世界で一番可愛い私の娘-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレでありで!

世界で一番可愛い私の娘

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

愛ってなんなのでしょうか?
各々が持っていて全部形が違う。
インスクのようにとがっていると周りを傷つけてしまうけど、愛に変わりはない。
とても似ている母娘なのに、愛の形があまりにも違って驚いてしまいます。
その後、「愛しているから傷つけたくない」と同じ台詞をテジュとミリが言ったのには感動。

ここに来て、テジュとインスクの前に新たな敵が現れたのも気になります。

スポンサーリンク

    【世界で一番可愛い私の娘】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    第28話

    ソンジャはインスクの家に行くと、いきなりインスクにつかみかかった。
    ソンジャの怒りはもっとも!!

    インスクに母の資格はないと、激しくののしるソンジャ。
    インスクは開き直ったのか、自分が生き残るためにミリを犠牲にしたと答えるのだった。

    その後、向き合って座った二人。
    ソンジャは「娘の成長が気にならなかったのか?」と母親なら当然のことをインスクに聞くが、インスクは何も答えず席を立つのだった…
    いまだにインスクの本当の気持ちがわからない(^^;)

    久しぶりにミリの部屋にやってきたテジュは嬉しくてたまらない。
    一方、固い表情のミリは何を話すのか…
    またまたテジュの見せ場!なんて良い男なのでしょう(*^_^*)

    翌日。
    ヨンダルが出勤すると、ソンジャはミリの部屋を掃除していた。
    ミリが帰ってくると聞いたヨンダルは結婚準備のためかと尋ねるが…

    ついに外泊してしまったジンス。
    苦しいいいわけをするジンスを腕組みしてにらみつけるミソンとダビン。
    ミソンそっくりの物言いをするダビンちゃんが可愛い(*^_^*)

    ミソンはジンスの浮気を確信するが…

    相変わらず険悪なチョン夫妻。
    食事もデチョルはインスタントラーメンなのにミオクは豪華なもの。
    食べ物の恨みは恐ろしいのに(^^;)

    先に話した方が負けらしく、筆談を始める夫婦…

    ソンジャは家族会の準備をしながら、弟ヨンダルに「ミリは結婚しない」と打ち明ける。

    一方、ミリは結局テジュにすべて打ち明けることができず悲しい決断をし、インスクの元へ。
    ミリは、テジュをインスクに託し、自分は辞表を出したのだった。
    ええー?なぜ??

    マーケティング部の部下たちに挨拶するミリは、少し前までの嫌みな上司ではなかった。
    ミリは愛を知って優しくなったのだ。
    本当に変わったミリ…美しさも倍増!

    インスクとテジュ。
    インスクから、ミリが自ら去ったと聞いたテジュは、納得できず「インスクとミリの間に何があるのか」知りたいと言うのだが…
    テジュの涙が…

    トルダムキル書店、ミヘとウジン。
    ミヘの体当たり告白に、さすがのウジンもミヘを無視したことは謝罪。
    しかし、結果が変わることはなく…

    インスクが会長宅に行くと、帰国した会長の妻と息子がいた。
    インスクに敵意を燃やし、横柄な態度の妻…
    新キャスト登場~ジョンスの妻ナ・ヘミ(カン・ソンヨン 出演:王の男他)

    ―家族会―
    ソンジャと三人の娘たち、ダビン、ヨンダル。
    なんども乾杯を繰り返し楽しそう。

    ほろ酔いのミリが休んでいるところにテジュが訪ねてくる。
    テジュにミリは…
    こんなに愛し合っているのに(T_T)

    テジュが帰宅すると、ジョンス、ヘミ、息子のテホが賑やかに食卓を囲んでいた。
    お手伝いさん扱いのインスクを見たテジュは…
    テジュも苦労が絶えない(^^;)
    ―続くー

    スポンサーリンク

    第29話

    テジュとインスク。
    インスクはテジュに「戻ってきたヘミが息子のテホを利用してこの家を乗っ取る気だ」と言うと
    テジュは自分が止めると答えるが…
    新展開(*^_^*)

    インスクはテジュの味方がいないことを理由に政略結婚をすすめるが、テジュは断る。
    テジュは財閥御曹司とは思えない好青年(*^_^*)
    本当の家族が欲しいテジュが可哀相!

    ―翌日―
    ヘミは早速、行動開始…

    実家に落ち着いたミリはジャージ姿でお手伝い。
    そこにヘミが現れる。

    ヘミはミリを嫁にしたいので、インスクが関わったことに腹を立てる。
    インスクはハン家の執事で女主人は自分だと言うヘミ…
    ヘミって、なかなか手強い(^^;)

    対するミリはきっぱりと結婚を断る。

    ヘミは早速ジョンス会長に告げ口をし、インスクはジョンスの叱責を受ける。
    ジョンスは自分の命令に逆らうミリとインスクが許せないのだ。
    今時、珍しいワンマン会長(^^;)
    ヘミとジョンスの歳の差は何歳?

    この後、ついにジョンスはテジュの結婚問題をヘミに一任するのだった。

    その頃、ミソンは会社の同僚から、ジンスがモーテルから出てきたと聞き驚いていた。
    ミソン宅の近所にあるモーテルの名前がアラビアンナイトって(^^;)

    一方、ジンスは父デチョルと豪華な外食中。
    デチョルに家庭の不満をぶちまけるジンス。
    デチョルはデチョルで、家ではまともな食事にありつけないと愚痴をこぼす。
    情けない父息子!

    ミスクは、ソファーを占領しデザートを食べながらテレビ鑑賞。
    そこへデチョルが帰宅。
    デチョルがミスクに呆れているところに電話が入り…

    ソンジャとミリは仲良く銭湯帰り。
    そこへミソンが泣きながらやってきた。
    「ジンスの浮気」という大事件に驚くソンジャ、ミリ、ヨンダル。
    さてさて(*^_^*)

    その後、ソンジャと三人の娘たちが集まり…
    何も知らずモーテルで至福の独り時間を過ごしているジンスに危機が迫る。
    さあー、女4人のお仕置き(*^_^*)

    ジンスの趣味の部屋とわかっても、女たちの怒りは収まらず…
    浮気よりたちが悪いかも(^^;)

    翌日。
    HSアパレル、マーケティング部で問題が起こり、ミリは元部下に呼び出される。
    マーケティング部は、急に取引先が変更になり、対応に追われていた。
    勝手に取引先を変更したのは「HSアパレル次期重役で本家の人間」だった。
    ヘミはなかなか手強い(*^_^*)

    それを知ったテジュは、反撃を開始する。
    ここで引いたら、取締役たちがヘミの味方になると危惧するテジュ。

    一方、ミリは偶然、ヘミとヘミの兄の密談を聞いてしまう。
    重役室のドアは薄い…お約束(*^_^*)

    ミソンに離婚を切り出され慌てるジンス。
    同情の余地なし!

    友人の葬儀の帰りにデチョルの足は「薬局」に向かった。
    こちらの気持ちはわかる!

    ミリとインスク。
    不本意ながら、また会うことになった二人。
    「テジュを守る」という共通点のある二人だが…

    苛立ったインスクが大声を上げたところにヘミがやってくるのだった。

    ミリがマーケティング部に戻ると、こちらにはヘミの兄ナ・ドジンが部長室にいた。
    握手を断り、ドジンに詰め寄るミリ。
    勝手に取引先を変更したのはドジンだったのだ。

    対抗するテジュは早速、現取引先と会議中。
    テジュは告訴も辞さない構えとドジンに告げるミリ。
    ミリはかっこいいなあ(*^_^*)

    その後、
    ひとりで残業しているミリをみつけたテジュは…
    ―続くー

    スポンサーリンク

    第30話

    インスク宅を訪れたミリは「テジュと結婚する」と宣言。
    ヘミが現れたことで、インスクとミリが去ればテジュが一人、地獄に取り残されることになる。
    逆にインスクがいなければテジュは会社に執着しないかも…

    テジュを守ると決めたミリは凜々しく、逆に弱気になったインスクは情けなかった。
    ミリ!かっこいいー(*^_^*)

    帰宅したミリはソンジャにも決意を告げる。
    ミリを心配するソンジャはもちろん反対するが、ミリの決意は固かった。
    ソンジャとインスクの全く違う反応が見どころ(*^_^*)

    翌朝、ミリを迎えに来たテジュは爽やかで嬉しそう。
    思い出の漢江公園で手をつなぎ歩く二人。
    同じく、思い出のベンチに腰掛け、改めて結婚の約束をする二人…
    いきさつはどうあれ、今は幸せそうな二人!おめでとう(*^_^*)

    部長に復帰したミリは手腕を発揮し、取引先の信頼を取り戻す。
    その様子を見たドジンは…

    テジュから結婚の報告を受けたインスクは、何事か決意してジョンス宅へ。
    インスクから結婚報告を聞いたジョンスは上機嫌。
    結局、ジョンスは結婚準備をインスクに一任した。
    ヘミから一本とった感じ?(*^_^*)

    一方、ショックで食欲のないソンジャ。
    ソンジャを心配するミヘ。
    出勤しないミヘを心配するウジン。

    インスクがやってきてソンジャと話すが、ソンジャの怒りは増すばかり。
    ミヘ、ミソン、ヨンダルも心配と怒りをインスクにぶつける…
    インスクの覚悟は??

    翌日。
    テジュとミリは正式な挨拶のため本家を訪れる。
    上機嫌なジョンス、不機嫌なヘミ、複雑な表情のインスク。
    絶対に嫁入りしたくない家(^^;)

    結婚式に関するテジュの希望は通らず、この結婚が前途多難とわかる…
    韓国では結婚前の女性はお姫様扱い、男性は自由が許されるけど、結婚したら家名優先でわがままは許されませんね~一般家庭でも嫁より姑の方が強い…とはいえ普通の身分?なら嫌になったら即離婚のようですが(*^_^*)

    ミリとミソン。
    「どうしてこんな仕打ちをするの?」涙ながらに訴えるミソン。
    インスクの実の娘のミリと、インスクの息子同様のテジュ、韓国でこの二人の結婚は、本当の姉弟が結婚するくらいのタブー

    また、婚家を騙すことにソンジャたち全員が加担することになるのもミソンの怒りの原因。
    うーん、ミソンが正しい!けど…

    その頃、ウジンは、なぜかミヘの不在が気になっていた。
    新しい髪型に丸眼鏡、似合いすぎ(*^_^*)
    ミヘとウジンがうまくいくと嫉妬しちゃう(^^;)

    その後、ミヘの家までパソコンと風邪薬を届けるウジン。
    ミヘは嬉しくてたまらない。

    ミリとソンジャ。
    そばにいたがるミリをソンジャは許さない。
    ソンジャの怒りや涙はミリの不幸が見えるから…

    結婚式。
    美しいウエディングドレスに身を包んだミリだが表情は暗い。
    タキシードのテジュは完璧な姿。
    それぞれの家族は…
    ―続くー

    スポンサーリンク

    第28話~第30話 感想

    テジュとミリの結婚を、ソンジャたちはなぜここまで反対するのでしょうか?

    私の認識では・・・
    血がつながっていなくても、兄妹として育ったら結婚できない…例:秋の童話
    亡くなった妻の妹とは結婚できない…例:雪だるま
    などなど韓国ならではのルールがあります。
    そして、インスクの実の娘ミリと息子同然のテジュの結婚もまた、許されないこと。

    家族を大事にする韓国ですから「恥ずかしい結婚」は許せないということを踏まえて、ミリの決意がどれほどのものかわかると、本当に切なくなります。
    心からテジュを愛しているミリ!
    テジュとミリは何も悪くないだけにイライラする展開です。

    急に現れた強敵ヘミに、インスクは弱気なのでミリががんばるしかないのでしょうか?
    ここでも立場上ヘミがインスクの姑なわけで、ホントに複雑な家族ですよね。
    気になるジョンスとヘミの年齢差…結局、ジョンスの女好きが災いの元。

    次回は待望の結婚式がみられるでしょうか?
    美しいテジュとミリの晴れ姿が楽しみですが、祝福されないなんて可哀相。
    もちろん、ソンジャやミリの姉妹もまるで悪くない…
    解決までには時間がかかりそうですが、ハッピーエンドを信じて待ちましょう。

    強烈な印象のナ・ヘミ役はカン・ソンヨン!
    いじわるなこの役、はまっています…そして40代半ばにしてこの美貌、羨ましすぎます(*^_^*)
    あまりにも美しい敵役はついつい応援してしまいます。
    ヘミの活躍にも期待。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください