伝説の魔女-あらすじ-7話-8話-9話-視聴率31.4%の韓ドラをキャスト一覧ありで!

韓国ドラマ-伝説の魔女-あらすじ-7話-8話-9話の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
最高視聴率31.4%-キャスト-相関図など、最終回までの感想を全話配信します。

伝説の魔女.jpg
伝説の魔女(雪辱の魔女)のタイトルの通り様々な事情を抱えた4人の囚人が
刑務所で身につけた製菓製パン技術資格だけを頼りに
「前科」という偏見や現況を克服して成功していく過程を描いたストーリ
笑いあり涙あり感動あり、そして復讐ありの物語!
(原題「雪辱の魔女」)





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ようやく刑務所の暮らしにも慣れてきたかと
思った矢先の事だったのに…
マ・テサンにパンを投げつけてしまったスイン
スイン大丈夫?

【伝説の魔女】(ネタバレあり)
7話
マ・テサンのおとなしく罪を償えとの言葉にカッとなり
思わずパンを投げつけてしまったスイン
ボクニョはチャ夫人と会長マ・テサンの事を知っているようだ。
騒ぎを起こしてしまったため刑務所のメンバーは撤収させられる。

ジュヒは自分の企画が失敗して癇癪気味です
スインは罰として独房に入れられ
当然の事、製パン技術の講座は欠席になってしまう。
ジュヒからも事情を聞きある程度事情を知ったウソクは
スインを不憫に思い独房に皆で作ったパンを差し入れ
「このクロワッサンを見てどうやって作ったのか材料は何が入っているのか良く考えて見なさい」
と宿題を出し、「このパンの中にはスインを慕っている人達の心が詰まっている
だからあんたは一人じゃない」と慰めた。
単なる堅物だとしか思ってなかったスインは
思っても見ない励ましの言葉に慰めを受ける。
ミオの子カンテンが施設に行く日が来てしまった。
親権を放棄しなければ出所後に必ず会えると聞いてミオは安心するが
可愛い息子カンテンを送り出すのが忍びない様子。
911番キム・ヨンオクは自分はビルの所有者だ、暴力団の妻だと嘘をつく
自分が出所したらそのビルで働けるようにしてやると口からでまかせを言う。
そんな時、安アパートの賃貸契約書の賃貸に支払いによる解約が届くが
字の読めない911番ヨンオクは何か分からない。
そしてプングンに読んでもらって
今までの話が全部嘘だとばれてしまった。

さあ大変になりました
今まで部下をコキ使ったりしていたツケがたまってますから

一方ドジンは次々と来る縁談に嫌気が差して
偽マ・ドジン本部長(タク運転手)を仕立てて見合いに挑む。
どう見ても40台にしか見えないおじさん偽ドジンをを見て
ねちっこいアプローチに次々と逃げ出す見合い相手。

これは上手く行ったと調子に乗ってますよ
マ・ジュランは夫に内緒で愛人とデートを楽しむが
そこに突然何台ものカメラのフラッシュが…
即スキャンダルとしてテレビで報道され
一気に有名芸能人とのスキャンダルに発展!!
激怒の父マ・テサン
ショックを受けたマ・ジュランの夫は
養育権と慰謝料は弁護士を通して請求すると言って
荷物を纏めて家を出てしまう。

子供がいないのに養育権って?もしかしてペットの猫のナビの養育権の事?
マ・ジュランは誤解だとなだめようとするが
キスをしている場面がテレビで報道され全然説得力がない!

どうもこのスキャンダルドジンの婚約破談の仕返しに
チャ婦人がマスコミに情報を流したようです

クリスマスを迎え製パン講座もクリスマスケーキを作ことになる
そして作ったケーキを前に一人ひとり願いを祈る
そしてボクニョはクリスマス特赦で仮釈放が早まるが
マ・テサンとチャ夫人にとっては嬉しくないようだ。

一体ボクニョはマ・テサンとチャ夫人とどういった関係だったんでしょうか?
ビョルの祖父は嬉しくて壁紙を張替えボクニョを迎える準備をする。
そして家族として過ごした皆と別れの時が来る。
ビョルの祖父イムンは早朝から刑務所にボクニョを迎えに行く。
そしてイムンが営む小さなクリーニング屋で一緒に働き一緒に暮らす事になる。
家出をしたマ・ジュランの夫が面会に
マ・ジュランの夫は「スインを陥れた全ての証拠を自分が握っている
一緒に力を合わせてマ・テサンに一泡吹かせてやろう」とスインを誘うが

なんと思っても見なかった復讐の機会!! スインの選択は~
8話
マ・ジュランの夫は「自分はマ・ジュランと離婚する
会社に返還させたドヒョンの株を一緒に取り戻そうと
証人も証拠も全部自分が用意する」と持ちかけるが
スインは拒否してしまう。

マ・ジュランの夫は裁判でスインに不利になるように偽証したのだから
あまり信用できませんね

一方マ・ジュランは離婚はどうしても回避しようと
「あなた、反省してる、帰ってきて~」
と夫にラブ・コールを…

自分がスキャンダルしでかした癖に調子いいですねー
ボクニョの消えた10房に
新しく911番キム・ヨンオクが入ってくる。

新たな波乱の予感が…
一方イムンと一緒に住む事になったボクニョ
自分の部屋まで用意してくれた事に感動を受ける。
そして其処にパンの先生のウソクが
イムンは自分の亡くなった娘婿だと紹介する。

ウソクは最初ボクニョがイムンのガールフレンドと聞き
囚人と一緒に暮らすなんてと反対していましたが
製パン技術の講座を通してボクニョの人柄を知って
最終的には承諾したみたいです

ビョルは自分に「お婆ちゃん」が出来たと嬉しそう。
早速、家の中を案内して回る。
新婚さながらのいい雰囲気のイムンとボクニョ

イムンはサムギョプサルをサニーレタスに包んでボクニョに食べさせています
そこにビョルにプレゼントを持ってジュヒが訪れるが
ビョルは「パパがジュヒ姉とは結婚しないよジュヒはパパのタイプじゃないって言ってた」
と言ってしまいジュヒは気を悪くして帰ってしまう。
これだから子供にいい加減な事はいえませんね~
何時まで経っても自分の方を向いてくれないウソクに
ジュヒは自分がどんなにウソクの事が好きかを涙ながら告白するが
「自分は亡くなった妻を忘れて一から恋愛を始める事はできない」と断ってしまう。

ジュヒはウソクに振り向いて貰おうと努力してはいるのだけど
ジュヒはウソクにとって重たい女になりつつあるようです

スインに断られたマ・ジュランの夫は会社のマ・テサンに会いに行き
株価操作の証拠書類は自分が握っていると脅迫する
マ・テサンと料亭で一杯やって夫の座に帰り着いたようです。
マ・テサンはマジュランの夫に「飴」即ち
シンファグループの総括本部長に昇進させたのだった。

この人ホント人を使うのが上手いですね
相変わらずも偽ドジンに見合いをさせているドジンは
ある日母親に見合いの現場を押さえられ全部ばれてしまう。
こっ酷く叱られるタク運転手とドジン。

その後の見合いは母親付きになってしまいました
製パン講座でウソクにスインはパンを本格的に学んでみたいと打ち明ける。
「資格を取り、パンに人生を懸けてみたい」と言う。
そんなスインにウソクはきっぱり「学ぶ資格が無い」と
なぜならスインがマ・テサンにパンを投げつけたからだ。
ウソクは「理由は何であれパン職人は作ったパンで人に危害を加えてはいけない
人を害そうと思ってるような人には教える事は出来ない」と言う。
でもスインは「独房に入れられた時、悔しくて悲しくて、死にたかった。
でも、先生が持ってきてくれた皆が作ったクロワッサンを見た時
皆の温かさを感じる事が出来た。不思議と自分は一人じゃ無いと感じ、心が満たされた。
自分では力不足かも知れないけど、人々にその温かさを伝えたい。
だから、教えて欲しい」と言った。
そんなスインにウソクは自分の住所を教えるからそこに反省文を書いて送れという
本当に反省してると感じられたら次の週から補習を行ってもいいと言う。
そしてスインは反省文を書く事になった。

でも反省文はともかく、何で先生の住所まで教える必要が有るんでしょうか~
ウソクの職場にスインの手紙(反省文)が送られてくる。

あ~なるほど職場の住所だったんですね
その手紙には
反省文を書けって言われても何を書いたらいいのか分からない
けど、先生が仰った通りに
自分の作ったパンで人に被害を与えるような製パン技術者にはなりません。
そして、誓って先生のように棘を含んだ小言の多い製パン技術者にもなりません。
と書いてあった。
その手紙を読んだウソクは思わず笑ってしまう。

職場でのウソクの満面の笑顔は凄く貴重みたいですよ~
何かいい事あったのか?と皆ビックリの様子です~

そしてスインの補習が始まるのであった。

ウソクはスインが気に入った様子ですね~
こうして二人の接点が急速に増えていきます~

努力が実り見事製パン技術資格を取得!!

頑張ったね、おめでとう!! スイン~
パン講座の最終日を迎えスインは感謝の印に
刑務所の片隅に咲いていた花ををプレゼントする

買って贈る事が出来ないから手作りなんです~
そして刑期が終わりスインとプングンそしてミオは無事出所する

やっと出られたね スインの未来は開けるのかな?

9話
無事に出所したスイン達次に会う日を決め別れ
スインはマ・テサンの家に向かう。

韓国では出所した時、生豆腐を食べるんです
2年ぶりの自分の部屋
荷物をまとめ自分は財閥の権力に頼らず
正々堂々と生きると決意して夫の実家と決別する。

思い起こされたのは夫の実家での召使同様の暮らし
スインの暮らしは幸せとは程遠いものでした
一方ボクニョはスイン達の出所の日に迎えに行く約束をするが
病に倒れてしまう。

イムンさんが甲斐甲斐しく世話をしてます~あわび粥を作ってあげたり…
ほのぼのして、ホント新婚さんみたいですね~

プングンは早速偽マ・ドジン本部長に連絡を取り
早速会う約束を取り付ける。

二人とも相手を金蔓だと思ってます~(笑)
スインは早速職業紹介所に行き仕事を探してみるが
スインが前科があると聞くや否や難色を示す。
そこで丁度パン屋の店長に出会い
「自分は偏見を持っていないからと
高い賃金ではないけれど」
との天の助けのような申し出が…
スインはあっさりと就職がきまってしまった。

やっぱり資格を持ってると良いみたいですね
しかも部屋付きというから願ったり叶ったりです

スインは早速その日から働き始め
プングンはチムジルパン
ミオはカンテンのいる孤児院とそれぞれの夜を過ごす。

チムジルパンは様々な温度のサウナ部屋のある銭湯なんです
お金の無い時はホテル代わりにもなります

ウソクは会社でジュヒとの付き合ってるとの噂が広がり
仕事仲間から「何時ククスを食べさせてくれるの?」との声が…

実は韓国では結婚のときククス(そうめん)を食べて祝うそうです
ジュヒはウソクの職場にコーヒーを配ったりして外堀を埋める作戦のようです

次の日スインは一生懸命働くが店長の見る目がなんか怪しい。
プングンは家探しをするがどれも家賃が高くて考試院(格安下宿)に
ミオはカンテンのいる孤児院で働く事にする。

店長のスインを見る目と態度が何か只の従業員に対するのとはちょっと違うようです
プングンの考試院ってもしかして偽マ・ドジン(タク運転手)と一緒の所ですか?

ドジンはサンへ流通の末娘ボギョンとの見合いをする。
ボギョンはドジンの事を気に入った様子
しかもミオとの事までも全て知っているという。

普通見合いで問題のありの人を選ぶ事は無いんですが…
ドジンの母、チャ夫人はかなり乗り気の様子です

スインはマ・テサンに呼び出されシンファグループに
チャ夫人に説得されたマ・テサンはスインに金を渡そうとするが
その金を拒絶し謝罪を要求し言い争いになり会社を飛び出してしまう。

スイン凄くカッコイイけど…これからの生活は大丈夫なの?
7話-9話感想
スインがやっと外に出られて良かったです
でもこれから前科者として偏見に立ち向かわざるを得なくなります
さてこれからどうなるでしょう?








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。