人形の家-あらすじ-59話-60話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-人形の家-あらすじ-59話-60話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

人形の家

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンスクが間に入り、ギョンヘとセヨンの心に変化が現れます。
共通の敵であったミョンファンを追い詰める、このことが終わったらギョンヘに復讐をしようと考えていたセヨンも、ヨンスクの言葉によって復讐を諦めると婚約者のヒョジョンに話すのでした。

【人形の家】ネタバレあり

人形の家~偽りの絆~ 59話

コンニム改めジェヨン(ペ・ヌリ)は、ひき逃げ事故の事でギョンヘを許すと決めて屋敷まで訪ねて来ます。屋敷の前に着いた時失っていた記憶がフラッシュバックします。
染色工場の責任をすべて取らされ自殺した父親を無実だと認めてもらう為に母と兄と来て、会長に冷たくされた事を思い出したのでした。
この記憶を思い出しちゃったら、また会長の事を許せなくなってセヨンとの仲がこじれちゃうかな

ギョンヘは、セヨンから奪った株を戻すようにとヨンスクに言われて遺作プロジェクトが成功したらセヨンに戻すと決めます。
セヨンとギョンヘは本当の意味で心が近づいて行きます。

しかし、ギョンヘは遺作プロジェクトのデザイン申請をセヨン名義ではなく自分名義にするように弁護士に連絡します。
あれ?あれれ?セヨンと仲良くやっていこうと決めたのかと思ったけれど違うのかな。

ジェヨンが自分の記憶を取り戻しつつある今、ジェジュンが自分を守ろうとしているのはなぜなのかと問われたら何と言っていいのか分からない。
そういって自分達の事は少しゆっくりと考えましょうとジェジュンに言います。

ギョンヘには、ウィナーズのトップに2人はいらないからと宣言され、どうしていいのかまたしても分からなくなるセヨンでした。
ギョンヘは、おういい加減にセヨンと二人仲良くやっていけばいいのに

人形の家~偽りの絆~ 60話

追いやったミョンファンがヨンスクを訪ねて来ました。
もちろんそれは想定内で、不自由な暮らしがしたくなければ韓国を離れる様にとミョンファンはきつく言われます。

「最後に笑うのは俺だ」

と、なぜか自信たっぷりのミョンファン。
なぜにそんなに自信たっぷりなのよ。

この所体調がすぐれないスランは、セヨンの父に付き添われ病院に行きます。
すると、辞退は深刻であと1か月ほどしか持たないだろうと言われます。
セヨンには内緒にして欲しいと訴えるスランに父は「分かりました」と答えたのでした。

一旦は距離を縮めたセヨンとギョンヘでしたが、今後の会社の方向性で再び対立してしまいます。
染色工場の被害者遺族達に保証金を渡したいセヨン、そんな事は許さないとかたくなに拒むギョンヘ。

ついにセヨンは、「あなたの株を全て奪って会社から追放してみせる」と言ってしまうのでした。
どっちが本当にいいのか、会社の為なのか。

対立してしまった2人ですが、ギョンヘはヨンスクとガンヒに囲まれて今までにない幸せを感じていました。ガンヒには好きなだけ買い物していいと彼女なりの愛情を示し、ガンヒもそれに甘えます。
屋敷にも自由に出入りをしてミョンファンと鉢合わせをしたら、ギョンヘを守る為に代走度を起こします。
ガンヒが可愛い。ギョンヘの事も知らないうちにお姉さんとして受け入れて家族として接している優しい子だと思う。

人形の家~偽りの絆~ 59話・60話 感想まとめ

せっかくセヨンとギョンヘが手を取り合ってウィナーズが進んでいくと思ったのに、ダメだった。
ギョンヘはやっぱり今までのプライドがあるから、簡単にはセヨンと共に歩けないのかな。
セヨンは我慢強く接していたと思うけれど、あそこまで言われたら由据えないよね。
もう少しで全部が上手く回りそうなんだけど、それが中々うまく進まないのがみていてもどかしく感じます。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

1 個のコメント

  • 誤字脱字が多く、文章もまとまりがなく読みにくい
    個人的な感想はいらないのであらすじを公開するなら
    もっとしっかりした文章を書けばいい
    記事を書いた後、添削しないのか?
    自分で読んで意味がわかるのか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください