名前のない女-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名前のない女


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨリの罠だとも知らずに、ムヨルはすっかりヨリに夢中なようです。
自分の亡くなった恋人とそっくりな女性を好きになるってどんな気持ちなんでしょう。
ヘジュがこの事を知ったらどうなることか・・恐ろしい!!
今回ヨリはヘジュと対面するのか気になりますね。
ドチとヨリの関係も発展があるのでしょうか?
ではさっそく25話から見ていきましょう。

【名前のない女】(ネタバレあり)

第25話

とうとうドチはユン・ソルに愛の告白をしたのだった。
しかし彼女の反応は意外で「他の事で頭がいっぱい」と言われ拒絶されてしまう。
相思相愛だと思っていたのは勘違いだったのかとショックを受けるドチ。
それでもあきらめず、ユン・ソルの元へ食事に誘いに行くとそこにムヨルが現れ、「嫌がる女性にしつこくするのは失礼だ!」と間に入り、殴り合いの喧嘩になる。
ドチが帰り、ムヨルを心配するフリをするヨリ。
ムヨルは「ドチを振ったのは自分が理由なのでは?」と彼女を抱きしめる。
油断していたムヨルのワイシャツにヨリは真っ赤な口紅の跡を残した。

ジウォンは土地の売買の件を理由にマルリョンのチキン店を訪れていた。
そこでユン・ソルには幼いころ生き別れた双子の妹がいたと聞くジウォン。
ジウォンは信じられないが、ドヨンに話すと納得し、悪縁のあったヨリがマルリョンの娘だとバレては困るので今後一切ヨリのことを口に出すなと言う。
なるほど!ユン・ソルとヨリが双子だったとなると納得がいくし、ジウォンは手を出せないはずです。

夫のワイシャツに口紅がついているのを発見したヘジュは、浮気の証拠だとムヨルを責める。
ムヨルは飲み会でついたものだと説明し「朝からうんざりだ!」と言い捨てる。
完全にムヨルがヘジュへの気持ちがなくなっているようですね。

ユン・ソルに振られてもめげずにアタックし続けるドチ。
ヨリも根負けし、ドチの車に乗り会社まで送ってもらうと、そこにはムヨルが。
「君が他の男といるのは嫌だ」と言うムヨルに「私もあなたが他の女と一緒にいるのは嫌だわ」と調子を合わせるヨリ。
ヘジュはムヨルの母のエノクに、ヨリにそっくりな女を見たと聞き、その女のことをムヨルも知っていると聞く。
自分の事を病人扱いし、不倫をしているのかと会社に怒鳴り込みにきたヘジュ。

ムヨルとヨリは先延ばしになっていた2人の歓迎会をワインバーでする約束をしていた。
薄暗い店で先に来て待つヨリ。
そこにデート気分でやってきたムヨル。
2人はワインを飲みながらいい雰囲気になっていた。
ヨリが化粧室に行くとそこにヘジュが現れた。
「やっぱり生きていたのね」とヘジュはヨリに怒鳴る。
ヨリはヘジュを挑発し廊下に出ると、ヘジュはヨリの頬をひっぱたいた。
そこにムヨルが現れ、ヨリを庇いヘジュを責めるのだった。

第26話

夫が愛人をの肩をもったとヘジュが暴れ、ワインバーは修羅場となる。
ヨリはヘジュにブラウスを引きちぎられ、ムヨルが自分の上着を羽織らせ先に帰らせた。
外に出たヨリはその上着をゴミ箱に捨てる。

家に帰ったヘジュは「あの女は絶対ヨリだ!」と言い興奮し暴れている。
ジウォンはおとなしくさせる為、ムヨルを実家に泊まらせた。
「いつも母さんのせいで足を引っ張られてしまう」とエノクに当たり散らすムヨル。

ジウォンはヘジュに、ユン・ソルはヨリの双子かもしれないという事を話した。
「どっちにしろ復讐しにきたに違いないから、今ムヨルと離婚しては相手の思惑通りだ」とヘジュに言い聞かせるジウォン。
さすが鋭いジウォン!とうとう復讐というワードが浮かんだのですね。

ムヨルは我に返り自分の会社での地位を考え、ひとまずヘジュに豪華なパールのネックレスを贈りなだめようと考えた。
自分に尽くしてくれる夫を許そうと、お弁当を持ってムヨルのオフィスに来たヘジュ。
しかしヘジュの目に入ったのはユン・ソルの首に光る・・自分のものと同じパールのネックレスだった。

第27話

ヘジュは夫から贈られたものと同じネックレスをしているユンソルの元へ行き、彼女のネックレスを引きちぎり、さらに自分の物も引きちぎり失神してしまう。

ヘジュが目を覚ますと、家族みんなに囲まれていた。
「あの女にも同じネックレスを贈ったでしょ!」とムヨルに怒鳴るヘジュ。

全て計算通りのヨリは会長宅にやってきたのだった。
そして、ネックレスは自分で今朝買ったものだと言い証拠のレシートを見せた。

「ユン弁護士に謝りなさい!」とヘジュを怒鳴るドヨン。
ヨリに辞められたら困るのでドヨンは焦っています。
しかし強情なヘジュと、ヘジュを庇うジウォン。
ドヨンはそんな2人に「会社に私情を持ちこむなら2人とも株をとりあげるぞ!」と言い黙らせるのだった。

いまだユン・ソルを諦められないドチは両親のチキン店に行くと、自分が芸能人だということもありチキン店が大行列となる。
店を手伝い、お客さんにサインをするドチ。

その話を聞いたヨリはドチを呼び出し余計な事しないでと怒る。
さすがに落ち込んだドチはとぼとぼと歩いていると、駐車場で父親に怒鳴られ、車に閉じ込められ泣いている子供を見つける。
ドチは自分の過去のトラウマもあり、父親を責め殴りあいの喧嘩になる。
それを見ていたヨリはその父親に「行き過ぎたしつけは罪になるので、行政機関に連絡しますよ」と警告し、ドチの唇が切れているのを見つけハンカチを差し出す。

一方ユン・ソルがヨリだと確かめる方法がある!とヘジュが意気揚々と出かけて行った。
ヘジュは素直にヨリにネックレスの件を謝罪し、お詫びにランチをご馳走すると言う。

先に店についたヘジュは、ヨリが魚介アレルギーで食べられないものばかりを先に注文し、ユン・ソルの正体を暴こうとしていた。
しかし彼女は全てを綺麗に食べ、昼休みが終わるからと先に席を立った。
過去にヨリはエビを少し食べただけでも吐いてしまう事を知っているジウォンは、さすがに彼女はユン・ソルだと認め、まだ疑っているヘジュを叱るのだった。

そのレストランの上階ではちょうどドチがドラマの撮影をしていた。
下のレストランでユン・ソルが食事をしていると聞いたドチはハンカチを返しに行こうとする。
その時真っ赤な顔をしてトイレから出てくるユン・ソルを見つける。
体中に発疹ができ呼吸困難になり、気を失った彼女をドチが助け起こし、救急車を呼ぶのだった。

第25話~第27話の感想

とうとうヨリはヘジュと対面し、ヘジュが発狂しまくっていました。
ホントこのままだったら、ヘジュが壊れてしまいそうな感じがします。
ムヨルは自分に甘いというか、だらしないというか・・・かなりのクズ感全開です(笑)
それにしてもヨリは自分の正体を隠すために、アレルギーで危険なのにも関わらず魚介類をたくさん食べるなんて・・自分の体を犠牲にしてでも復讐を成し遂げたいのですね。
そこへ助けに現れたドチ。
まだこの2人は離れられない予感がします。
次回がどんな展開になるのか、気が気じゃないです!!