名前のない女-あらすじ-13話-14話-15話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-13話-14話-15話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名前のない女


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はソン・ヨリがユン・ソルと名前を変え、別人となりジウォン達への復讐をスタートをさせました。
ジウォンのほうも新人女優の女性をドチの彼女として仕込み、何か企んでいるようです。
ムヨルはヨリを追いかけ、肩の火傷の痕を見ますが・・痕は何もありませんでした。
まだヨリを別人だと信じていない様子のムヨルはどうするのでしょうか?
今回もどう展開していくか先が読めませんね!
ではさっそく13話から見ていきましょう。

【名前のない女】(ネタバレあり)

第13話

ヨリの肩に火傷の痕が無かったが、手術で消すこともできると考えたムヨルは、ヨリをしつこく自宅まで追いかけてくるのだった。
チキン店をしているマルニョン夫婦はヨリから連絡が入り、慌てて自宅に戻ってきてヨリを迎え入れるが、それでもムヨルはヨリが別人だと信じない。
警察に通報すると騒ぐムヨルを部屋に入れ、家族写真や卒業アルバムを見せユン・ソルだという事を証明した。
あまりにもヨリに似ていた為、我を失ってしまっていたと言い、ムヨルは諦めて家に帰って行くのだった。

偶然ジウォンの部屋に置いてあった携帯電話が鳴ったので電話に出たヘジュは、父ドヨンの愛人が妊娠したという事を知ってしまった。
ヘジュは愛人の部屋へ行き暴れていると、ジウォンがそこへやって来てヘジュを止め、「他にも男がいるのに会長の子供だとは限らないわ!」と言うが、愛人にエコー写真を渡された。
そして「息子を産んで会長の子であると証明してやるから!」と言い返されてしまう。
なんかこの愛人も胡散臭い感じがするんですけどね。

会長の愛人が妊娠したという情報を掴んだヨリ。
ドチを利用してウィドグループを奪おうとしているヨリにとっても会長の愛人の妊娠は困るのだ。
ヨリはその情報が確実なのか探ることにした。

ジウォンは愛人の件で有能な弁護士を探していた。
ドチの暴行罪を上手く解決したという弁護士を思い出し、その弁護士に会おうと考える。
いつもはドチを毛嫌いしているジウォンなのにこんな時だけ調子がいいです。
ヨリだとも知らずに・・。

ちょうど事件解決してくれたお礼として、これからヨリと食事に行くというドチと共に一緒にジウォンもレストランに向かうのだった。

第14話

ヨリがレストランに着くと、そこにはドチとジウォンがいた。
ジウォンがいることに動揺したヨリは、引き返し車に乗り込むと、ドチから電話がかかってきた。
体調が急に悪くなったと言い約束をキャンセルしたヨリに、ドチは「具合がよくなったらまた食事に行きましょう!」と誘う。
しかしヨリは、「もしまた偶然会うことがあれば、その時は運命だから食事しましょう」と答えるのだった。
ドタキャンしたヨリに対し、働き過ぎですよと心配するドチがすごく優しくて、ヨリは少し面食らったようでした。

その後、ジウォンの元に小包が届き、そこには「治療を続ければ妊娠できますか?」という愛人の声が録音されているレコーダーが入っていた。
ヨリもウィドグループを手に入れる為には、愛人の子供がいると困ると言っていましたもんね。
きっとマルニョンがジウォンにレコーダーを送ったのだと思います。

ジウォンはそのレコーダーを愛人に突きつけ土下座させる。
ジウォンは愛人の謝罪音声をドヨンに聞かせ、会社内で自分の力を持ちたいと保証を求めるのだった。

ドチは、両親との楽しかった時代を思い出させるチャップリンがとても好きだった。
ドチの元にチャップリン展のチラシが届き、イベント会場に1人で向かった。
その会場にヨリがいたのだった。
ドチは、これは運命に違いないと感じ、ヨリに声をかける。
ヨリはドチの心を掴むために、この運命の瞬間を演出したんですね!
ヨリは「この前のお詫びに友人のレストランに招待します」と言い、オリバーがシェフをするレストランに連れて来て、2人はチャップリンの話で盛り上がるのだった。
オリバーもヨリの辛い過去を知り、協力してくれているんですね。

ムヨルに自分の双子の子供である息子カヤと、娘マヤが学校で問題を起こしたと連絡が入る。
慌てて学校に駆けつけたムヨルの前に現れたのは、子供たちが喧嘩してケガをさせたという相手側の弁護士ユン・ソルだった。

第15話

またヨリにそっくりなソルに出会い、驚くムヨル。
「私がそんなに昔の恋人に似ていると言うなら、悪い人ではなさそうね」と言い、ムヨルの味方をすると名刺を差し出すヨリ。
偶然にも、ムヨルの子供たちを見たヨリは「自分の子供は死んだのに彼の子供は元気で、憎たらしいほど可愛い」とマルニョン夫婦に泣きながら話すのだった。
この偶然もほんとビックリですが!

弁護士のソルの事が気になって仕方ないムヨルは、彼女の自宅へ行く。
すると、ドチの車から降りて来たヨリに「君はいったい何者なんだ!」と問い、ドチとの関係も追及するのだった。
ドチの弁護をしたというヨリの言葉も信じようとしていないムヨル。
そんな無礼な態度に怒ったヨリは、ムヨルにこれからは加害者の親として対応すると宣言した。
ムヨルはやはりヨリにそっくりなソルの事が気になって仕方ないのですね。

ヘジュは子供たちの暴力問題の件で、相手側の出方が気に食わないようだ。
ムヨルは相手側の弁護士から、子供同士の謝罪で済ませたいと言われたので、自分が責任を持つとヘジュに話す。
しかし全く怒りがおさまらない様子のヘジュ。

ヨリはマヤと話をする機会を設けた。
喧嘩の原因は父親が乞食から王様になったと言われたからだとマヤが話す。
ヨリは「マヤがパパの為に謝ることはどう?」と提案すると、納得するマヤ。
そんな2人を見ていたムヨルは、自分は愛する人を捨て、自分の娘までも苦しめてるのかと嘆き、悲しむのだった。
ヘジュにはいつも責められ、財閥の婿になっても少しも幸せそうに見えないムヨル。

落ち込んだムヨルはヨリが歌うクラブに来て飲んでいた。
ふらふらに酔っ払ったムヨルを自宅まで連れて行ったヨリはインターホンを押し、そこに自分の姿を自ら映すのだった。

第13話~第15話の感想

ジウォンはドヨンの愛人問題のおかげで、ウィドグループ内での自分の位置を保証してもらえることになったので、更にこれから会社の事に口出ししてきそうです。
ドチは全て計算ずくだとは知らず、ヨリに運命を感じてしまったみたいですね。
本当にドチは真っすぐで優しくていい人そう。
そんなドチをヨリは利用していくことができるのでしょうか?
そしてヨリがとうとうク家に!!
インターホン越しに姿を映した瞬間、こちらまでゾッとしてしまいました!
この後ヨリがヘジュとジウォンに対してどう出るのかがとても気になります!