力の強い女-トボンスン-あらすじ-15話-好視聴率のドラマをネタバレありで!

韓国ドラマ-力の強い女-トボンスン-あらすじ-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボンスンに力が戻ってきました。最強ボンスンに戻って良かったですね。
ミンヒョクのボンスンに対する気持ちは素敵です。自分の命を投げ出してもボンスンを守ろうとするミンヒョク。お金持ちで、イケメンで、長身で、優しい!こんな男性に愛されるボンスンが羨ましいです。
あとは気持ち悪い犯人ジャンヒョンを捕まえるだけです。

【力の強い女-トボンスン】ネタバレあり

【15話】

ボンスンに力が戻り、鎖を外したボンスン。
爆弾を空に放り投げます。
爆弾は空で爆発して花火になった。

避難した社員たちは花火を見て歓声をあげて喜ぶ。
その中にいたジャンヒョンは作戦が失敗したことを知った。

ボンスンの父はボンスンに早く帰って来いとメールをする。
ミンヒョクは、本当は今夜ボンスンと一緒に過ごしたかったが、しかたなくボンスンを家まで送っていく。

ボンスンはミンヒョクに生まれてきて今日が一番幸せな日だったと言う。

それぞれの家に帰った2人。
ミンヒョクはボンスン、ボンスンはミンヒョクのことを考えていて眠れない。

ボンスンがミンヒョクの家にやってきた。
ボンスンは会いたかったと言う。
ミンヒョクはボンスンにキスをする。

翌日から会社でもラブラブな2人。

ドンピョは昨日、避難するときに足を挟まれ病院で手当てをしてもらっていた。
松葉杖で歩くドンピョ。
反対側からペク・タクの子分グァンボクも松葉杖で現れた。
すれ違う2人。
振り返ってお互いの顔を確認した。
悲鳴をあげるドンピョ。
昔、離れ離れになった双子かもしれませんね~

ジャンヒョンは指名手配された。

グクドゥはボンスンから、力が戻って時限爆弾は自分が投げたと聞いた。
グクドゥはボンスンに、ミンヒョクはボンスンに時限爆弾が仕掛けられていることを知ってもその場から離れなかったのかと聞く。
うなずくボンスン。
とにかく無事で良かったとボンスンを抱きしめるグクドゥ。

それを見ていたゴン秘書。
ゴン秘書はミンヒョクにその様子を伝えてしまった。

ミンヒョクは怒り出す。
自分の彼女をどのように抱きしめていたかシュミレーションしろというミンヒョク。
ゴン秘書は自分がグクドゥ役で、ミンヒョクをボンスン役にたとえて、抱きしめていたところを再現する。
そこに入ってきたドンピョ。
ドンピョは2人が抱き合っているのを見て悲鳴をあげる。

ペク・タクの子分はペク・タクにインド人の僧侶とどこで知り合ったのか聞く。
ペク・タクは2年前に刺された時にインド人僧侶が気力回復セラピーをしてくれて、その時から彼のスポンサーになったと言う。
本当はインド人ではないのではないかと行く子分。

ボンスンの父は家出をした。

ドンピョはボンスンを呼ぶ。
宇宙人なら自分の星に帰れと言う。
宇宙人でもないのに地球を去ることなどできないと言うボンスン。
絶対にあなたの正体を暴いてやると言うドンピョ。
ボンスンは、今度はスプーンを曲げてドンピョの腕に付けてあげた。
箸とセットでとても可愛いと言うボンスン。
ドンピョは怒りで倒れてしまった。
世界に一つだけのブレスレットはお洒落ですよ

ミンヒョクはグクドゥに話があると電話をする。
グクドゥも話がしたかったと言う。

ボンスンに腹をたてていたミンヒョク。
ボンスンはミンヒョクにご飯を食べようと言う。
ミンヒョクはボンスンに怒ろうとしたが、ボンスンが急にキスをして、これからはミンミンと呼んでもいいかと聞くのでデレデレになってしまった。
グクドゥとハグしていたことはどうでもよくなってしまったミンヒョク。

グクドゥと酒を飲むミンヒョク。
グクドゥはミンヒョクにボンスンが好きなのかと聞く。
ミンヒョクは自分の女に手を出すなと言う。
ミンヒョクとグクドゥは掴み合いの喧嘩を始めそうになる。

そこにボンスンがやってきた。
大の男が喧嘩なんかして恥ずかしいと言うボンスン。
ボンスンはジャンヒョンを捕まえる相談をしたかったが今日はそんな雰囲気ではなさそうだから飲もうと言う。
ボンスンが飲もうとするのを止める2人。
結局男2人が酔っ払ってしまい、2人をかついで連れて帰るボンスン。

翌朝、目覚めたミンヒョクはボンスンが自分はベッドに、グクドゥはソファに寝かしたとわかり、気分がいい。
単純ですね~

ボンスンは2日酔いのスープを作りにやってきた。
ボンスンはミンヒョクとグクドゥにジャンヒョンを捕まえるのを手伝ってほしいと言う。
グクドゥはどうして俺たちだけでやるのかと聞く。
警察とは別な動きをしなければならないと言うボンスン。

ボンスンは、ジャンヒョンはまた自分を狙ってくるはずだと言う。
指名手配になっているから外国に逃げる可能性もあると言うグクドゥ。
偽のパスポートは作れないから密航するかもしれないと言う。
ミンヒョクはペク・タクに電話をして協力を頼む。

ボンスンは子分の高校生たちが書いているブログにジャンヒョンの顔を出すように指示をした。
親分からの初仕事だと張り切る高校生たち。
素直でかわいい高校生

ペク・タクの手下や高校生の働きでジャンヒョンの情報は全国に広がった。
警察にはジャンヒョンを目撃したと言う電話もかかってきた。

ジャンヒョンは闇の密売業者のところでライフルを手に入れた。
密売業者は知り合いにペク・タクが探している指名手配の男がライフルを買いにきたと連絡した。

ペク・タクはミンヒョクに、ジャンヒョンがライフルを買い、15日の貨物船に乗るとようだと伝えた。

グクドゥはジャンヒョンが銃で狙えそうな場所にボンスンを呼び寄せるはずだと言う。
ボンスンは反対に自分達が望む場所にジャンヒョンを呼び出さないといけないと言う。

グクドゥはもしジャンヒョンから連絡があったらジャンヒョンのプライドを傷つけるようなことを言えと言う。
その後に場所を指定すれば絶対に来るはずだと言うグクドゥ。

ボンスンの父が家出をしてしまったので、店で作るお菓子がまずいと返金を求める客が増えた。
ボンスンの母はそんな客にも強気で言い返していたが、ミンヒョクが来たとたん客に優しく接する母。

ミンヒョクはボンスンの母にお父さんは自分が連れ戻すから心配するなと言う。
ボンスンの母は、夫は家出をしたのではなく、自由を与えてあげたのだと言う。
ボンスンの母はミンヒョクに生年月日を教えてくれと言う。
ミンヒョクは母にボンスンとの相性を占ってももらうつもりかと聞く。
占ってもらったら結果を教えてくれと言うミンヒョク。
もし結果が悪かったら、いいと言う占い師をとことん探してくれと言う。
大喜びする母。
婿は決まった!

ジャンヒョンはボンスンに電話をする。
ジャンヒョンに私のような小柄な女性が怖くて逃げているのかと言うボンスン。
あなたなんか私の相手ではないと挑発するボンスン。
ボンスンは今夜、工事現場に来いと呼び出す。

工事現場に向かうボンスン。
ミンヒョクとグクドゥはボンスンを見張っている。

その時、別な建物の屋上にいたジャンヒョンはボンスンをライフルで狙っている。
ボンスンは撃たれた。

ジャンヒョンを追いかけるグクドゥ。
ジャンヒョンは仁川港に行くはずだとグクドゥに連絡をするミンヒョク。

仁川港に到着したジャンヒョン。
グクドゥはジャンヒョンを追いかける。
ミンヒョクはドローンを使って上空からジャンヒョンを探してグクドゥに居場所を教える。

逃げるジャンヒョンはコンテナにふさがれてしまった。
そこにコンテナの上からボンスンが現れた。
撃たれたはずだと言うジャンヒョン。
ボンスンは防弾チョッキを着ていたのだった。
やっぱりね~

ボンスンはジャンヒョンにクルミを投げる。
弾丸のように飛んでいくクルミが当たり苦しむジャンヒョン。
足を引きずりながら逃げるジャンヒョン。
ボンスンは檻の箱を投げつけ、ジャンヒョンをその中に閉じ込めた。

15話感想

やっと捕まりましたね~。良かったです。
わざと狙ってくれというような場所に1人で立つボンスンを見た時はどうするのだろうと思いましたが、防弾チョッキだったのですね。しかし、腕に当たったらどうするのでしょう。ドラマですからここはスルーしましょう。
最終回はハラハラもなく笑顔で見ることができそうです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。