人形の家-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-人形の家-あらすじ-15話-16話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

人形の家

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
徐々に分かってくる人間関係。夫婦仲は最悪で弱みを握られているギョンヘは大嫌いな夫ミョンファの言いなりになってしまいます。
必死にギョンヘを守るヨンスクは自分に辛くあたる態度が信じられず辛い思いをします。
ウン会長の執事として、ギョンヘの隠れた実の母としてウィナーズグループはどの方向に行ってしまうのでしょうか。

【人形の家】ネタバレあり

人形の家~偽りの絆~ 15話

ギョンヘのパーソナルショッパーを辞退したのに、結局ギョンヘの事がしんぱいで元のサヤに戻る事にしたセヨン(パク・ハナ)は、ウン家の食卓を共にすることを許されます。
食卓を一緒にしても許されるのは、家族以外で初めてだというのです。
会長とギョンヘにかなり気に入られているという証拠だね

ただ一緒に食事をとると言っても暗黙の了解がありました。「目上の人が苦手な物は自分が好物でも手を付けない」
そんなルール!!目上の人が嫌いな物は食卓に並べるなーと言いたい(笑)

夫のミョンファンに苦しめられるギョンヘ(ワン・ビンナ)は、ミョンファンが勝手に進めたプロジェクトの承認を自分一人でしたと言わされていました。
しかし、ひき逃げ事故を起こした事をネタにおどされているのでそれを受け入れるしかありませんでした。そんな事とは知らないセヨンは落ち込んでいるギョンヘを力づけようと外に誘い出し気分転換をします。
なんかこの2人すごくいい友達という感じになって来てるね

ギョンヘを自分の意のままに操る事が出来て気分がいいミョンファンは、セヨンの家族が働く食堂を訪れます。そこにはギョンヘがひき逃げをした被害者コンニム(ペ・ヌリ)が働いていたのです。
自分を覚えているか確かめに来たミョンファンは、コンニムが記憶喪失になっていると知りホッと胸をなでおろします。

そこに気分転換の最終目的のビールで乾杯をする為にセヨンとギョンヘがお店に入ってきます。
ミョンファンを警戒しているセヨンは二度とこの店に来るなと強い口調で言うのでした。
そりゃそうだよね。あんなミョンファンが来ていたら何かされるって確実に思うよね。

人形の家~偽りの絆~ 16話

甘やかすだけではなく、きちんと自分を認めてくれた上で接してくれるセヨンをギョンヘは「自分の味方」と思うようになっていました。
表情も明るくなり自分に味方がいるというのはこんなに健やかな気分なのだと実感するのでした。
良かったね、でもさまらキム医師がなにかたくらんでいるからそれも心配

セヨンがデザイン研修生になった事が気に入らないミョンファンは、セヨンがデザインした服を切り裂き罵倒します。そこにイ室長(イ・ウニョン)が現れ静止しようとしますが「生意気だ」とミョンファンに殴られてしまいます。そのやりとりをウン会長が途中で入ってきます。
ついにミョンファンの腹黒いと悪露を見たよね!!

しかしウン会長が味方をしたのはミョンファンでした。秩序を守れ、上下関係を壊すなとイ室長を杖で叩きます。
会長、どうしてなのよ。見てたよね。どうしてミョンファンのあくどい所分かったと思ったのに。

険悪な関係のミョンファンとイ室長ですが、なんとイ室長をミョンファンの秘書にすると言い出します。
イ室長を気に入らないミョンファンは自分の好きなように仕えると密かに喜ぶのです。
上下関係を再度教える為という名目で秘書となったイ室長は、それを徹底させたいのならまずは社長のミョンファンがウン会長に従うべきですね、とやり返します。
そうだそうだー!ミョンファンが社長に従え~。会社を奪おうとするなー!

人形の家~偽りの絆~ 15話・16話まとめ

あんなにいがみ合っていたセヨンとギョンヘが少しずつ心を開いて仲良くなっていくのが良かったです。
人を恨む、蹴落とす、秘密を探る。そんな話が中心で殺伐としているドラマだったけれどそこにちょっとラブが入っているので、少し休憩出来たりします。
ピンチの時にサッと助けてくれるイ室長かっこいいな。もっとそんなシーンがみたい(笑)




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください