前世の敵-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-前世の敵-あらすじ-22話-23話-24話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

前世の敵

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
エレベーターに閉じ込められたジソクはパニックを起こす。
8階で止まったままのエレベーターに気付いたゴヤ。
ジソクは大丈夫??

【前世の敵】ネタバレあり

第22話

ジソクをずっと励まし続けたゴヤ。
ジソクは叔父ジェウンの病院へと搬送される。

エレベータの前で、ジソクが呼吸困難にならないようずっと声掛けをしていたゴヤはジソクの命の恩人だった。

ジソクはエレベーターの扉が開いた瞬間、ゴヤに助けられ抱きしめられたことを思い出すと1人にやけてしまうのだった。

料理コンテストの2次試験の日。
ゴヤは会場へと急ぐ。

そこにいたのはジソクだった。
わざわざゴヤの為に、ゲン担ぎの飴を持って応援にやって来たのだった。

とってもいい感じのゴヤとジソクです(*´∀`*)

ゴボンはゴウンのお迎えにやって来る。
しかしゴウンは本気でゴボンが迎えに来ることを嫌がっていた。

あまりの嫌がりように、ゴボンは「もしかして??」と感づく。
「指輪の持ち主がいるのでは??」と教室の前まで行ってみると。

ゴウンのクラスの担任であることが判明!!

料理コンテストの2次試験は実技試験だった。
ゴヤは緊張して試験の始まりを待っていた。

審査員のオクジャはゴヤの姿を見つける。

試験の材料として使う予定だった小麦粉に虫が湧いていたことが明らかとなる。
そこで急きょ課題が変更。

用意された材料で、工夫創意されたデザートを作る事と。
そして。
見事にゴヤは2次試験を勝ち取るのだった。

ナラはテピョンから急に連絡が来る。
そして「今の家には帰るな、今から言う住所へと向かってくれ」との連絡が。

行ってみると豪邸が建っていた。
ナラは大喜びをしていると、その離れのみすぼらしい家に案内される。

どうやらそこがテピョンが契約した部屋のようであった。

第23話

2次試験に合格したゴヤは。
バイト先のカフェで待っていたサンドゥルと抱き合って喜ぶ。

合格の日の夜。
ジソクとの約束のレストランへと一足早く着いたゴヤ。

ジソクは母の思惑にまんまとはめられ、お見合いをする事に。
まさかお見合いだとは知らずに出向いたジソク。
ゴヤには少し遅れると連絡していた。

ジソクは見合いの場から、中々帰ることが出来なかった。
その頃ゴヤはずっとジソクが来るのを待っていた。

ジソクは今行かなければ後悔すると思い立ち、見合いの場から帰って来る。
そして待ち合わせのレストランへと向かう。

そこにゴヤの姿は無かった。
バイト先に向かったジソクは。

サンドイッチを片手に居眠りするゴヤを見つける。
思わずゴヤの顔を見つめるジソク。

出会いは最悪だった2人ですが、このところとってもいい感じですよね

テピョンに言われた住所に言ったナラは、みすぼらしい家を見てショックを受けていた。
そして自分が住んでいた家に向かうと、そこには大きなトラックが。
荷物が全て運び出されるところだった。

テピョンを捜している風の男性と女性。
ナラは嫌な胸騒ぎがするのだった。

第24話

ゴヤは目を覚ますと目の前にジソクがいることに驚く。
何も口にしていないゴヤとジソクは、2人でカップラーメンを食べるのだった。

ジソクはゴヤに聞く。
「なぜエレベーターの中で取り乱したのかを聞かないのか?」と。

ゴヤは答える。
「可哀想だったから。あなたの心の傷に触れてしまいそうだったから」と相手を思いやるゴヤの言葉に感動するジソク。

ゴヤの帰りを待っていたサンドゥル。
ジソクと会って食事したことを話すゴヤは。

「ジソクに対してはなぜか素直に気楽に話せる」と打ち明けるのだった。

家に帰って来たジソクも。
ゴヤとの事を思い出し、1人にやけて布団にくるまるのだった。

お互いにとって大切な存在へと変わってきているようですね(^▽^)/

ゴヤは朝食の時、母や妹、そして弟に料理コンテストの2次試験に合格したことを話す。
母ヤンスクはいつも冷たくゴヤにあたるのだが、この報告は心から喜んでいた。

オクジャの料理教室から配達のバイトを頼まれるゴヤ。
最上級のロブスターを買いにやって来たゴヤだったが、そこに現れたサラ。
同じロブスターを売って欲しいと言い争いになる。

サラは「息子が弁護士だから」と争いの途中にジソクに電話をかける。
その間にゴヤはロブスターを買って帰ってしまうのだった。

ゴヤは配達を終えるとジソクに電話。
お礼にお弁当を作って来たと言って一緒に食べることに。

食事を済ませていたジソクだが、ゴヤからの電話に飛んで行く。
ゴヤは自分の弟が病気であることを話す。
そのために調理法や美味しい料理を作ることが自分の夢だったと語るゴヤ。

そしてジソクに「苦しまないで欲しい。あなたも誰かの夢や希望だから」と、とても温かい言葉を投げ掛けるのだった。

第22話から第24話の感想

ジソクはかつて父親を交通事故で亡くしていました。
そのショックから、狭い中に閉じ込められることがトラウマとなり、恐怖で苦しむようになったようですね。
エレベーターの中に閉じ込められたジソクは。
呼吸困難に陥りますが、外からゴヤが一生懸命声掛けをしてジソクの命を助けるのでした。
ジソクは益々ゴヤの事が頭から離れなくなったようですね。
ジソクにとって命の恩人であるゴヤ。
ゴヤにとっても願書を出してくれた大切な存在の人ですよね。
お互い少しずつ距離が近づき、とてもいい感じですが(^▽^)/
ゴヤの人を思いやるその優しさに触れたジソクは、とても救われたようです。
この先2人の関係に、どんな進展があるのでしょうか(^▽^)/