今日、妻やめます-あらすじ-16話-17話-18話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-16話-17話-18話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
SC食品に就職できたテヤンとルリ。しかし、そこにはチーム長として恋人を奪ったエリがいました。ルリのことが嫌いなエリはルリを辞めさせるためわざとルリの髪の毛を料理に入れました。そのせいで厨房に回されたルリ。
ヨンヘはシンモとの卒婚を考え直したようです。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

16話

ヨンヘはDNA鑑定の結果を見て、シンモに子供がいたと誤解をした。

そこにハンギョルを連れたシンモが帰ってきた。
シンモはハンギョルを隣の子供だと言い訳をする。

ヨンヘはDNA鑑定の書類を投げつける。
ソウォンはシンモにハンギョルはうちの子供だと言う。
ヨンヘは人を馬鹿にするのもいい加減にしろと怒鳴る。

シンモは神に誓って過ちは犯したことがないと言う。
ヨンヘはそれならこの子供は誰かと聞く。

その時チュノクとヨンジュが入って来た。
チュノクはヨンヘを見て、ばれてしまったのかと聞く。

ソウォンは本当のことを話そうとするがシンモが止める。
シンモは俺の子供だと言う。
怒ったヨンヘは帰って行く。

テヤンはルリに包丁をプレゼントする。
明日からこれを使えと言うテヤン。
ルリはテヤンの頬にキスをする。

明日から本社勤務になったテヤンとルリ。
テヤンは会長のケビンに食事を作るように言われた。
その準備のため買い物を行くテヤンとルリ。

ルリは、会長はどんな人なのだろうと言う。
テヤンは、酒は一滴も飲まず、料理にも入れさせないようだと言う。
過去にお酒のせいで失敗してようですからね

ケビンはファヨンに子供は2人だけかと聞く。
ファヨンはそうだと答える。
ケビンは、君は早く子供を欲しがっていたと言う。

ケビンはいつも君のことを思っていたと言う。
川で行方不明になったと聞いた時も信じなかったと言う。
私から去ったことを君に後悔させたくて、今までその一心で一生懸命にやって来たと言うケビン。

ファヨンはもう関わり合いになりたくないから帰ってくれと言う。
名前も変えたし、守るべき家族がいると言う。
過去のことで家族が傷つくのは許さないと言う。

私もあなたにひどいことをしたけれど、無事だとわかったから充分だと言う。
ケビンは、自分はまだ期待していたが終わりにするべきようだと言う。
ファヨンはお礼を言って出て行く。
これで終わったらドラマは面白くなりません

ファヨンは過去のことをジョンドに告白した。

本当の名前はカン・アンナ。
アメリカのシアトルの姉のところに住んでいたが、住みづらくなった時に救世主のような男が現れた。
半年同棲をして最初は楽しかったが彼の経営する店が傾き始めて酒浸りになった。
環境を変えて止めさせようとしたが難しかった。
そして事件が起きた。

酒を飲んで酔っ払っているケビン。
アンナは限界だと家を出て行こうとした。
ケビンはなぜ俺から逃げるのかと言いアンナの首を絞めた。
アンナは近くにあった酒の空き瓶でケビンの頭を殴る。
ケビンは頭から血を流していた。
ケビンが死んだと思ったアンナはその場を逃げたし、韓国に戻り無戸籍者として暮らしていた。

ファヨンはジョンドに彼が生きていたと言う。
さっき会って来たと言う。

ジョンドはファヨンに、テヤンはこのことを知っているのかと聞く。
ファヨンは韓国に戻ってから妊娠を知ったからテヤンは何も知らないと言う。
ジョンドは彼にテヤンの存在を隠せば、二度と関わることはないと言う。
そううまくはいきませんよ

ケビンは酒の禁断症状が出てコンビニに駆け込む。
酒を手にするが、寸前のところで我慢した。
駐車場で苦しんでいるケビンを見つけたテヤン。

テヤンはケビンを部屋まで連れて行く。
ケビンはテヤンに薬を取ってくれと頼む。
引き出しの中に入っていた薬はアルコール中毒を抑える薬だった。

そこに入って来たエリはテヤンにこのことは秘密にしろと言う。

ヨンヘはルリに我慢の限界だと言う。
あなたに腹違いの妹がいると言うヨンヘ。
苦しんでいるヨンヘの姿を見てルリは一緒に家を出ようと言う。

ヨンヘは荷造りを始めた。
そこに帰ってきたシンモ。
シンモはハンギョルを連れて来た。
シンモは新しいお母さんに挨拶をしろと言う。
ハンギョルはヨンヘに花束を渡す。

ヨンヘはルリにハンギョルを連れて行けと言う。

ヨンヘはシンモの顔に花束を押し付け、本当に最低な男だと言う。
シンモは過ちだったから許してほしいと言う。

たった一度の過ちであの子の母親にはめられたのだと言う。
私も被害者だと言うシンモ。
あの子と引き取っても君には迷惑をかけないと言う。
幼稚園も見つけて来たと言う。

ヨンヘはシンモに離婚意思確認期日の書類を見せた。
もう1カ月たったから木曜日に裁判所で会おうと言う。
シンモは誰が離婚すると言ったと言う。
これだけ頼んでいるのに私のことを裏切るのかと聞く。

シンモは死んでも離婚しないと言う。
君が何度離婚を申請しても承諾しないと言う。
ヨンヘはそれなら訴訟にすると言う。
シンモは訴訟にしたら5年くらいかかると言う。

ヨンヘはなぜ離婚してくれないのかと聞く。
シンモは愛しているからだと言う。
君のことを心から愛しているからだと言うシンモ。

ルリが入って来た。
ルリはそんなの愛ではないと言う。
お母さんが苦しんでいるのがわからないのかと言い、ヨンヘの胸の上にある湿疹を見せる。

17話

ルリは、お母さんはストレスのせいでこうなったと言う。
なぜお母さんを苦しめるのかと言うルリ。
ヨンヘはその場に倒れてしまった。

そして入院したヨンヘ。
医師はシンモに精神科の治療が必要だと言う。
血管に異常がないのに心臓の前面が動かなくなって倒れたのだと言う。
心臓が動かなくなるなんて深刻ではないですか

母親が倒れルリが出勤できないかもしれないと聞いたテヤンは病院にやって来た。
そこでシンモに会ってしまった。
シンモはテヤンにまさかルリに会いに来たのかと聞く。
テヤンは診察を受けに来たと言う。

シンモは君のような男が一番嫌いだと言う。
女を守るどころか虐げる最低の人間だと言う。
テヤンは確かに恥ずかしい姿を見せてしまったが誤解だと言う。
もう一度チャンスをくれと言うテヤン。

シンモはお断りだと言う。
ルリは天地がひっくりかえろうとルリは君のような男とは結婚させないと言う。

シンモはルリの携帯電話を没収した。
そこにテヤンからロビーにいると電話がかかってきた。
シンモは声を出さずに聞いていた。
急いでロビーに行くシンモ。

ルリはテヤンに初出勤だから出社したいが母の看病で行けないと言う。
テヤンは会社のことは俺に任せてお母さんのそばにいろと言う。
ルリはシェフの顔を見たら元気になったと言う。

シンモはルリを探している。
しかし、見つからずに病院を抜け出せたテヤン。

ウジュが柔道の練習をさぼっていることがばれた。
ウジュはファヨンに柔道が嫌だと言う。
ファヨンは柔道を止めて勉強するのかと聞く。
ウジュは僕の学力では大学には受からないと言う。

ウジュは美容学校に入学するためにお金を貯めていた。
ファヨンはそのお金は没収だと言う。
ウジュはまともに稼いだ金だと言う。
ファヨンは親を騙して稼いだお金だと言う。

新メニューの開発をすることになった。
チーム対決で高得点を得たチームだけが部署に残れる。

テヤンはケビンのために肝臓にいい朝食を作った。
それを知ったエリはパパの弱みを利用してくるはずだと言う。

ケビンはテヤンを呼び、料理を作った意図は何かと聞く。
ケビンは昨日体調が悪そうだったから準備したと言う。
ケビンは私が飲んでいる薬を見たようだが、弱みを握ったと思ったら大間違いだと言う。
君など私の一存でクビにできるのだと言う。
命の恩人に急に態度を変えておかしいでしょう

テヤンは料理とは食べる人のためにあるものだと言う。
利益など全く考えていなかったと言う。
バリでお粥を作ったときも会長のことだけを考えて作ったと言う。
これも同じ気持ちだったと言うテヤン。
しかし下心と言われたら何も言えないと言う。

ウジュとウンビョルはテヤンに会いに会社に来た。
2人を見つけたソニョンは2人を自分の部屋に連れて行く。
美容学校に行くことに反対されお金を没収されたことを聞いたソニョン。

ウジュはソニョンになぜパパと仲が悪いのかと聞く。
ソニョンは2人が協力してくれればパパと仲良くできると言う。
あなたたちの兄のテヤンの父親のことを知らないかと聞くソニョン。

ウジュはママが持っているペンダントの中に入っている写真が兄さんにそっくりだと言う。
ソニョンはその写真を見せてほしいと頼む。
見せてくれるなら美容学校の入学金を出してもいいと言うソニョン。
ウンビョルは私が持ってくると言う。
協力しては駄目なのに…

ヨンヘは目を覚ました。
ルリに子供のことを今まで気づかなかった自分が馬鹿だと言うヨンヘ。
ルリは今までパパは浮気など絶対しない家族思いの人だと思っていたのに詐欺だと言う。

ヨンヘは検査をすることになった。

18話

ソウォンはハンギョルがどうなったか心配でシンモに電話をする。
シンモは母さんが育てるから心配しなくていいと言う。

ルリはハンギョルが持っていたソウォンの写真を見つけた。
ハンギョルは、これは私のパパだと言って泣く。

ヨンヘは重度の火病だと診断された。
医師は放置すると高血圧、糖尿病、認知症にまで発展すると言う。
治療に欠かせないのは家族の協力だと言う。
医師はシンモに一緒にカウンセリングを受けることを勧める。

ルリはソウォンに会いに来た。
ルリはハンギョルが持っていた写真を出し、ハンギョルが自分の父親だと言っていたと言う。
兄さんの子供なのかと聞くルリ。
ソウォンは僕の子供だと言う。

ソウォンは責任逃れをしたのでも浮気をしたのでもないと言う。
ルリは、兄さんは自分が助かるためにお母さんを犠牲にしたのだと言う。
母さんに悪いと思うなら自分の娘だと正直に話せと言う。

ルリはハンギョルを部屋に入れ、本当のパパだから離れては駄目だと言う。

シンモはヨンヘに医師から話を聞いて妻の体のことを何も知らない自分を恥じたと言う。
君がそこまでストレスを感じていたことを知らなかったと言う。
確かに俺は亭主関白だが、それを承知で結婚したのではないのかと聞く。

シンモは夫婦仲を改善するには君が変わるしかないと言う。
君はおとなしい性格だからすぐに直せるはずだと言う。
医師の言葉を理解していないようです

シンモは私に不満があるならはっきりと言えと言う。
腹がたったらむっつりして黙っているからこっちまでイライラすると言う。
この機会にそれを直そうと言う。
そうすれば君の病気も治るはずだと言う。

ヨンヘはふざけるなと言う。
今まで何か言ったらすぐにどなって何かにつけて私を馬鹿にしていたくせに、これ以上話すことはないから離婚してくれと言う。

ソウォンはヨンジュとチュノクを家に呼んだ。
シンモはソウォンに何を話すつもりかと聞く。
ソウォンは本当のことを話すと言う。
駄目だと言うシンモに母さんに離婚されてもいいのかと言うソウォン。

シンモは私が母さんだけに話すと言う。
お前の子供だと知れば離婚話はなくなると言う。
ソウォンはもう終わったのだと言う。

ソウォンはヨンヘの部屋にヨンジュを連れて行く。

ソウォンは土下座をして謝る。
すべて僕のせいだと言うソウォン。
ハンギョルは僕の娘だと言う。

ヨンジュはソウォンの頬を叩く。
シンモは結婚前の過ちだと言う。
ヨンジュはずっと泣いている。
浮気だけは絶対に許せないと言うヨンジュ。

シンモは浮気ではないと言う。
シンモはあの子は君と出会う前にできた子だと言う。
相手の女が勝手に子供を産んだのだと言う。

ヨンヘはハンギョルの母親は誰かと聞く。
シンモはあの時の女だと言う。
ヨンヘはソウォンが入隊中に姿を消したのだろうと聞く。
妊娠していたのになぜ言わなかったのかと聞く。

ヨンヘはあなたが別れさせたのかと聞く。
シンモはあの女が私を訪ねて来て妊娠したと言い、中絶する代わりに母親の手術代をくれと言ったのだと言う。
あの女が先に話を持ちかけて来たのだと言うシンモ。

シンモはあの女のことは最初から気に入らなかったから取引に応じたのだと言う。
私もなんとなく気に入りません!

それが6年ぶりに現れてうちの家庭を壊そうとしているのだと言う。
ヨンヘはソウォンにも相談せずに勝手に決めたのかと聞く。
シンモはそれの何が悪いと怒鳴る。
大事に育てた息子をあんな女に取られてたまるかと言うシンモ。

シンモはヨンジュにソウォンは何も悪くないと言う。
運が悪かったのだと言う。
あとは君の決断にかかっていると言う。
ソウォンを愛しているなら一緒に危機を乗り越えるべきだと言うシンモ。

ソウォンはチュノクが持病を持っていて、ショックを与えるといけないと知りハンギョルのことを言えなくなってしまった。
なかなか言い出せないソウォンに外で子供を作る事以外なら何でも許すと言う。チュノク

ソウォンが言い出そうとしたときヨンジュが入って来た。
ヨンジュはチュノクにお義母さんの体調が悪いから帰ろうと言う。

ヨンジュはソウォンに私から話すからあなたは黙っていろと言う。

ルリの商品開発室に契約社員としてミョンランが入って来た。
心強い味方です

ミョンランに一目ぼれをする男性社員。

テヤンはルリを食堂に連れて行く。
そこにはテヤンと仲良しの女性がいた。
ルリは焼きもちを焼く。

16~18話感想

みんなハンギョルに振り回されていますが、本当はソウォンの娘ではないはずです。スミは怪しい女のような気がしますので、シンモの見る目に賛成です。
ケビンはいい人かと思ったらそうでもないようです。過去もひどいし、ファヨンのことも諦めないような気がします。エリを養女にしたくらいですから見る目もない男かもしれません。