危険な約束-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ウンドンはジフンに告白されました。
しかしウンドンは断るつもりのようです。
テインとジュニョクは教会を訪れましたが、 そこにはハン会長とドゥシムがいました。なぜかドゥシムは頭にはベールのが・・・
二人は一体何をしていたのでしょうか?

では、今回は43話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【危険な約束】ネタバレあり

スポンサーリンク

危険な約束 43話

ジュニョクはベールを付けた女性を確認したいと言った。そして女性を確認しに行った。それはドゥシムではなく、ウンドンだった。二人は刷り変わっていたのだ。

話をしていただけだったのね。

会長の弱みを握りにきたのね?とウンドンはジュニョクに言った。私を尾行するとは、お前の派閥の役員は全員降格させると会長は怒りジュニョクに言った。

テインに母を庇ってくれたお礼を言われウンドンはジフンの為だと言った。

テウンがヨングクを首にしたことで、ジュランはテウンの家に乗り込み、家を荒らした。
その時、ドゥシムをウンドンが一緒にいて助けてくれたことをイルソプはお礼を言った。そして、前にテインのことでウンドンにきつく言ったことを謝った。そして、ジフンと共に食事をする機会をくれたことにお礼を言った。

そういうことか。

ミョンヒは、テウンが以前ハン会長から会社を奪いソジュのものにするという話を持ち掛けた時の音声を録音していて、それをジュニョクに渡した。そして、自分達には被害が及ばないようにとジュニョクに言った。
ジュニョクは、テウンにその音声を聞かせ、出ていくのはどっちらかな?と脅した。

ミョンヒは、カン宅に向かっていた。
そして、4人が仲良さげに家から出てくる様子を車から見ていた・・・

ばれる?ばれない?どっち??

スポンサーリンク

危険な約束 44話

ウンドンは、ジフンが携帯を忘れているのを見つけた。そして、インターホンの音が聞こえたのでジフンと思い出ていこうとした。しかし入ってきたのはミョンヒだった。

ジフンと何をしていたの?カンの次はジフンを弄ぶ気とミョンヒは聞いた。ジフンにいつから興味を?会社を乗っ取ることしか頭にないのですね。今度きたら会長にいいます。とウンドンは言った。ジフンをものにして家に転がりこもうと?とミョンヒ。そうです。ウンドンを家に住まわせます。とジフン。

???

ソジュはこの女のせいで破談になったのに、あなたは何をしてるの?とミョンヒ。
僕の家族はウンドンとウンドンの父親です。とジフン。
カンの両親と食事をしていたけど、あの人達も家族なの?カンがあなたと会長にしようとしたことを知ってもあなたは受け止められるかしら?とミョンヒは言った。

カン夫婦は、ウンドンに感謝していた。
クビになったヨングクは、孫が産まれることだけを楽しみにして、おもちゃを沢山買って心待ちにしている様子だ。

テインが会長の側近でいられるのもこれまでだ。とジュニョクはそういって録音音声を会長に聞かせようとしていた。ソジュにウンドンは聞いた。カンを愛していなかったのか?愛していなくても、録音を聞けば奥様とセンター長にも影響が。と

それを聞いて、ソジュはミョンヒを止めたがミョンヒは、チャとジフンは結婚する気だからこのままでは自分達が追い出されると話した。
それから、ミョンヒはヘウォンを呼び出しウンドンが手術の順番を入れ替えたことを会長にばらすのを止めてと話した。

ジュニョクは会長に録音音声を聞かせた。テウンは話を聞いてくださいと言ったが、会長は怒りに震えた顔で部屋を出ていってしまう。

ウンドンは、自分を止めようとするヘウォンを連れて行き自分で会長に話すように言った。そして、会長が二人の前に現れた・・・

会長に理由を言わないのは、会長のショックを考えて?

スポンサーリンク

危険な約束 45話

ジュニョクは、部屋から出ていったハン会長を追いかけ、逃げたら録音音声を役員達に聞かせると言った。ハン会長は私を叩き潰すつもりなんだな。と言った。

ジュニョクは会長もカンも一緒に潰すつもりだとヘウォンに言った。

誰か、この人を止めて下さい。

会長は、信じていたテインに裏切られていたことにショックを受けていた。
ウンドンは、ショックで胸を痛そうにしている会長を家まで送り、音声はミョンヒが録音したものだと話した。ウンドンに機密書類をカン常務の机に忍ばさせたのはミョンヒだと、利用価値がなくなったからテウンを追い出す。ジフンも危ないとウンドンは話した。

二人の話をヘウォンが聞いていた。

ヘウォン自分も危機に晒されると焦ってる。

ジュニョクは会長の解任の件で役員を集めていた。
ジフンはジュニョクに会長がショックを受けた理由を聞いた。ジュニョクは録音音声を聞かせた。ジュニョクは憤慨し、持っているものを出せと言った。カンが誰と話しているのかを明かすんだと。母だとジフンは分かっていた。
ジフンは、テインに父に何かあったら許さないと言った。父には息子以上の存在だったのに、あんたは父を殺したと。

ジフンはそう思うよね。

テインは言った。会長を慕っていた。何でも従った。そんな会長の為に父の命が危険に晒された。父に渡るはずの心臓が会長に奪われたんだ。ジュニョク、オ教授、そして理事長お前の親族は投資を得るため父を殺そうとした。

改めて聞いても酷い話だね

そうテインが話していたところに、ヘウォンが入ってきた。

証拠は俺が握っている。とテインは言った。父はそんな人じゃないとジフン。俺も驚いた。しかし会長が知らないとは思えない状況だった。それで会長への復讐をきめた。あの音声は会長が一味だと思っていた時の音声だとテインは説明した。

ジフンかなりショックを受けてる

ジュニョクは誤解したまま会長の所へきて、会社を守る方法を教えましょうと言った。ジュニョクが余りにも勝手な条件を要求するので、会長は胸を抑えて倒れてしまう。

こうなってもジュニョクは、焦りもせずに見ているだけ。人間の皮を被った化け物ですね。

そこに、ミョンヒとソジュがやってきて会長を心配し救急車をすぐに呼んだ。

この二人はまだまともだわ。

テインは会長の病室を訪れた。会長は信じていたのになぜなんだと苦しそうに聞いた。テインは跪いて、信じて下さい、どんな罰でも受けます。と言い、ジュニョク、オ教授、理事長だけは私が生きている限り、絶対に許しません。と言った。

会長がショックを、受けるから言えないのか。

その様子を、イルソプは見ていたが病室には入らず帰っていった・・・

会長が倒れ、全てはジュニョクの要求通りになっていた。理事長は復職し、ミョンヒが筆頭株主となり、テインは失脚した。ジュニョクと理事長は浮かれていた。しかし、そう甘くはなかった。
テインがホン次官に賄賂を渡した件をマスコミにリークし、記者達が詰めかけていた。ソウル地検特捜部に理事長は贈賄罪で逮捕された。

テインは、ジュニョクに次はお前だと言った・・・

スポンサーリンク

危険な約束 43~45話感想

今回は、怒涛の展開でした。会長が録音音声を聞かされ、テインを信じられなくなり、ウンドンもテインも、移植手術の順番のことを会長には告げずに誤解は解けぬまま。言えば会長がショックを受けるからでしょうか?
言ってしまえば会長は分かってくれるかも知れないのにと個人的には、思ってしまいますが。
そして、ミョンヒとジュニョクの作戦は成功し、ミョンヒは筆頭株主になり、理事長は復職し、テインは失脚しました。なんてことでしょう。許せません。しかし、テインの復讐がここから始まりました。まずは、理事長を贈賄罪で逮捕させました。そして、テインはジュニョクに次はお前だと話すのでした。次回、テインはジュニョクを捕らえることができるのでしょうか?

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください