別れが去った-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-別れが去った-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

別れが去った

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
産むと決めたヒョ。お腹の子の父親であるミンスもエコー写真を見たり、スチョルに「ヒョの事を待ってあげましょう」なんて説得したりするから、これは気持ちに変化が!?と思っていたのに・・。
ミンスは今でも中絶して欲しいと思っているのでしょうか?

今回は9話からお伝えしていきますね♪

【別れが去った】(ネタバレあり)

9話

ミンスに責任を取らせてもいいと話すヨンヒに「いいえ。彼にも選択権を与えたいんです」とミンスの気持ちを尊重したいと話すヒョ。
・・そしてヒョはお腹の子の胎児名を「誰が反対しても神様が選んでくれた大事な命だから・・ソミョン・・」と名付ける。
ソミョン・・いい名前ですね♪

翌日、家に帰宅するヨンヒとヒョ。
エレベーターに乗り込むとそこにはセヨンが貼ったであろう「ヨンヒが私の家族を崩壊させた!娘の父親を返せ!」という貼り紙をみつけ、とっさに隠すヨンヒ・・。
セヨンが攻撃を開始したようです!

一方、スチョルは病院に相談に来ていた。
どうやらヒョの母は「妊娠高血圧症候群」だったらしく、ヒョに遺伝しないか心配な様子。
だからこそ、出産に反対していたのだった・・。
医師は「奥さんが腎不全だったから心配でしょう。遺伝する確率は40%です。20週目以降に症状が出るので見守るしかありませんね」と・・。
それならそうと素直にヒョに話せばいいのに・・

出産することを決意したヒョは休学届けを出しに行くことに。
しかし大きな決断をするため、父スチョルに話さなければと考え、友人であるアインに「父に休学することを伝えて欲しい」と連絡をする。
その会話を聞いていた友人が噂を広め、大学中にヒョが妊娠したことが伝わってしまう・・しかも「遊びまわって妊娠した」というデマまで・・。
私がヒョの立場だったら、もう誰も信じられなくなるかもしれません・・

休学届けを出すため、ヨンヒに送られ、大学に来たヒョ・・しかし、妊娠の事がみんなに知られ、根も葉もない噂をされるヒョ。
アインは「こんなことになるなんて・・」と申し訳なさそうにするも、泣きながら大学を出て行くヒョ。

部屋にこもり、ずっと泣いているヒョ。
ヒョの状況を知ったヨンヒは「こうなったからには・・」と覚悟を決めた表情で化粧台の前に立つ・・。

10話

鏡の前に立ち、メイクをするヨンヒ。
近付いてきたヒョに「いい服を着て、友達に会いに行くのよ。避けずにぶつかりなさい」「ソミョンのために堂々とするのよ」と笑顔で話すヨンヒ。
ヨンヒがヒョを守るために、どんどん強くなっている気がします!

一方、ヒョの事を知ったミンスは「ヒョが悪く言われて傷つくのは嫌だ」と怒っている様子。ミンスはヒョがアイン含む友人たちに呼び出されていることを知り、待ち合わせ場所へ向かう。
ミンスはヒョのことを愛していることや大切さに気付いたようですね!

待ち合わせのカフェにオシャレをしたヨンヒとヒョがやってくる。
友人たちを前に「何を言うつもり?中絶しろと言うつもりなの?」と聞き「ミンスの母親だけど素直に話していいのよ」と話すヨンヒは、不安そうなヒョの手を握っていた。
ヒョはヨンヒがいてくれて、心強いことでしょうね♪

すると1人が「現実的に考えて、大学もあるのに無理です」と中絶を勧めるも「そうよね。でも大学に来にくくさせているのは誰かしら?あなたたち以外の人にもいったんでしょ?」と携帯を見せるよう話すヨンヒ。
どんどん攻めていきますね!

携帯を一気に隠し始める友人たち・・「あなたが妊娠して噂されたらどう思うの?妊娠した噂が広まっているのに産まなければ中絶したことになる。あなたたちがヒョを追い詰めたのよ!」と責めるヨンヒ。
するとヒョがやっと話し始める・・「みんな・・恐ろしいわ。友達なら最後まで言わないで欲しかった」と涙を流す。
友達に裏切られた気持ちですよね。こういう時にこそ、本当の友達が誰かわかるものです・・

その光景を見ていたミンスはヒョの前に現れ、肩に手を置き「これ以上、ヒョを苦しめるのか?お前らは忘れるだろうが、ヒョが一生苦しむと思わなかったのか?お前らの間違いを一生忘れるな・・反省しろ」と忠告する。
ミンスの態度が変わりすぎて、びっくりですww

その後、ミンスと話すヒョ。
「中絶すればみんな忘れて行く。気持ちは変わらないのか?」と話すミンスに「この程度じゃ揺れない。名前を決めたの“ソミョン”よ・・ソミョンを諦めることが出来ない」と大事そうにお腹をさするヒョ。
ヒョは愛しているが、中絶は諦めていないミンス・・

するとミンスは「父さんみたいになるのが怖いんだ。あんな人生は嫌だ」と本音を言う。
「あなたってどこまでも卑怯なのね。だったら逃げなさい」とヒョが話すも「逃げられないし、お前を諦められない」と譲らないミンス。
「私を諦められないなら、この子も受け入れるしかないわ」と話すも「産んで生活はどうする?貯金もないのに」と平行線のままの2人・・。
なかなかうまくいかないものですね・・

一方、ユヨンの父サンジンの事が気になったオクジャは、セヨンに直接話を聞くことに。
・・セヨンがCAで、機長のサンジンと一緒に働いていた頃、航空会社相手にパワハラやセクハラで訴訟を起こし、記者会見の準備を仲間として進めていた。
しかし家族を守るため、「記者会見を中止して欲しい」と土下座するサンジンを見て、かわいそうに思えたのが不倫の始まりだった様子。
オクジャもかつて愛人でセヨンを身ごもり、出産・・「母親と同じ人生を歩くなんて・・」と泣くオクジャ・・。
愛人として辛い人生だったオクジャ。自分と同じ道をセヨンが歩むかと思うと辛くてたまらないでしょうね・・

翌日、手料理を作り、サンジンの元を訪れるオクジャ。
「奥さんと離婚しないの?それとも出来ないの?」と詰め寄るオクジャに曖昧な返事をするサンジン。
「ユヨンに父親が必要だ」と話すオクジャに「子どものことは大事に思っています。たとえ、愛の結晶でなくても・・」とセヨンを愛しているわけではないとも取れる発言をして、オクジャを怒らせるサンジン。
サンジンは時に正直すぎます!そこが長所であり、短所ですねww

アインと会いに大学に来ていたスチョルは、ミンスと偶然会い、話をすることに。
ミンスはスチョルに母子手帳とエコー写真を見せ「ヒョは僕にとって大事な人です。もしヒョが子どもを諦めなかったら、父親になります」「中絶できる期間は残り1か月です。前みたいに幸せに笑っている時の2人に戻りたいんです」「おじさんが願うヒョの姿は僕の願いと一緒です。だから時間をください」と訴えるミンス・・。

別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~ 9話・10話 感想

友人がヒョのことを噂したり、心配しているようでしていない感じ・・本当に腹が立ちます。皮肉にもこういう時にこそ、本当の友達が見えてくるものですよね!アインはヒョのことを悪く言っていないし、他の友人たちにも注意をしてたし、本気でヒョのことを心配していると思います♪
そんな中、ヒョを守り、ヒョへの気持ちを再確認した様子のミンス。友人たちからミンスを守ったシーンはかっこよかったですね♪しかし、産むことには反対な様子・・ミンスが味方になり、応援してくれたらヒョも心強いだろうに。人生、そう簡単にはうまくいかないようですね・・!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください