仮面-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレありで詳しく!

韓国ドラマ-仮面-あらすじ-13話-14話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミヨンはソクフンとウナの秘密に気づいたようです。
ウナが実はジスクだと・・・。
そしてウナは自分が殺してしまったのだとショックを受けるミヨンですが・・・。

【仮面】ネタバレあり

第13話「求婚と離婚」

ウナのアトリエに置いてあったノートの中にはウナの言葉が残っていた。
「もし、結婚したなら1年以内に離婚しないとソクフンさんは結局ミヌを殺すだろう」と。
そして弁護士イ・テソンの名刺が挟んであった。

ミヨンはウナを殺してしまったこと、そして妊娠は想像だったことで消沈していた。
会長はウナに成りすましたジスクに、赤字のフランチャイズカフェを任せると言う。

ミヨンは家族に想像妊娠だったことを報告。
「気分を紛らわせたいため仕事に没頭したいから役員にして欲しい」と会長に頼み込む。

ジスクは早速カフェを視察。
インテリアからメニューまで全て一新、収益の10%を寄付すると宣言する。

ミヨンはウナに成りすましたジスクの事を知り、意地悪でジスクの知り合いばかりを集めた研修会を催す。
ジスクの同僚たちはウナとジスクがうり二つだとミヌにも説明するのだった。
ミヨンの思うつぼです!

ソクフンは自分の妻であるミヨンを調べさせる。
ミヌがウナをプールに突き落としたと思っている家族たちの前で確認した防犯カメラの映像はミヨンの指示で消されていたのだった。
映像を消した警備員の男にお金を渡すミヨン。

ソクフンの秘書がその現場をしっかりカメラでとらえていた。
その様子を見守るのは借金取りの男達だった。

ソクフンの秘書は警備員の男に接触するが、急に逃げ出す男。
飛び出した男を借金取りが跳ねてしまった。
逃走する借金取り。

ミヌと一緒に帰宅したジスクを待っていたソクフン。
話があるようだった。

「どんなにウナを装っても本物ではない、身の丈を知れ」とジスクに言うソクフン。
しかしジスクは強気に答える。
「ミヌにとっては本物のソ・ウナだ」と。

一方ミヨンはミヌを呼ぶ。
ウナにそっくりのデパートの店員の話をするミヨン。
ミヌは「今すごく幸せだから邪魔しないで」とミヨンに言う。

ジスクとミヌ、そして社員たちは企画会議と名して遠出をすることに。
ミヌはジスクに自分とお揃いのサングラスを買って現地へと向かう。
とても幸せそうなミヌとジスクです

その頃ソクフンは、借金取りに跳ねられ意識不明だった警備の男の入院先へ。
ミヨンに頼まれ映像を削除したが、そのコピーを持っていると話す男。

ソクフンは見てしまった。
ウナがプールに落ちたとき、ミヨンはウナの手を取らず、助けず、その場を立ち去ってしまうところを・・・!

ミヨンはソクフンが映像を見てウナを想い泣いているところを見ると、ジスクに対して無性に腹が立ち、許せなくなってきたようだ。
「全てをばらしてやる」とミヌとジスクの企画会議の場所まで車を走らせるミヨン。

ミヌはジスクに告白する。
「自分のせいで母親は溺れて死んでしまった」と。
大きな深い傷を抱えているミヌに、ジスクは1歩踏み出す勇気を与えるのだった。

河原に並ぶ石の上で、ミヌに手を差し出すジスク。
ジスクの手を握るミヌ。
1歩、そしてまた1歩と二人は最後まで飛び石を渡り切るのだった。
ミヌにはジスクが無くてはならない存在になっていますね!

結婚契約書を破り捨てるミヌは「本当の僕の妻になってください」とジスクに言う。

ソクフンからの電話にも出ないミヨン。
ミヌとジスクのすぐそこまで、ミヨンは来ていた・・・。

第14話「盾と矛」

ミヨンはジスクの所へやって来る。
ピョン・ジスクの履歴書を差し出し説明を求めるミヨン。

その時ジスクにソクフンから電話が。
ミヨンに代わると、ミヨンは何も言わず引き返して行った。
ソクフンの手の中で思いのまま操られるミヨンです。

ソクフンを失いたくないミヨンの選択。
それはジスクとミヌに本当のことを言わないと言う選択だった。

ミヨンはソクフンとの関係を諦められないし彼を失いたくない。
ゆえにウナに成りすましたジスクの存在は目障りだった。
徹底的にジスクの正体を暴こうとするミヨン。

カフェのインテリアコンセプトの説明会の場所をわざと変更し、ジスクとジスクの家族を引き合わせようと企むのだった。

ミヌはミヨンから何を言われてもあえて知ろうとはしないようだった。
今の幸せを失いたくないミヌ。

ジスクはウナのアトリエで見つけたイ・テソン弁護士の元へ。
ウナは離婚の時期は選挙の前にと決めていたようだ。

そこでジスクは「出来るだけ離婚の時期を早めたい」と相談するのだった。

ジスクはミヌを守るために離婚を決意したようだった。
離婚するまでの残された時間、ベストを尽くすと誓う。
そして、離婚に向かって歩き出したジスク・・・。

ウナの父ソ・ジョンフンの演説講演会に挨拶するジスク。
ミヨンのいたずらで、モニターにピョン・ジスクの名前が・・・。
頭の中が空白になるジスクだったが、ミヌの言葉を思い出し、自分の言葉で伝えたいことを語り始めたジスク。

それはジスクの本当の父ピョン・テソンに向けたメッセージだった。
ところが会場は大歓声と拍手喝采に終わる。

ミヨンはピョン・ジスクの映像を流し全国民にすり替わった事実を伝えようとするが、ソクフンは全てお見通し。
映像はウナがプールに落ちた日の物にすり替わっていた。
核心に触れる前に映像は途切れる。
ソクフンもミヨンもお互い引けないところまで来ているようだった。

ミヌは途中ミーティングに出かけていくが、姿が見えないミヌを心配したジスク。
ソクフンの電話の会話を聞き、「ミヌが殺されるのではないか」と思い違いをする。

ミヌはその時かすり傷程度の事故を起こす。
病院へと飛んでくるジスクは、ミヌの元気な姿を見て「愛している」と告げるのだった。

ジスクはミヌに「帰ったら本当の事をすべて話す」と言う。
「その話を聞いた後にも同じ気持ちならもう一度”愛している”と言う」とジスク。

ミヨンはジスクの指紋鑑定の書類をわざとミヌの目につくよう会議のカバンに忍び込ませていたようだ。
ミヌはその書類に見入るのだった・・・。

第13話から第14話の感想

ソクフンにとんでもない交渉をされた日から、ずっとウナとして生きてきたジスクです。
最初の頃はソクフンの言う通りジスクは怯えながら行動していましたが、少しずつソクフンに睨みをきかせるようにまでなって来ましたね!
プールにウナを落としたのはミヨンの様でした。
ソクフンはミヨンに対しては愛情のあの字もないようですが、それでもミヨンはソクフン一筋のようですね。
ソクフンが心に秘める愛しい人はただ一人、ウナだけのようです。
いつも冷酷非情なソクフンが、ウナの為に流す涙には温かい優しさを感じてしまいます。
ミヨンはウナが偽物で、ジスクと入れ替わっている事実をとにかく知らしめたい様子。
ソクフンを手放す事も、失うことも、あきらめる事も出来ないミヨンの弱点は、ソクフン自身ですね。
だましだまされ蹴落とし合いの人間模様、それぞれが仮面の下にはどんな真実や表情を隠し過ごしているのか、とても深いドラマだと思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。