人生最高の贈り物-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソアとうまくいかない事は承知の上で
LXファッションのインターンとして
入社したビッチェウン。
大切な会議を外されたり、理不尽な毎日だったが
何とかやりすごしていた。
このまま会社を辞めてなるものか、自分が目指す道を進むために。

スポンサーリンク

【人生最高の贈り物】(ネタバレあり)

7話

ビッチェウンがソアに対して
口答えをしている現場をみたジョンウォンは
自分の立場を分からせるために言葉をきつくして
ビッチェウンに話をしていた。そこに1本の電話が入る。

「お前の娘は死んでいない、思ったよりも近くで元気に生きている」

その電話を受けて、ジョンウォンは取り乱してしまう。
死んだと思っていた娘が生きていたとしたら・・
考えがまとまらない。そして倒れそうになる。
そんなジョンウォンを必死に介抱するビッチェウンだった。
電話したのは、ナロでしたね

ジェヒの母は、夫と離婚することを決める。
もう窮屈な夫との生活は終わりにして好きなように生きる!
そう決めたジェヒの母は、いきいきとしていた。

ソアをいじめたという汚名を着せられたままは嫌だと
今になってビッチェウンは考える。
あの時は、何もかも嫌になって
自分はいじめてもいないのに
いじめたと認めてしまったのだった。

いじめをしていたパク・ソミの行方を
やっと見つけ慌てて駆けつける。
その事をヘドゥンから聞いたスンジョンは
何か争いがおきてはいけないと慌てて
同じ場所に向かう。

ビッチェウンはやっと見つけた
パク・ソミを捕まえて話すと
「関係ない」と言われて取り付く島もない。
ビッチェウンを連れて帰ろうとしたスンジョンは
ジョンウォンがいる事に気づく
見つかってはいけない
そう思って必死にビッチェウンを
引っ張ってその場を去るのだった。

スポンサーリンク

8話

過去にいじめの汚名を受けたことを
今になって汚名返上をしたいとスンジョンと話す
スンジョンは
「もういいじゃないのどうしてそんな苦労をするの」
と心配をする

でも、あの時何の抵抗もせずに認めてしまった事を
もう後悔したくないというビッチェウンの気持ちに
スンジョンは何も言うことができなかった。

両親の離婚に頭を抱えているジェヒは
ビッチェウンのことで家族全員が励まし
勇気づけている様子を見て自分の家族の事を考えていた。
母のミンジェと父のジョンフはどうしているだろうか。
スンジョンにおかずを貰いそれを届けに父の元へ行く。
すると、父は強がりからくるものだとは思うが

「今はやりたいことをやっているが
そのうち俺の会社と財産を貰いに来るだろう」

スポンサーリンク

と自分のことを言われ遺産相続放棄の誓約書を書く。
いつも父はそうだ
怒鳴って威圧的に相手の気持ちを決めつける。
幼いころからジェヒは
そうされるたびに胸が苦しくなり立てなくなってしまうのだった
ジェヒは、表向きは明るくしているけど何かトラウマがあるみたい

しかし、ジェヒの父は後悔をしていた。
ミンジェがジェヒを妊娠していた時
仕事に夢中で彼女をかえりみなかったこと。
大切にしていたとは言えない結婚生活だったこと。
本当は離婚したくないけれど
プライドが邪魔をしてそれを言うことは出来ない。

スポンサーリンク

9話

ジョンフは、ミンジェと別れない為に
なりふり構わずにお願いをする
もう、プライドとか言っていられないのだ。

しかし、ミンジェの答えは
「もう有効期限が切れたから」
何かと理由をつけて期間を延ばしたけれど
あなたは気づきもしなかったと。
男の人は、言わないと通じないところあるのかも

いじめの汚名が晴れたビッチェウン。
もちろん、ソアからの謝罪はない。
彼女の辞書に、ビッチェウンに謝罪するという言葉はないのだ。
それでも、自分の汚名が晴れたことに喜びを爆発させていた。
ビッチェウンを「いい人で良かった」と言ったジョンウォンは
謎の電話を誰がかけてきたのかを探していた

死んだと思っていた自分の子供が生きている
そう言われて、平常心でいられるわけがない。

スンジョンを懐かしく思うジョンウォンは食事に誘う。
過去に赤ちゃんを連れて逃げた事を思うと
ジョンウォンに会いたくないと思うのだけれど
断る理由が見つからずに、会う事になってしまう
ビッチェウンの実母は、ジョンウォンだよね。きっと。

ついに離婚を決めたジェヒの両親は、協議離婚をする。
その場に駆けつけたジェヒは、父親にいきなり怒鳴りつける

「母さんに謝るのがそんなに難しいのかよ!!!」

その言葉に父・ジョンフは我慢の限界を超えてしまう

「もう、街で会っても二度と声をかけるなよ!!」

そう吐き捨ててジョンフは去る。
それを見ていたミンジェはジェヒの頭をはたき
「いい加減に黙りなさい」と言うのだった。

スポンサーリンク

人生最高の贈り物 7話・8話・9話 まとめ

ビッチェウンの家族とジェヒの家族
仲がいい家族と、冷めきっている家族
両極にいるようで実はそうではないのかもしれない。
ジェヒは、父親と折が合わずに
家を飛び出していたけれどやっぱり父と母は
一緒にいて欲しいと右往左往している姿を観て
少し寂しくなりました。
ビッチェウンの実母はきっとジョンウォンだと思うけど
スンジュンが育てるようになったいきさつが分かる時に大きくもめそうです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください