前世の敵-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-前世の敵-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

前世の敵

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
「ジソクの事は本気で好きだが、付き合う気はない」とはっきり答えるゴヤ。
ジソクは戸惑うのでした・・・。

【前世の敵】ネタバレあり

第52話

「あなたはいい人だから付き合えません。釣り合う素敵な人と一緒になってください」とゴヤは自分にも辛い決断を下すのだった。

諦めきれないジソクはゴヤを追う。
「どうしたら心を開いてくれますか?」と問うジソクに、「その日は来ません」と言い去っていくゴヤだった。

ゴヤだって辛い決断です。でもジソクが素敵だから諦めようとしているんですよね

ジソクはそれでもゴヤに認めてもらおうと努力する。
もう1度チャンスが欲しいとゴヤに話すジソクは。
弟ゴウンの為に腎臓病にいいと言う食事を持ってゴヤを待っていたのだ。

ジソクはゴヤと一緒に歩んでいく決心をしたと話すのだった。
ゴヤはジソクを必死に忘れようとしていたのだが・・・。

ナラは友達からフラワーアレンジメントの講師を頼まれる。
その講義をする場所が、何とゴヤのいるWLグループだった。

ゴヤの母はジソクにお礼を言おうと事務所までやって来る。
惣菜をいくつか持ってやって来たゴヤの母。

その帰りトイレでジソクの母サラとまたもめごとになるゴヤの母。
激しくトイレで水をかけ合う2人は、ずぶ濡れになるのだった。

ゴヤの母が事務所に忘れて行ったバッグを届けに、ゴヤの会社までやって来るジソク。
そしてゴヤに「自分が言う付き合うは、負担を分かち合うことだ」という。
「自分も悪夢を見なくなった。だから一緒に自分の心の重荷も背負って欲しい」と話すジソクだった。

この様子をヘウンがすべて聞いていたのだ。

第53話

ゴヤは弁当箱を返そうとジソクの事務所へ行く途中だった。
弟に料理を作ってくれたジソク。
ジソクと2人でやって来たゲームセンターの前を通りがかると。

クレーンゲームを楽しんだあの日の事が蘇る。
そこに偶然、ジソクがやって来る。
そしてまたクレーンゲームを。

取れた人形は、ゴヤの願い事を叶える人形だと言う。

優しいジソクに出会う度、諦められなくなりそうなゴヤ

ジソクはゴヤの為にワカメスープを一生懸命作るのだった。
そしてバイク便で、クレーンゲームで取った人形と一緒に送るのだった。

ゴヤは自分の心に嘘をつき続けていることが辛かった。
今すぐにでもジソクに会いたい・・・。

思わず足がオクジャの料理教室へと向かっていた。
オクジャはゴヤが悩んでいることを知り、話を聞く。
ゴヤも正直に、ジソクへの想いをオクジャに伝えるのだった。

もちろんオクジャはゴヤの話す相手がジソクだとは知りませんが・・・

54話

オクジャはジソクの恋の悩みを聞いてやる。
「近づけば近づくほど遠ざかって行くんだ」というジソク。

母が好まない彼女の生い立ち。
それでも「悪夢を見なくなったのは彼女を好きになってからだ」と話すジソク。

ウンソクは学校行事の後打ち上げに。
もちろんウンソクのいるところには絶対に顔を出すゴボン。
打ち上げでウンソクの隣を狙うのだが、中々座ることが出来なかった。

そんなゴボンはまたいつものように酔っぱらってしまう。
ウンソクはゴボンを背負って家の前までやって来る。

酔っぱらってはウンソクの耳にかぶりつくゴボンです

ゴヤが家に帰って来ると何とジソクが座っていた。
気まずいゴヤは「帰って」と言う。

ゴヤは自分の家の暮らしぶりを見られ、ますますジソクとの差を感じるのだった。
終始冷たくジソクをあしらうゴヤ。

いったん家を出て、外で話をするゴヤとジソク。
ジソクはゴヤを諦めまいと努力していたのだが、ゴヤを苦しめているのだと知る。

「分かりました。消えます」と言って席を立つジソク。
そしてジソクが乗ったエレベーターが停電でストップしたと店員から聞かされ・・・。

ゴヤは外から話しかける。

第52話から第54話の感想

ゴヤもジソクも両想いでいながら、ゴヤはジソクと「付き合うことは出来ない」とはっきりお断りをするのですが。
もちろん、ゴヤの本心ではありません。
自分の背負っている家族や環境、生い立ち全てを考えているようです。
自分はジソクには釣り合わないと思っているゴヤ。
わざと突き放そうと努力するゴヤ、切ないです。
ジソクはゴヤと出会って、ゴヤを好きになってからは悪夢を見なくなったと言いますが。
そんなジソクがまたエレベーターの暗闇の中に閉じ込められてしまったのでしょうか。
父親を事故で亡くした過去の恐怖が蘇り、呼吸困難を引き起こすジソク。
ゴヤはジソクを心配し、エレベーターの扉に向かって必死に話しかけますね。
突き放そうとしたことも悔やまれるでしょう。
ジソク、無事なのでしょうか(≧∇≦)