今日、妻やめます-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-今日、妻やめます-あらすじ-64話-65話-66話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

今日、妻やめます

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ギョンアの策略で会社が危機に陥ってしまったケビンたち。シンモはルリたちを助けるため売り上げに少しでも貢献しようとレストランの食事券を売って歩きます。しかしヨンヘの仕事先のソン社長がシンモの何倍も売り上げに協力したので、シンモは落ち込みます。もうヨンヘに何も言わないから自由にしたらいいと言うシンモ。
ハンギョルが自分の子供ではないとわかったソウォン。そしてヨンジュは妊娠したようです。

【今日、妻やめます】ネタバレあり

64話

チュノクはスミに娘が不妊でなかったらハンギョルは育てなくていいのかと聞く。
チュノクはしっかりとみろと言い、スミに妊娠検査薬を見せる。
驚くスミ。
ヨンジュも検査薬の結果を見て驚く。

チュノクは真面目に生きていたら必ず報われるのだと言う。
あんたに苦しめられた娘を哀れんで神様は子供を授けてくれたのだと言う。
だからなんたの娘なんかいらないと言うチュノク。

チュノクはスミの腕を掴みハンギョルのところに連れて行くから着いてこいと言う。
スミは待ってくれと言い、土下座をする。
私が悪かったから許して欲しいと言う。

最初は騙すつもりはなかったと言う。
私が捕まった時、ハンギョルを預けた妹がソウォンを父親だと勘違いしていたのだと言う。
当時はソウォンのことを恨んでいたのでどうにでもなれと思ったのだと言う。

ソウォンは出所してもなぜ黙っていたのかと聞く。
スミはやむを得ない事情ができてしまったのだと言う。
こうやって突き放せばハンギョルを育ててくれると思ったと言う。
スミは二度とハンギョルの前には現れないと言う。
私のようなものが母親だとあの子がかわいそうだと言う。
親のいない子供だと思って育てて欲しいと頼むスミ。

チュノクはあなたに指示される筋合いはないと言う。
ハンギョルはペットではないと言う。
うちに一度来たからにはハンギョルは家族だと言う。
意外と優しいチュノク

もしまた現れてバカな真似をしようとしたらその時はあなたを殺して私も死ぬと言う。
スミはもうハンギョルの前には現れないと約束すると言う。
スミは泣きながら帰って行く。

ソウォンはチュノクに妊娠検査薬は本当かと聞く。
チュノクは本当だと言う。
ハンギョルが赤ん坊を連れて来てくれたのだと言うチュノク。

ソウォンの病院から出たスミは階段で体調が悪くなってしまい、化粧品を落としてしまった。
それを拾ったハンギョル。
ハンギョルはスミにおばさんのことを知っていると言う。
ずっと昔、私にご飯を作ってくれただろうと聞く。

スミは人違いだと言う。
ハンギョルは間違えではないと言う。
スミは急いで帰って行く。

ソン社長はヨンヘに出張の時のためにゴルフの練習をして欲しいと言う。
ヨンヘは出張は断らせて欲しいと言う。
ソン社長は現地に連絡済みだからキャンセルはダメだと言う。

シンモはソン社長がモンゴルの出張の時にヨンヘに告白するつもりだと聞いた。
ヨンヘの気持ちもソン社長に傾いているようで、シンモのことは子供の父親としか思っていないと聞いた。

ヨンヘはルリに今の気持ちを相談する。
ヨンヘはソン社長は女として見てくれるので気持ちが傾くときもあると言う。
ルリは一旦出張に行って、その後は自分の気持ちに従って決めればいいと言う。
ヨンヘはもしソン社長を好きになったら父さんはどうするかと聞く。
ルリは父さんより自分のことを考えたらいいと言う。
お母さんにとっては最後の恋かもしれないと言う。
ルリは父さんと社長、どちらを選んでも私は応援すると言う。
私はシンモを応援します

ケビンはテヤンに1ヶ月以内に会社を上場できなければギョンアの会社ゴールドマンパートナーズに1ヶ月以内に150億ウォンを返済しなければならないと言う。
テヤンは銀行から融資を受けようと言う。
ケビンは今の状況で融資は難しいと言う。
個人投資家か高利貸しに頼むしかないと言う。

ケビンは体調が悪くなってしまった。

エリはケビンにすべて話そうとした。
しかしギョンアに見つかり捕まってしまった。
ギョンアはいくら娘でもバカなことをしたら許さないと言う。

エリは何もいらないからやめてくれと言う。
ギョンアは酸素呼吸器を外せと言ったのはあなただと言う。
エリはあの時はパパはテヤンばかり可愛がるし、ママは死んでいたと思っていたと言う。

エリはママが生きていてくれただけで十分だからやめようと言う。
ギョンアはテヤンを手に入れたいのだろうと聞く。
私たちは必要とする男を手に入れなくてはダメだと言う。
相手は必要としていません

ルリはテヤンにチュノクに投資を頼もうのはどうかと言う。
チュノクの息子さんも行方不明になっても見つかっていないようだと言う。
ケビンの子供の頃の写真を見せて話をしたら同情心から助けてくれるかもしれないと言う。
テヤンは結婚前から迷惑をかけたくないと言う。
ルリは奥の手としてとっておこうと言う。

ソウォンはハンギョルにさっき会ったおばさんのことで何か覚えているかと聞く。
ハンギョルは昔ご飯を作ってくれたと言う。
スジおばさんと暮らす前に一緒に暮らしていたママだと言う。
わかっていたのですね

シンモはルリにヨンヘの出張を説得して止めさせくれないかと言う。
ルリはもしお母さんが別な選択をしても落ち込まないで欲しいと言う。
シンモは聞いてみただけだから気にするなと言う。

ヨンジュは病院で検査を受けた。
双子を妊娠していた。
大喜びするチュノクとヨンジュ。
ソウォンはヨンジュにおめでとうと言う。

スミは糖尿病だった。
すぐに手術をしなければ失明すると言う医師。

チュノクはシンモにヨンジュが双子を妊娠したと言う。
シンモは喜んでチュノクを抱きしめる。
シンモは嬉しくてつい抱きついてしまったと謝る。
チュノクはこういうのは嫌いではないと言う。
いつまでも女性なんですね

シンモはヨンヘに電話をするが出ない。

その頃ヨンヘはソン社長とゴルフの練習をしていた。

65話

ヨンジュとソウォンはゴルフ練習場にいた。
ソウォンはソン社長と一緒にいるヨンヘを見つけた。
声をかけようとするソウォンにヨンジュはデートのようだからほっておこうと言う。
ソウォンは父さんがいるのにデートをするはずがないと言う。

ソウォンはシンモがチュノクと一緒にここに向かっていると聞いた。
急いで帰る支度をするソウォン。

ソウォンはシンモたちを迎え出る。
カバンを忘れたヨンジュの代わりに取りにいくシンモ。

シンモはソン社長とヨンヘを見つけた。
楽しそうに指導を受けているヨンヘを見つめるシンモ。
シンモは黙って出ていく。

シンモは一人で階段に座り頭を抱える。
チュノクは離れてしまった心は取り戻せないと言う。
シンモは今まで自力で成功してきた幸運な男だと言われてきたが、本当の幸運は妻だったと言う。
もう妻を解放する時が来たようだと言う。
チュノクは愛しているなら潔く送り出してあげろと言う。
つらいですね~

ルリは酔っ払って帰ってきたエリの車の車載カメラのデータを抜き出した。
しかし正気に戻ったエリは人の車の中で何をしているのかと怒鳴る。
ミョンランは酔っているから送ってきたのに記憶喪失かと言い返す。

ルリはエリにキム室長はどこにいるのかと聞く。
療養施設はどこにあるのかと聞く。
今ならまだ取り返しがつくと言う。
酸素呼吸器を外せと指示したのも今なら許すと言うルリ。

エリは何も知らないと言う。
ミョンランは警察に突き出すと言う。
エリは私がやったという証拠があるのかと聞く。
ルリはチャンスは与えたと言う。
証拠を見つけたら容赦しないから覚悟をしろと言う。

ギョンアはケビンに3週間以内に全額返済しないといけないが大丈夫かと聞く。
ケビンは会社は渡さないと言う。
ギョンアは高利貸を探しているようだけれど、いっそ社長の座を開け渡したらどうかと言う。
ケビンはお断りだと言う。

ギョンアは私とエリの株を合わせたらどうとでもなると言う。
無計画であなたの前に現れたと思うのかと聞く。
SC食品を救うために来たのだと言う。

ギョンアはケビンにお互いの強みを合わせて利益を得ようと言う。
私は会社を動かせるほどの株を保有し、娘はテヤンに関心があると言う。
2人が結婚すれば会社は安泰だと言うギョンア。

ギョンアはテヤンにつまならい女は捨てて会社を救うつもりはないかと聞く。
新店舗の失態で後継者の資質を疑われているのだろうと言う。
テヤンはまだそちらの正体を知らないから化けの皮を剥がしてから答えると言う。

ミョンランはエリの携帯電話を盗んだ。
それを使ってパク本部長にメールを送り、キム室長の療養施設を聞き出した。

しかしパク本部長はエリからの偽メールに気づいた。

ルリとミョンランは療養施設に到着した。
ルリは清掃係に変装して中に入る。
キム室長の部屋を見つけ中にいるキム室長に声をかける。

清掃用具のカートの中にキム室長を隠し、外に運び出すルリ。
途中パク本部長とすれ違うが気づかれなかった。

キム室長が逃げたことを知ったパク本部長はルリたちの車を追いかける。
ルリはテヤンが来たのに気づき、パク本部長の追撃を防いでもらった。

テヤンはパク本部長にお前はクビだと言う。
パク本部長はテヤンの胸ぐらを掴み、俺たちは仲間になるのだと言う。
テヤンはパク本部長の腕を振り払う。
そうだ! お前はクビだ!

ハンギョルはスミの絵を描いた。
ソウォンは昔のママに会いたいかと聞く。
ハンギョルは会いたくないと言う。
ソウォンはそれならなぜ絵を描いたのかと聞く。
ハンギョルはこれからは新しいママと暮らすから昔のママを忘れないように描いたと言う。

シンモは寝込んでしまった。
ヨンヘはシンモに具合が悪いなら病院に行こうと言う。
一人にしてくれと言うシンモに私たちは卒婚夫婦だろうと言う。
シンモはそれなら出張に行くなと言う。

ヨンヘはお互いの異性関係には干渉しない約束だと言う。
シンモはそれなら私の心配はするなと言う。
ヨンヘは出張先で何か起きるかと心配しているのかと聞く。
シンモはあの社長が信用できないと言う。

出張先にで君に告白するようだと言う。
シンモはヨンヘに君はあの男に少しでも関心はないのかと聞く。
ヨンヘは私のことは干渉するなと言う。
出張は行ってくると言う。

シンモは相手の異性関係に干渉しないなんて見えだったと言う。
君が他の男と付き合うなんて我慢できないと言う。
ヨンヘは契約書まで交わしたのに勝手に変えるなと言う。
シンモは私を選ぶなら行かないでくれと言う。

もしあの男についていくなら恐ろしい手段に出ると言うシンモ。
(笑)どんな恐ろしいことでしょう

スジはスミに手術を受けろと言う。
スミは手術を受けるお金などないと言う。
スジはSC食品とヨンジュからもらったお金があるだろうと言う。
スミはこの金はヨンジュに返してこいと言う。

ハンギョルを育ててくれるのだからせめてお金は返さなくちゃならないと言う。
スジは行かないと言う。
スミはハンギョルのためにできることはこれしかないと言う。

スジはソウォンの病院に行き、お金を届けた。

66話

ソウォンはお金を持ってきたスジを追いかける。
スジからスミが糖尿病網膜症だと聞いたソウォン。
スジになぜ手術を受けないのかと聞く。

スジは姉さんはお金もないし生きたいと思っていないようだと言う。
ソウォンはこのお金で手術を受けさせろと言う。
スジは受け取ったら姉さんに怒られると言う。

ソウォンはスミに会いにきた。
スミは何しにきたのかと言う。
ソウォンは病院に行こうと言う。

スミは赤ちゃんの頃のハンギョルの写真を出し、ヨンジュに渡せと言う。
ソウォンはその若さで諦めるなと言う。
スミはあなたを諦めた時に私の人生は終わったのだと言う。
あなたが入隊してすぐに糖尿病と診断され、自暴自棄になったのだと言う。
あなたの父親にお金を要求していい加減な人生を送ってきたと言う。

スミはあなたも母親も何の苦労も知らないあなたの奥さんが憎かったと言う。
一番憎かったのは自分だと言う。
スミはあなたのおかげで一時は幸せだったから感謝していると言う。
私たちは住む世界が違ったと言う。

私には同情はいらないからハンギョルのことを大事にして欲しいと言う。
ソウォンは自分勝手だと言う。
本当に悪いと思うなら病気を治して罪を償えと言う。

ハンギョルは君のことを覚えていると言う。
君のことを聞かれたら人生を諦めて死んだと言うのかと聞く。
それで満足かと言うソウォン。
申し訳ないと思うならハンギョルに恥ずかしくない人生を送れと言う。

ソウォンはスミを病院に連れて行った。
そして来週手術をすることになった。

キム室長を逃してしまったエリを怒るギョンア。
エリはこ以上私を巻き込むなと言う。
ギョンアはここで諦めたら全員がおしまいだと言う。

エリはママはどうかしていると言う。
なぜパパがママを受け入れなかったかわかると言う。
そうやって正気を失って執着するからだと言う。
私も受け入れなかった理由がわかるような気がします

ギョンアはいくら記憶喪失といってもキム室長は爆弾だと言う。
出ました!記憶喪失

ギョンアはケビンに変更が生じたと言う。
3日以内に75億ウォンを返済しろと言う。
無理ならSC食品を引き渡すか、テヤンとエリを結婚させろと言う。

ギョンアはルリにいくら頑張ってもテヤンは手に入らないと言う。
ルリはどういう意味かと聞く。
ギョンアはテヤンのことを思うなら身を引けと言う。

テヤンはギョンアからエリとの結婚の話を持ちかけられたと言う。
ルリは奥の手を使う時だと言う。

チュノクは探している息子の夢を見た。
お金をくれと泣いている夢だった。
ヨンジュは夢に出ていくると言うことはそのうち会えると言う。
チュノクが会社を救うことになりそうですね

ヨンジュの妊娠を祝ってシンモ家族が集まった。
みんながヨンジュにプレゼントを贈る。
チュノクは今まで生きてきてこんなに幸せなことは初めてだと言う。

ヨンヘを送っていくシンモ。
シンモは社長か私かどちらか選べと言う。

ヨンヘは正直復縁する自信はないけれど新しいと人と始める自信もないと言う。
どっちつかずに見えるかもしれないけれど今は何も決められないと言う。

シンモは卒婚など嫌だと言う。
出張は行くのかと聞く。
ヨンヘはキャンセルしたら会社に迷惑がかかると言う。

シンモは封筒に入った離婚届を渡す。
ハンコを押してから行けと言う。
これが恐ろしいことだったのですね

ヨンヘは出張から帰ったら望み通りにすると言う。

テヤンはチュノクに投資先を探していると聞いたと言う。
ファンドへの返済期日が遅れているので投資をしてくれないかと頼む。
チュノクは家族とは決してお金を貸し借りをしないのがモットーだと言う。
お小遣いはあげても投資はしないと言う。

ルリはチュノクに考え直して欲しいと言う。
社長は自力で成功した人で、そんな大切な会社が奪われようとしているのだと言う。
チュノクは家族にお金は貸さないと言う。

ルリは探している息子だと思ってくれないかと言う。
社長も息子さんと同じく両親と生き別れたのだと言う。
チュノクはいくらお金に困っているからって嘘をつくのはやめろと言う。
人の心の傷につけこんでお金をせびる気かと言う。

ルリは嘘ではないと言う。
当時の写真もあると言う。
ルリは携帯に保存してあるケビンの写真を見せるが、チュノクへ携帯を床に落とす。
見たらすべて解決するのに~

チュノクはいくら必要なのかと聞く。
ルリはまずは75億ウォンだと言う。
チュノクは何よりも恐ろしいのがお金だと言う。
お金で苦労していないから平気で貸せと言えるのだと言う。

チュノクは息子のことは40年間抱え続けてきた腫れ物だと言う。
そんな人の弱みにつけこむなんて、安い同情話には騙されないと言う。
ルリは嘘ではないと言う。
うちの会社は立派な会社だと言う。

チュノクはソウォンに無礼な妹を追い出せと言う。
ルリは本当に困っているのだと言う。
テヤンはルリを連れて行く。

ソウォンは妹はよっぽどのことだと思っていると言う。
チュノクはダメなものはダメだと言う。

ルリはテヤンにSC食品が奪われたら会長は壊れてしまうと言う。
そんな会長を見たらあなたもどんなに悲しむかと言う。
そんな姿を見たくないと言う。
私が身を引いた方がいいと思うと言うルリ。
あと2日しかないのだから私ではなく会社を選んでくれと言う。

テヤンは君もSC食品も守ると言う。
やるだけやってみようと言うテヤン。

ケビンはギョンアに会いに来た。
ケビンは君のおかげでここまで来たことも君の気持ちもわかっていたと言う。
十分に償ったつもりでいたからここまで傷が深いとは思わなかったと言う。
もうこのくらいで終わりにしようと言う。

ギョンアはあなたの悪いところは口では家族だと言いながら私たちを無視したことだと言う。
もう騙されないと言う。
ギョンアは私が与えたものはすべて返してくれと言う。
ケビンは何かと聞く。

ギョンアはアルコール中毒だった頃に戻れと言い、酒を差し出す。
これ1杯で20年前のあなたに戻れると言う。
ケビンは酒の入ったグラスを手に取りる。

64~66話感想

ギョンアはケビンのことが好きなのでしょう。20年前のアルコール中毒のときのようにケビンの隣で世話をしたいのが一番の目的ではないでしょうか。そうだとしたらパク本部長はギョンアにいいように使われ情けないです。
ケビンが捜している息子だとわかる日ももう少しのようです。チュノクのおかげで会社が助かるような気がします。その読みが当たることを期待します。