人生最高の贈り物-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

記憶喪失になったジェヒの父。
スンジョンに連れられて、サムグァンビラで隠れて暮らし始める。
まさかそこに自分の息子が、住んでいるとも知らずに。
そして、なぜか惹かれあうジョンウォンとビッチェウン。
その様子を見ていて、スンジョンは気が気じゃなかった。
そろそろ本当のことを言う時期が近づいているのかもしれない・・。

スポンサーリンク

    【人生最高の贈り物】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    13話

    ジェヒが帰宅すると、部屋にあるクローゼットに隠れている人を発見する。
    こわごわ扉を開けたると、その不審者は「父」だった
    お互い大きな声で驚くが、父は記憶をなくしていて自分を「ジェームス」と名乗っていた
    何がどうしてこうなった?
    混乱にするジェヒは、「これは夢だ、夢なのだ」と現実を受け入れられない。
    そりゃそうだよ。自分の親がジェームスと名乗って急に現れたら疑問しかない(笑)

    ビッチェウンは、会社のファッションショーに参加していた。
    ショーが終わってから控室にいると、スンジョンが現れる。
    そして、代表のジョンウォンに言う

    「ビッチェウンは、私の娘です」と

    スンジョンを大好きなジョンウォンは、
    どうしてビッチェウンが気にかかるのか腑に落ちた。
    大好きなスンジョンの子供だから無意識に好意を持っていたのだと。

    しかし、スンジョンの心情はとても複雑だ。
    場所を変えて話をする2人
    「ソアは主人の連れ子なの」とジョンウォンが言う
    話の流れからどうやらビッチェウンは夫側の連れ子だと思ったようだ。

    仕事の打ち上げで焼肉屋に行くと、なぜかジェヒが現れる。
    社員たちが「本部長の彼氏ですよね♡」とはやし立てる。

    別にどうでもいいことなのに
    ソアの彼氏がジェヒだと知ると不機嫌になるビッチェウンだった。
    きっと、ソアと自分の関係を知りながら傍観していたジェヒに腹を立てているのだ。
    違うと思うけどなぁ

    スポンサーリンク

    14話

    ジェヒから好きだと言われたビッチェウン。
    君も同じ気持ちではないの?と問われる。

    「違う、好きじゃない」

    きっぱりと言った。
    しかし、ビッチェウンの目はうろたえ行動はたどたどしかった。
    だって、好きだもんね?

    サムグァンビラにジョンウォンが訪ねてくる。
    マンジョンも昔から知っていたので再会を喜ぶ
    しかし、スンジョンは気が動転していた。
    あまり多くの時間をスンジョンとビッチェウンが過ごすと
    本当の親子だという事が分かってしまうのではないかと。

    その心配の他にもサムグァンビラには心配事がある。
    マフンを慕うバルンが、こっそりサムグァンビラに入居していることだ。
    サムグァンビラの住人達は、男子学生が入居していると思い込んでいるが
    実は女性だと分かったらどうなるのだろうか。

    ジョンウォンが帰ってホッとするスンジョン。
    もう、このままではいけないような気がすると思っているけれど
    本当のことを言うのを止められているのだった。

    間の悪いことにジョンウォンは、ビッチェウンの前で
    「ジェヒはソアの彼氏なの」と公言する
    ジェヒに告白されていたビッチェウンは
    驚いたがジョンウォンが嬉しそうに話すのを見て
    その気持ちを壊したくないと強く思った。
    自分の気持ちに気づかないふりをして。

    スポンサーリンク

    15話

    スンジョンは心を決める

    「ビッチェウン、本当の母親に会ってみましょう」

    あなたの母親は「キム・ジョンウォンさんよ」と言う
    え?代表が自分の母親なの。突然の事過ぎて理解が追いつかない。

    「今日はエイプリルフールだったかな?」

    とおどけるビッチェウンを見てスンジョンは涙を流す。
    ジョンウォンの家では、ソアに過去の事を話していた。
    ソアと出会う前に結婚していて娘がいたと。
    その写真をソアに見せる。

    「あ!」 ビッチェウンが自分の小さい頃だという写真と
    そっくりだと気づく
    話が急展開だ・・・

    ビッチェウンはなぜか昔から
    ソアと母のスンジョンが仲良くしているのが羨ましかった。
    ソアも同じ会社で働くようになって
    何かとビッチェウンに目をかける母にやきもきしていた
    ジョンウォンをめぐって2人の気持ちがぶつかる。

    サムグァンビラには、もう一人やっかいな住人がいる
    バルンだ。ラフンに近づきたいばかりに
    名前と性別を偽って潜り込んでいた。
    何とかばれないように気を付けていたけれど
    よりによってラフンに見つかってしまう。
    激怒するラフン、何とかごまかそうとするバルンだった。

    その日、ビッチェウンはジョンウォンに誘われてある場所に来ていた。
    ジョンウォンが産んだ一人娘の墓所だった。
    つい昨日ジョンウォンの娘はビッチェウンだと聞いたばかり
    でも亡くなったことになっていた
    その事にとてもショックを受ける。
    自分はいらない子だったのか・・・

    スポンサーリンク

    13話・14話・15話 まとめ

    ジョンウォンの子がビッチェウンだと分かりましたね。
    それにしても、ちょっと立ち聞きしてヘドゥンが
    自分がジョンウォンの娘だと勘違いしているのが面白かったです。
    ヘドゥンはすごく可愛いのでそんな誤解をして許せます!
    急に人間関係がごちゃごちゃしてきたけれど
    今一番気になるのはナロが敵なのか、味方なのかそもそも何者なのか気になります!

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください