャヒョンの所へ向かった。
フィはルシゲを外に出し、ジャヒョンの体にある傷を見て、泣いた。
そして、ジャヒョンを抱きしめた。
フィは
「一度もそなたを疑ったことはない。ただ、そなたを守れなかった己が憎かった。私を捨てればよいのに。
 我が身を挺してまで拷問に耐え抜くとは。」と言った。
ジャヒョンは
「大君様ならどうなさいましたか?大君様も私を捨てられぬのでは?」と聞いた。
フィは
「死ぬ気だったのでは?」と聞き、
ジャヒョンは
「最初はそうでしたが、大君様の死を知り、敵を討とうとしました。大君様のお兄様をこの手で殺そうとしたのです。
 それゆえ拷問を受けました。王様にも非があるので私を尼寺に送る事で解決なさったのです。私は今や別人と化しました。
 花や馬を描く世間知らずの娘から誰かに殺意を抱き手を下すような者に変わったのです。私は大君様が恋慕した昔のジャヒョンではないのです。」と答えた。
フィは
「私が悪かった。私を決して許すな。」と泣いて言った。

ヨギョンはジョングクを呼び、王と戦えるか?と聞いた。
そして、ジョングクはフィを呼んだ。ヨギョンはフィを見て驚いた。
ヨギョンはとうとうフィの味方になるのか?

ガンは矢を射ようとした時、突然倒れてしまう。それは矢に毒が仕込まれていたからだった。

フィはヨギョンからの帳簿をもらった。それはガンがこれまでどのようにお金を流してきたのが分かるものだった。

矢にあった毒はトリカブトの根の粉だった。
ヤンアン大君は前王を毒殺刑にするように言った。

前王は流刑にされてしまった。

フィはさん位(王位を奪う事)という文を壁に貼り付けて行った。

16話

フィたちは前王を救い出す計画を立てていた。

フィは兵士の姿になり、ジャヒョンは女官の姿をして、計画に移した。

ガンは食事中に発疹が出てしまう。その事で、食事を作った者をすべて捕らえた。
御医は、カニのしょうゆ漬けで発疹が出たと説明したが、ガンは御医を責めた。今までカニを食べてもなかったからだ。
しかし、御医は、即位後に眠れず食事も細くなったためだと言った。
ガンは服までも毒が塗られていないかを調べさせようとしていた。
ジャヒョンの言うとおりになってきましたね

前王、スンミョン君イ・ミョンは1人で流刑先にいた。

フィの仲間たちはなんとか、ヤンアン大君の部下をフィたちと会わないようにしようとしたが、
予想外な展開になってしまった。なんとかして阻もうとしていた。

フィとジャヒョンたちはミョンがいる流刑先に来た。
そして、見張りの門番たちにお酒をふるまった。
フィとジャヒョンはミョンのいる部屋に入った。ミョンは眠っていた。
フィが声をかけると、ミョンは目を覚ました。

フィはミョンを抱き逃げようとしたが、そこでヤンアン大君の部下たちと会ってしまう。
ジョングクはフィたちを追いかけ、都に逃げるように言った。
そこにヤンアン大君の部下が追いつき、ジョングクは闘い始めた。

ギトゥクはフィに馬を渡し、フィとミョンは先に逃げた。

オクは奏聞使に任命された。
ナギョムはその話を聞き、ジャヒョンが尼寺に様子を見に行くように指示を出した。

ヤンアン大君の部下はヤンアン大君の所に帰ってきた。
しかし、そこにジョングクが来て、部下を斬った。
ジョングクはヤンアン大君に部下が敵と内通していて、ミョンは逃亡したと報告した。

フィは先に寺に帰ってきていた。そして、みんなの帰りを待っていた。
そこにジャヒョンたちが帰ってきた。
よかった。これで、全員が無事ですね

ガンの所にミョンが逃亡したことが伝わった。
ガンはジョングクに全権を渡し、怪しい者を捕らえて逆徒の黒幕を明かし、ミョンを探し出せ。探せられなければ職を失う。と言った。
ジョングクは必ず探し出します。と答えた。
そして、女真が即位の祝いをするため、使節を送りたい。とあった。ガンは迎えるように指示を出した。

ミョンの母親は廃妃になっていた。ミョンを探すために王宮から出たいと言った。
しかし、大王大妃はこれは希望の始まりかもしれない。と答えた。
廃妃は
「お義母様はどう乗り越えたのですか?安否がわからぬだけで不安なのにお義母様は先王様とウンソン大君様を亡くして
 よくお耐えになりましたね。」と聞いた。
大王大妃は
「母としての生涯はすでに閉じた。最後に残った息子のガンが暴走するのを食い止める事。それが最後の務めだ。そのために死ねずに生きてるのだ」と答えた。
母親としては辛いですよね。3人息子がいて2人が亡くなってしまって、、

フィたちはガンがどうして毒殺されそうになったのかを考えていた。
復位を考える者がいると思ったが、ジャヒョンがその逆かもしれない。と言った。
それは、わざと毒を盛られ、ミョンを復位させたい者たちがしたことにして、ヤンアン大君がミョンの毒殺を命じた。と。

ヤンアン大君とガンが共謀したか、ヤンアン大君だけの独断なのか。
ジョングクはガンの様子からすると共謀ではなさそうだ。と判断した。
フィはヤンアン大君を潰すことに決めた。

クッタンはジャヒョンの所に向かた。クッタンのあとを追う者がいた。

ジョングクはヤンアン大君と繋がっている尚宮や医官などを調べ始めた。

ヤンアン大君はガンが尚衣院を調べていることを言われた。
ガンは服を作った者たちを呼び、剣を向けていた。
そこにヤンアン大君が来て、尚衣院たちを下がらせた。
外にでるとジョングクが来ていた。黒幕が分かったと。

ヤンアン大君がは、ガンに存在しない逆徒を探している。今気の病にかかっている。と言った。
そして、ジョングクが入ってきて、ガンにヤンアン大君が逆徒だと言った。
ジョングクと一緒に来たウルンが
「弓匠と御医が自白しました。弓匠が弓に細工をし、御医が毒だと偽りを言ったのです。」と言った。
ジョングクは
「死に至るほどの毒性はありませんでした。」と続いて言った。
ヤンアン大君は
「前王を廃位し死罪にする名分が必要でした。」と答え、
ジョングクは
「誤った忠心は逆徒も同然です。大君を捕らえます。」と言った。
ガンは
「なぜですか?」と聞いた。
ヤンアン大君は
「王様のためにしたことです。」と言い、
ガンは
「いまだに私が宮女の死におびえていた子供に見えますか?」と聞き、
ヤンアン大君は
「前王を排除してこそ王様のお立場が固まりこの国が盤石になると考えたからです。」と答えた。
ガンは怒り、
「私の力では出来ぬとでも?賢明な臣下を登用し善政を施して太平の世を築くことは私にも可能です。伯父上も私を信じぬのですか?
 私を疑い続ける母上と何が違うのです。」と言った。
ヤンアン大君は
「道行きを楽にしてさしあげたのです。」と答え、
ガンは
「伯父上は私を操り人形にしました。」と言い、ヤンアン大君に剣を向けた。
しかし、斬る事は出来なかった。
ガンはヤンアン大君の罪を不問にし、領議政の職を免じて私邸に軟禁することに決めた。
これでとりあえずはヤンアン大君をなんとかできたのかな

ウルンはヤンアン大君を私邸まで送った。そこで、ジョングクに用心しろ。と注意した。

女真の使節たちが来た。
そして、約束を果たすように言ったが、ガンは笑い、使節の1人を斬った。
ガンは、王子を捕虜にした罪があるが今まで幼き王だったため懲らしめられなかった。大国の威厳を見せてやる。従わないと大軍を送る。と言った。

ジャヒョンの所に母親アンと兄のドゥクシクが来た。
フィは顔を見せないようにその場を去った。
その様子をウルンが見てしまう。

15話~16話の感想

フィとジャヒョンが再会したけども、フィは信じてくれていないのか。
ジャヒョンは少し悔しいですよね。だって、死ぬつもりでガンに刃を向けたし、
拷問も受けた。
なのに、フィは噂だけで、疑ってしまうなんて。。
ジャヒョンが自害を覚悟している。という遺書を見てすまない…って。
少し、男としてはどうなんだ?と思ってしまいます。

だけど、ここからがクライマックスですね。
ガンの疑心暗鬼がすごい勢いだから、どのように落としていくか…。
次回が気になります。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください