別れが去った-あらすじ-最終回(28話)-結末は!?

韓国ドラマ-別れが去った-あらすじ-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

別れが去った

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ最終話です。
ヒョは妊娠高血圧症候群の辛さを乗り越え、無事にソミョンを出産することができるのでしょうか?そして、それぞれ自分の幸せを見つける事が出来たのでしょうか?

今回は28話をお伝えしていきますね♪

【別れが去った】(ネタバレあり)

28話

入院の準備をし、病室を訪れるスチョルとヒョ母。
そこで「ヒョが産まれた時のおくるみよ・・それから、これはへその緒」とヒョとの思い出の品を渡す母。そして「あなたは大人しくていい子だったわ。産まれて私の胸に抱かれた時、泣かずに声をあげる様子に“大人しいお姫様ね”って先生が言って笑ったら、あなたも笑ったの」「寝る前はぐずって大変だったわ。200日過ぎても、2~3時間おきに起きて本当に大変だったわ」と母とヒョだけが知る思い出を聞き、嬉しそうなヒョ。そんなヒョを見て幸せそうなミンス・・。
母親と子どもにしかない思い出ってあるんですよね♪その思い出があるから、きっと母親は頑張れるんだと思います!

帰宅したサンジンとセヨンに話をするオクジャ。
「海外で機長の仕事をしなさい。どう見ても夫婦としては成立しない。ユヨンは私と娘で見る」「戸籍上、父親になってもらえば、もう十分だろう?私もセヨンの母親としてやり残したことがある」「それがミンスの母親に対するお前たちの礼儀だ」と話す。
オクジャは誰にも辛い思いをしてほしくなかったんでしょうね・・

続けて「お前たちが2人でいれば、ミンスの母親もミンスも、そしてお前たちも忘れられない。だから、お前たちの縁はここまでにしろ」と真剣な表情で説得するオクジャ。

その夜、病室で川の字になって眠るヒョとミンスとヨンヒ。
ヨンヒは「ソミョンが私の娘を連れて来てくれて、私たちを家族にしてくれた。新しい人生を送る勇気をくれて、人を許す心をくれた。両親を理解できるようにしてくれたから、お父さんの娘としてまた生きることが出来る」と・・。
ヨンヒはこの数か月で変わりましたよね♪

ヒョは「ソミョンは私から憎しみを消して大人にしてくれたわ」と話す・・するとミンスが「お母さんは俺とヒョに感謝すべきだ。ソミョンの始まりはおれだろ?」と話始め「なにを言ってるの?」といつもの口喧嘩が始まるヨンヒとミンス。
そんな光景に笑いながら、互いに「ありがとう」と伝えあう。
家族だからこそ、感謝の気持ちを伝えられなかったりしますよね!

・・月日は流れ、ヒョは妊娠34週目。
相変わらず痛みに耐え、3週間たっていた・・しかしヒョは「もう少しだけ」と耐える。
そんなヒョに「もう産んでも大丈夫だから、意地を張らないで」と諭すもきかない・・しかし激痛が走り、より一層苦しむヒョ。
いよいよ出産の時が・・!

病院へ向かい、誘導分娩をし、ソミョンを出産することに。
・・セヨンにメールをするヨンヒ。検査の結果、セヨンの腎臓が適合した様で拒否反応も少ないとのこと。

分娩室で必死に出産を頑張るヒョ・・そんなヒョの手を握り、傍で見守るミンス。
分娩室の外では、スチョルやヨンヒが心配そうに待っていた・・セヨンやヒジンたちも病院へ向かっている様子。
かなり苦しんでいる様子のヒョ・・ミンスの表情が心配そうです・・

みんなが心配する中、なかなか産まれない様子に不安なスチョル。
たくさんの汗をかきながら、必死でいきみ、苦しむヒョ・・今にも泣きそうな顔で祈るように傍にいるミンス・・そして、その時、ソミョンのうぶ声が響き渡る・・。
産まれてきたソミョンを「かわいい」と見ながら、笑顔になるスチョルたち。
血圧が下がったヒョはセヨンの腎臓を移植することなく、回復する。
無事に産まれ、ヒョの腎臓も異常がなくて良かったです♪

5か月後・・。
ヒョの両親はソミョンの服を一緒に選んだり、幸せそう。
オクジョはソウルに引っ越し、セヨンとユヨンと楽しい思い出を作っている様子・・今日はサンジンも一緒に家族4人で遊びに出かけている。
ヒョは予備校に通いながら、ミンスとヨンヒと共にソミョンを育てている・・。

「うずくまっても涼しい風は吹き込みます」
「別れはあなたに新しい人生をくれる過程です」
「幸せがなかなか訪れないと思っていますか?大丈夫です・・その分、幸せが長くとどまるから・・」

別れが去った~マイ・プレシャス・ワン~ 28話 感想

妊娠高血圧症候群の苦しみに耐え抜き、ソミョンを出産したヒョ。傍で支えてくれたミンスやスチョル、ヨンヒ・・たくさんの人たちがいなかったらヒョはここまで耐えられなかったかもしれませんね!
ソミョンを通し、ヒョは母親への恨みが無くなり、ヨンヒは再び自分を取り戻し、ミンスは両親の呪縛から解放され、親の気持ちを理解するように・・スチョルは妻への後悔や未練を断ち切り、サンジンはサンジンなりのけじめをつけるために仕事をし、セヨンは劣等感から解放され・・。途中、泥沼すぎて誰も抜け出せない状況にハラハラしましたが、最後は自分らしく、それぞれが幸せな生活を送っており、希望を感じられるエンディングでした♪