今日、妻やめます-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-19話-20話-21話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ハンギョルはソウォンの娘だとばれてしまいました。ヨンジュは結婚前のことだと聞きましたが、許すことができないようです。
ヨンヘは重度の火病を患っていました。それを聞いたシンモはヨンヘにこれからは言いたいことは我慢せずに言えと言います。自分の悪いところを理解していないシンモです。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

19話

ケビンは焼肉屋の女性にテヤンとはどういう関係かと聞く。
女性はテヤンが肉の熟成法を教えてくれたおかげでこの店が繁盛したと言う。
それなのに謝礼も受け取ってくれない義理堅い男だと言う。

ルリはさきほどの女性のことで怒っている。
店から持ってきたテヤンと女性のツーショットの写真を見せ、元カノの店に連れて行くなんて私を馬鹿にしているのかと言うルリ。
テヤンはルリに可愛いと言う。

テヤンは、彼女は小学生の同級生だと言う。
夫婦でやっている店を手伝っただけだと言う。
ルリはなぜ店に連れて行ったのかと聞く。
テヤンは新メニュー開発のためだと言う。

ルリの機嫌は直り、さっきの店で残してきた肉を持ちかえればよかったと言う。

ジョンドはウジュとファヨンを美容系のイベントに連れて行く。
ビューティアドバイザーを憧れの目で見ているウジュ。

ウジュはすぐにでも学校を辞めて美容学校に行きたいと言う。
ファヨンはその道が間違っていたらどうするのかと聞く。
ウジュはそうしたら新しい道を探すと言う。
怒るファヨンにジョンドは、人生は試行錯誤の繰り返しだと言う。
ウジュの人生だから好きにさせてそばで支えてあげたらいいと言う。
完全に過去をやり直したのはファヨンのほうでしょう

ウンビョルはファヨンの部屋に隠してあったペンダントを見つけた。
ソニョンに見つけたと電話をするウンビョル。
ソニョンは写真を送ってくれと言うが、ウンビョルは持っていくので入学金をくれと言う。
この女の子はしっかりしているようですがまだ子供です

ソニョンに会いに行くウンビョル。
ウンビョルは戻さなければいけないから早く見て返してくれと言う。
ペンダントを受け取るソニョン。

そのときソニョンに電話がかかってきた。
席を外すソニョン。

ウジュはウンビョルに電話をする。
母さんが美容学校に行くことを許してくれたからおばあさんに写真を見せたら駄目だと言うウジュ。
やはり良くないことのような気がすると言う。
その通りです

ウンビョルは走って店を出て行く。
そのときケビンとぶつかった。
ウンビョルはケビンが写真の男性とそっくりなので驚く。

ヨンジュはチュノクにハンギョルは私たちが育てようかと言う。
チュノクはふざけたことを言うなと怒り出す。

シンモはヨンジュに話があるからソウォンの病院にくるようにと言う。

ヨンジュはソウォンに誰にも相談ができず苦しいと言う。
ソウォンはヨンジュに楽にしてあげたいから君の選択に従うと言う。
ヨンジュは彼女と別れてから半年でなぜ私と結婚したのかと聞く。
お金が目当てで結婚したのだろうと聞くヨンジュ。

ソウォンは、愛はなかったけれど君の明るさが好きだったと言う。
君といたら彼女のことを忘れられたと言う。
ヨンジュは一度も愛されていると感じたことがなかったと言う。

ヨンジュは離婚しても構わないのかと聞く。
私はあなたを失うと思うとご飯も喉を通らないし、夜も眠れないのに私に決断しろと言うのかと泣くヨンジュ。

ヨンジュはあなたが望むなら離婚してあげると言う。
片思いはもううんざりだと言う。
ソウォンはヨンジュを抱きしめる。
スミよりヨンジュの方が絶対にお勧めです

ヨンジュはシンモにソウォンとは別れられないと言う。
シンモは、お前たちはハンギョルとは関係なく今まで通りの生活をしろと言う。
ハンギョルは私の娘として育てると言うシンモ。
シンモは母さんも息子のためだから賛成するに決まっていると言う。

シンモはソウォンに、今後ハンギョルはお前の妹だと言う。
ヨンジュは私も口外しないと言う。
母に知られたら離婚させられると言うヨンジュ。

ソウォンは、それはできないと言う。
父さんに任せて知らん顔はできないと言う。
自分の責任は取ると言うソウォン。

ヨンジュは私と離婚するということかと聞く。
ソウォンはすまないと謝る。
ヨンジュはソウォンに子供を引き取って好きにすればいいと怒って出て行く。

ヨンヘは刑務所にいるスミに会いに来た。
スミは会いたくなかったと言う。
ヨンヘは息子の子供を産んだのだから一度会うべきだと思ったと言う。

妊娠をしたら相談するべきだし、最後まで育てるべきだと言う。
ハンギョルのせいでうちは大変なことになっていると言う。
スミは私のせいだと言うのかと聞く。
そうでしょう

スミは私を最初から受け入れてくれればよかったのだと言う。
ヨンヘはそれでもお金を要求するのは良くないと言う。
スミは、お父様は会社に3回も電話をかけてきて彼に内緒で話がしたいと言って来たと言う。
何を言われるかわかっていたと言うスミ。

だから母の手術代と子供を育てるためのお金を要求したと言う。
ヨンヘはそこまで決心したのになぜ罪を犯したのかと聞く。
それでも母親かと言うヨンヘ。
スミはだから母親は死んだと思って育ててくれと言う。

ヨンヘはハンギョルの写真を見せる。
子供は日に日に成長していくのにその姿を見ることができないのはあなたにとっては一番の罪だと言う。
ヨンヘは罪を償ったらまた会おうと言う。

ケビンはテヤンに君のことを誤解していたようだと言う。
朝食まで準備してくれたのに悪かったと言うケビン。
テヤンはすぐに忘れる性格なので気にしていないと言う。

ソウォンに会いたがるハンギョル。
ヨンヘは決着をつけなければいけないと思った。

バザーをしているチュノクに会いに来たヨンヘ。
チュノクはハンギョルを連れているヨンヘに堂々としていればいいと言う。

ソウォンはヨンジュにハンギョルを引き取りたいと頼む。
ヨンジュは初恋の相手との子供を私に育てさせるのかと怒る。
子育て経験豊富な両親に任せればいいと言う。
お義父さんの言う通りにすればいいのにどうしてことを荒立てるのかと言うヨンジュ。
ソウォンは僕の子供だからだと言う。
兄の振りはできないと言う。

ソウォンは今日義母さんに話すと言う。
ヨンジュは死んでやると叫ぶ。

20話

ヨンジュはハンギョルを引き取るくらいなら死んでやると叫ぶ。
それでもいいのかと聞くヨンジュ。
お母さんが知ったら離婚させられると言う。

ハンギョルはソウォンに会いたがっている。
そこにソウォンが来た。
ハンギョルはソウォンを見て笑顔になる。

ヨンジュはヨンヘにソウォンとの離婚を望んでいるのかと聞く。
ハンギョルのことが母に知られたら離婚させられてしまうのに、なぜ連れて来たのかと聞く。
ヨンヘはいつまでも隠し通せないと言う。

ヨンヘは身勝手な頼みだとわかっているけれどあなたがハンギョルを育ててくれないかと聞く。
私が育てることもできるけれど、そうしたらソウォンは一生自分を責めることになると言うヨンヘ。
そんな状態で夫婦生活が続けられるのかと聞く。

ヨンヘはソウォンと別れるつもりがないならハンギョルを受け入れてほしいと言う。
ヨンジュは離婚もしないし、ハンギョルも育てないと言う。
何としてもソウォンの子供を産むから、ハンギョルはお義母さんが育ててくれと言う。

ノ・シェフはエリの指示でテヤンが新メニューを作っているところを盗撮した。
エリはノ・シェフにテヤンのメニューを丸写ししろと言う。
韓国ドラマによくある展開ですね

ケビンはテヤンとルリを食事に誘った。
明日のプレゼンの準備は順調かと聞くケビン。
ルリは、シェフは優秀だから期待してくれと言う。

テヤンはケビンにずっと結婚をせずに一人なのかと聞く。
過去に悲しい恋愛経験をして傷になっているのではないかと聞くテヤン。
ケビンは過去に戻って彼女とやり直したいと言う。
心の底から愛していたが、幸せにできなかったから未練が残っているのだろうと言う。

ソニョンはペンダントの写真が見たくで何度もウンビョルに電話をかける。
あまりにしつこいのでウンビョルは今から行くから見たらすぐに返してくれと言う。
だから見せては駄目なのに!

ヨンヘはハンギョルが寝てしまったのでバザー会場の控室に寝かせることにした。

そこにシンモが入って来た。
チュノクがいることを知らないシンモはヨンヘに、こんなところに子供を連れて来て何を考えているのかと怒鳴る。
ヨンヘは私が悪かったから外に出ようと言う。
シンモは、ハンギョルはソウォンの娘ではなく私の娘だと言う。

チュノクが出てきた。
チュノクはあなたの娘なのになぜソウォンの名前が出てくるのかと聞く。
怪しいと言うチュノク。

シンモは妻が娘として育てるのは恥ずかしいからソウォンに譲ろうと言ったのだと言う。
誤解しないでくれと言うシンモ。

チュノクは本当のことを言えと怒鳴る。
ソウォンが入ってきてハンギョルは自分の娘だと言う。
チュノクに申し訳ないと頭を下げるソウォン。
チュノクはショックで倒れてしまう。

ケビンはテヤンとルリに17年前にアルコール中毒だった話をする。
ルリは治ったのかと聞く。
ケビンはこの病気は完治しないのだと言う。
一滴でも飲めば再発してしまうと言う。
知らなかった

酒で人生を壊して愛する人を失い孤独になったと言う。
ケビンはテヤンに、もし彼女が子供を産んでいたら君に似ていたかもしれないと言う。
テヤンは子供より、僕たちが友達になるから頼ってくれと言う。

ジョンドはソニョンがファヨンのことを調べていると聞き、会社にやってきた。
そのときウジュとウンビョルがソニョンにペンダントの写真を見せるためにやってきたのを見つけた。
ジョンドはペンダントを取り上げ、あの人には関わるなと怒る。

ジョンドはソニョンの部屋に行く。
ジョンドはペンダントを見せ、目的はこれかと聞く。
ペンダントを取ろうとしたソニョンを突き飛ばすジョンド。
子供たちまで利用するなと怒鳴るジョンド。

ソニョンは、ファヨンは間違いなく犯罪者だと言う。
だから改名までしたのだと言う。
ジョンドは好きなだけ調べればいいと言う。

21話

ケビンは会社のエレベータに乗っているジョンドを見つけた。
ジョンドを追いかけて行くケビン。
ジョンドは駐車場で待っているウジュとウンビョルを乗せて車で出て行く。
ケビンはジョンドがなぜ会社にいるのかと疑問に思う。

チュノクはソウォンに結婚詐欺だと言う。
ソウォンは子供の存在を知っていたら結婚しなかったと言う。
チュノクは相手の女は自分で産んだのなら責任もって育てるべきで、人に押し付けるなんでありえないと言う。
ソウォンは子供のことは自分が責任を取ると言う。
チュノクは今すぐにでも離婚させたいところだと言う。

シンモはヨンヘにハンギョルを自分達が育てるという念書を書かせた。
そこにチュノクがやってきた。
ヨンヘが呼んだのだった。

ヨンヘはチュノクに、ソウォンは意図的に隠していたのではなく、結婚前の過ちが明らかになっただけだと言う。
ヨンジュを傷つけてしまったのは申し訳ないと言う。
チュノクは、息子は何も悪くないと言うのかと聞く。

ヨンヘは結婚生活を続けさせたいと言う。
チュノクは私の娘はどうでもいいのかと聞く。
他人の子供を育てさせるつもりかと言う。

ヨンヘはチュノクに念書を見せた。
シンモは、ハンギョルは私たち夫婦が育てると言う。
チュノクはヨンヘに本気かと聞く。

ヨンヘはその場に土下座した。
チュノクは土下座しろとは言っていないと言う。
ヨンヘは、ハンギョルは息子の子供だから誰も育てないのなら私の娘として育てると言う。

しかしソウォンを子供を捨てる父親にはしないでくれと言う。
幼いハンギョルから父親を取り上げないで欲しいと言う。
チュノクは要するにうちで引き取ってほしいということだろうと言う。
言いたいことはわかったと言い、帰って行くチュノク。

ヨンジュはソウォンに結婚前に占い師に離婚する事になると言われたと言う。
それでもあなたと結婚できるのなら一生こき使われても構わないと思ったと言う。
その気持ちは今も変わっていないと言う。
こんなに愛されているのに別れることはできないでしょう

ヨンジュはハンギョルの存在を知ってあなたを憎もうとしたけれどできなかったと言う。
しかし他人の子供を育てる自信はないと言う。
ヨンジュは離婚になったらこの世に未練はないと言う。
ハンギョルを育てると言うならこの世界からいなくなると言う。

ケビンはファヨンと別れる時に彼女が赤ん坊の産着を持っていたのを知っていた。
もしかしたら自分の子供を産んでいるかもしれないと思うケビン。

ウジュとウンビョルはジョンドから二度と会社に行くなと怒られた。
2人は会社で見かけたケビンが写真の人物だと話をした。
テヤンと父親は同じ会社で働いているのかもしれないと考えるウジュ。
ウンビョルはお祖母さんに聞いてみると言う。
だからソニョンには近づくなと言われたばかりでしょう!

プレゼンの日。
会議室の準備をしているミョンランはテヤンたちのメニューがノ・シェフ
のものを全く同じことに気付いた。
テヤンとルリに知らせに行く。

テヤンはメニューが盗まれたことを知った。

テヤンはルリに自分が調べて行くから練習通りに発表しろと言う。
プレゼンが始まった。
ルリは発表を始めるが、ノ・シェフのメニューと同じだと指摘された。
ルリはこのメニューは自分達が考えたものだと言う。

エリは嘘をつくなと言う。
ソニョンはソースまで同じなら盗んだものだろうと言う。
ノ・シェフは、テヤンはコネ入社だったけれど人の企画を盗むなんてシェフとして失格だと言う。
はい、その言葉そのままお返しします

ルリは昨夜も徹夜してソースを作ったのだと言う。
エリは証拠があると言う。
ノ・シェフの企画書は先週出されたものでテヤンの企画書は今朝出されたものだと言う。
誰が盗んだかは明白だと言うエリ。

エリは、盗んだ犯人はこの中にいると言う。
ルリに残業して会社に残っていた日があっただろうと聞くエリ。
ルリは練習していただけだと言う。

19~21話感想

ウジュはソニョンには会うなとあれだけ言われているのにまた会いに行こうとしています。テヤンのためと言いながら、好奇心が強過ぎます。
ケビンはまだファヨンに未練があるようですね。もしテヤンが息子だとわかったら何をするかわかりませんね。
メニューを盗む話。韓国ドラマの定番です。