人生最高の贈り物-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ビッチェウンを小さい頃に連れてきて
自分の養子として育てているスンジョン
その前にLXファッションの代表である
ジョンウォンが現れる。
いつかビッチェウンとジョンウォンの間に
秘密がある事が分かってしまうのではないかと
気が気じゃないスンジュンは、何とか2人を
会わせないようにするのだった。

スポンサーリンク

    【人生最高の贈り物】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    10話

    両親が協議離婚をして落ち込んでいた
    ジェヒの前にビッチェウンが偶然現れる。

    ちょっとしたハプニングからビッチェウンを
    抱きしめてしまうとジェヒは少し泣いていた。
    どうしようもなかった時にビッチェウンと
    話ができて気持ちが落ち着いてきた。
    その時唐突にビッチェウンが言う

    「もしかして、私が養子だと聞いたの?」

    と言われてジェヒは驚いてしまう。
    知らなかった感じだけど・・

    サバサバとしているビッチェウンと
    しどろもどろのジェヒだった。

    それから二人の距離が少しずつ近づいていく。
    サムグァンビラを出ていたスンジョンの妹
    マンジョンが帰ってきた
    「荷物を取りに来た」といいつつ
    昼間にビッチェウンが帰ってきたらと言った
    言葉で戻ってきたのだ
    こっそり帰ってきたけど、みんなに歓迎されて良かったね!

    ジョンウォンの会社で働くビッチェウンを
    スンジュンは心配していた。
    もし、2人がもっと近づいて秘密にしている事が
    分かってしまったらどうしようかと

    気持ちが落ち着かないスンジュンは
    少し遠い所に出かけてみる。
    そこですれ違ったのは、ジェヒの父ジョンフだった。
    その時、正面から来た車とぶつかりそうになり
    自転車に乗っていたジョンフは右側に落ちてしまい頭を強打する。
    目を開けると、ジョンフは名前も分からず「ジェームス」と名乗る
    あら、大変!

    スポンサーリンク

    11話

    ビッチェウンの会社に入社したナロ。
    少し怪しいが、ビッチェウンは何も気づいていない。

    「僕を誰だと思ってる?すぐに落ちるよ」

    ナロはビッチェウンを観ながら電話の相手に話していた。
    嫌な感じ

    ジェームスと名乗る男をスンジョンは
    放っておけなかった。
    病院に置いたままでは帰れない
    警察にはいかないし人に追われているみたいでと。
    記憶喪失だとそこで初めて知る。
    結局、サムグァンビラに
    連れてくることにしたのだが
    ジェームスが借金取りに
    追われていると思い込んでいて
    サムグァンビラでお世話になる事は
    秘密にして欲しいと言われる。

    秘密にするには難しいけれど
    そうしないと出ていくと
    ジェームスが言うので何とか
    ファクセの部屋でかくまう事にする。
    ジェヒと会ってしまえば、すぐに身元が分かるのにね

    アイドルを夢見るヘドゥンは
    事務所で練習生となるが
    デビューをかけたオーディションで落ちてしまう。
    またしても、事務員として働きながら
    練習生を目指すことになったのだが
    違う事務所からスカウト電話がかかってくる。
    怪しくないのかと心配するラフンに
    「調べたけどちゃんとした事務所だった」
    と言うと、ラフンも安心したようだった。
    アイドルとしては年齢もギリギリなヘドゥンは
    ここでチャンスを逃したくなかった。

    スポンサーリンク

    12話

    ジェヒの父・ジョンフは記憶を失ったまま
    こっそりファクセの部屋で暮らしていた。
    でも、そろそろ住人に分かってしまいそうな予感がしていた。
    その頃、ファクセがバイトで働く居酒屋で
    ジェヒとナロは飲んでいた。
    仲が良いのか、悪いのか・・
    半世紀の歴史を整理したミンジェは
    少し残る未練を断ち切る為に
    バッティングセンターで気合を入れる。
    大丈夫、私はできると。

    サムグァンビラでは、ヘドゥンが怪しい雲行きだった。
    練習生としてはダメだった事務所で事務員と働いていたヘドゥンが
    スカウトされて別の事務所と契約をするというのだ。
    ラフンは怪しいと思っていたけれど
    ヘドゥンは信じ切っていた。
    いかにも怪しい感じだった・・

    そして、ヘドゥンがお金を振り込もうとした
    その瞬間ナロとジェヒが現れる。
    自分が騙されたと知ると、恥をかかされたと
    悲しみを八つ当たりするかのように怒り出す。
    アイドルになりたい一心でこの契約を信じていたのに
    悲しくて悔しくて切なかった。
    ラフン、ナロ、ジェヒ素敵なお兄さんたちがいるね!ラフンは弟だった

    家に帰ると「どうして私に相談しなかったの!!」
    とビッチェウンにきつく言われたヘドゥンは

    お姉さんは気持ちが分からないのよ
    養子縁組を2回も解除されたことがある?と泣く

    その様子を外で聞いていた母は
    何も言わずに家に戻り皆の夕食支度を始める。
    皆が集まって母を気遣いながら。
    夕飯では、集合して和やかに食事をしていた。
    ビッチェウンとヘドゥンもいつのまにか仲直りしていた。

    その食事に参加していなかったナロは
    自室でヘドゥンの言葉を思い出して涙を流している

    「俺と同じ境遇だ・・」と

    スポンサーリンク

    人生最高の贈り物 10話・11話・12話 まとめ

    アイドルになりたくて一生懸命なヘドゥンは
    やっぱり騙されてしまいました。
    そうだとは思っていたけれど、可哀そうでした。
    家族の話が中心で進んでいくけれど
    皆が少しずつ秘密を持っていて
    それが何か大きなもので結ばれていそうな感じがします。
    スンジョンとビッチェウンの
    親子関係が分かるのはいつ頃なのでしょうか。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください