偽りの雫-あらすじ-5話-6話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-偽りの雫-あらすじ-3話-4話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンウォンとチワンの遭遇場面が面白くて笑えましたねぇ
衝撃的でユニークなストーリーの展開が、笑いを交えた味わいのある雰囲気を
醸し出し、晴れ晴れとした気分にさせてくれます。イケメンのチワンの活躍も
ワクワクで、想像をかきたてるよねぇ・・!(^^)!
しかし、ジョンウォンの姑ミソンの存在がことごとくややこしくさせ、
問題を抱えるばかり。
目を疑うような前代未聞の行動にも、衝撃的で呆れてしまうよね~

【偽りの雫】(ネタバレあり)

5話

ジョンウォンの義母グムスンが、腎臓の疾患を抱えている話を医者から聞く
ジョンウォンたち。
重大な病の内容に衝撃を受け、打ちのめされる思いだった。
移植手術の必要性について医者から説明を受け、早速ドナー探しに四苦八苦するが・・
そんなジョンウォンの姿に、ヨンフンは心が痛み、一緒に励まして背中を押す。
ヨンフンの気持ちがこの上なく嬉しく、感動するジョンウォン。

目の前が真っ暗になるような病名を聞かされ、ジョンウォンたちは唖然とするばかり、
涙を誘うよね~

ジョンウォンの姑ミソンは、ある日ギョンジュと会い、ヨンフンと結婚出来るよう仕向けて
欲しいと嘆願される。ミソンはギョンジュから、ある条件を提示され・・

腹黒いミソンはギョンジュの提案を受けるみたい??どう考えてもおかしいよねぇ!

父の話を聞いたチワンは、早速 法律相談と装い父の勤める会社に出向く。
その時、父とある若い男性が目に入る。自分に義理の弟がいる事を初めて知るチワン。
驚きショックを受ける。

父親のあり様を見るのに興味津々。あれれ。。義弟の存在が?!

父との打ち合わせをした後、帰りにエレベーターで偶然乗り合わせた義弟。
エレベーターが止まってしまい、義弟はパニックになる。
チワンは驚き、必死に彼に介抱をするべく手を差し伸べるのであった。

優しいチワン。一緒に乗り合わせたのも、なんか偶然というか運命というか
ちょっと考えてしまうよねぇ

母や秘書との連絡を絶っていたチワンは、漢江公園に1人佇み母に電話を入る。
父の話を聞いてからしばらく混乱し、心が晴れない状態が続いていることを話す。
しばらくして母が公園を訪れる。何故今ごろこの話を打ち明けたのか、チワンは
不思議に思い母に問いただすが、母は無言で、ただ涙するだけであった。

父は死んだと聞いていたのに・・なんで急に打ち明ける事になったのか、その理由が
知りたいんだよね。でも母は何も言わず・・

6話

ミソンはヨンフンの大事なお金を勝手に使ってしまう
あれこれ買い物をし、好き放題に思い切り費やし、何の罪悪感も持たない。
それは、ヨンフンが融資を受けた大事なお金だった
ジョンウォンは、意味も分からずミソンから八つ当たりされ、散々な思いをする。

ひどい親だねぇ、自己中もいいところ。年甲斐もなく図々しく買ってな振る舞いばかり
~息子の大切なお金なのに・・おまけにジョンウォンに癇癪を起すなんて、
怒りが心頭するよ。なんか勘違いしてそうだねぇ

ジョンウォンは保険勧誘の仕事中、客からセクハラに遭い、
いきなりその男性から追い回される。慌てて逃げ出し会社中を逃げ回り、
ある1つの部屋に駆け込む。
そこは奇遇にも、テヨングループの専務の部屋だった。

これまた偶然というか、専務と遭遇するなんてビックリのジョンウォン!

ジョンウォンは事情を説明し、帰ろうとした矢先、専務にある提案をされる。
専務は、会長から行方不明の娘ウネを探し出すのを命ぜられ、困り果てていた時だった。
ウネのモンタージュ写真が、ジョンウォンにそっくりな事から、
ピーンときた専務は、名案を思いつく。ちょうどグムスンの手術費用が必要だったことも
あってジョンウォンは、専務の提案を引き受ける事に・・

お互い意見の一致で軽く約束した感じのジョンウォンだよね、資金は必要だけど簡単に
約束してしまってこの先どうなるのかなぁ~

ある日、ギョンジュは、新しい道を切り開こうとケーキを準備しヨンフンの
気を惹こうとするが、あっさり断られてしまう。
満たされない思いに苦しむギョンジュ。

ギョンジュは、何としてでもヨンフンをスカウトしたいし、傍に置いておきたいみたい、
人形じゃないんだから、人の心なんと思っているんだろうね、最低の人間!

5-6話感想

チワンは思ってもみなかった父の話を母から聞かされ、戸惑い心がブルーになって
たよね。突然の事で、理解に苦しむチワンの気持ちが痛いほどわかり、ジーンと
きました。やりきれない思いが、心を打たれ悲哀を誘ったよね (*^^)v
義弟の存在も、まさに青天の霹靂かなぁ。。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。