名前のない女-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-22話-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名前のない女


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
とうとうウィドグループの法務チームにヨリが入ることになりそうです。
それも皮肉なことにジウォンの後押しで・・
どうしても入社を阻止したかったムヨルはどうするのでしょうか?
ヨリがジウォンや、ヘジュと対面の時が来るのも時間の問題のようです。
では気になる22話を見ていきましょう♪

【名前のない女】(ネタバレあり)

22話

ドヨンはウィドグループの母体となるウィドファッションを売却しようとしていた。
前会長が力を入れていた事業であった為、ドチをけん制するためだった。
しかしドチを弟だと認めたこの時期では間が悪いと考え、表向きは事業を継続したまま、裏で売却の計画を進めていた。
その仕事を任されたのはムヨルだった。
ムヨルはこの計画が成功したら社長以上の報酬を約束されていた。
次こそチャンスを掴みたいムヨルは意欲を燃やすが、彼につけられた弁護士がユン・ソルだった。
ドヨンはユン・ソルという女を見て驚く。
ヨリがなぜユン・ソルなのかと現実を受け入れられず、身元を全て調べさせるが、ヨリとは全く別人だという報告を受けるドヨン。
ドヨンは、ムヨルがヨリとそっくりなユン・ソルとの浮気を疑い、ヨリとは別人だとしてもヘジュに知られたら大変だとユン・ソルの採用を保留すると言う。

ウィドグループリゾート開発では、土地の取得の交渉が難航していた。
一番手こずっていたのはマルリョンの保有している土地だった。

その頃ヨリは、娘婿の昔の恋人に似ているという理由での採用取り消しは納得いかないとし、不当解雇の救済申請を出すと言う。

リゾート開発にどうしてもマルリョンの土地が必要だと知ったドヨンは、マルリョンがユン・ソルの母親だと知り、ユン・ソルに家庭の事情で無関係の人を巻き込むところだったと謝罪し、採用することにした。
ドヨンは泣く泣くヨリを採用せざるを得なかったんですね。
マルリョンはただ偉そうにしてたわけじゃなくて(笑)、土地をたくさん持っているお金持ちだったんですね!

ユン・ソルを何度食事に誘っても断られていたジウォンは、どうしても自宅でランチをご馳走したいといい彼女を招待することにした。

ドヨンが自宅に大事な資料を忘れたと連絡が入り、会社まで資料を届けにきたジウォンはエレベーターの中でヨリを見て目を疑う。
ジウォンは早くヘジュに報告しなればと急いで家に戻るが、ヘジュは不在で玄関には黒いハイヒールが並んでいた。
ランチに招待したユン・ソルがもう着いていたので動揺を抑え、部屋に入るジウォン。
するとジウォンの目の前にはソファーに座っているヨリがいた。
「先ほどエレベーターでお会いした方ですね」と挨拶するヨリに、幽霊を見たかのように恐怖で声も出ないジウォンだった。

23話

どう見てもヨリにしか見えないユン・ソルを見て、驚きのあまり声もでないジウォンは、
冷静になろうと一旦自分の部屋に逃げ入った。
やはりヘジュの話は本当なのか・・ジウォンは確かめようと出てくるが、もうユン・ソルは帰った後だった。

ウィドグループの理事たちは、前会長が摘子であるドチを後継者にしたい意向を知っていた為、ドチに会社に入るよう説得に来る。
しかし唯一血のつながりのある兄との仲がこじれる事は避けたい為、経営には興味なく俳優業を続けると言うのだった。
ドチは兄に邪険に扱われながらも大事に思っているのですね。
本当は会社にも関わりたい気持ちがあるのだと思います。

ムヨルと同じ部屋に配属されたヨリはほとんどムヨルと行動を共にしていた。
草が生い茂っている荒れ地にヨリを連れてきたムヨル。
この場所をアジア隋一のリゾート施設にする為、ウィドファッションを売却した資金でリゾート事業を興すという、会長夫妻しか知らない計画をヨリに話すのだった。

ジウォンはドヨンにユン・ソルを解雇するように頼んでいる。
しかし、マルリョンの土地が必要な為聞き入れないドヨン。
ヨリだとまだ疑うなら自分で確かめろ!とジウォンにユン・ソルの住民登録証を投げつけるのだった。

ジウォンはヨリに、「本当にあなたがユン・ソルだと言い張るなら、本人である事を証明しなさい!」と言う。
ドチの女性問題、双子の暴行問題からのウィドグループへの志願と、経緯をきちんと説明するヨリにジウォンは反論できない。
戸籍や、両親の存在がわかっても、この女はヨリに違いないと自分の勘を絶対的に信じるジウォンは、ユン・ソルの化けの皮をはがそうと必死になる。

マルリョンとギドンが営むチキン店では、マルリョンがいきなり客に難癖をつけられ髪の毛を引き抜かれた。
2人は、不自然な客の行動に何か裏があるのでは?とジウォンを警戒するのだった。
ジウォンはマルリョンとヨリのDNA鑑定を企てていた。
韓国ドラマあるある!のDNA鑑定ですw

ヨリの髪の毛を抜こうとし、バイクで彼女を襲おうとした男を、隣にいたドチは捨て身で彼女を守るのだった。

24話

ヨリの無事を確認し安心するドチ。
2人が油断している間に男はヨリの帽子を奪って逃走していったのだった。

ドチはヨリと共に過ごす時間が楽しくて仕方がなかった。
「つらい時期がくれば希望が満ちる」
ドチはジュホからもらった絵を見ながらそう呟く。

ドチの優しさに揺れるヨリ。
好きになりそうな気持ちをぐっとこらえ、亡くした娘のボムの為、復讐に集中しようと自分に言い聞かせる。

元刑事だったギドンはジウォンの企みを察し、DNA鑑定の書類を差し替えることに成功した!
結果を見ても「鑑定書なんていくらでも偽造できる」と納得しないジウォン。
やはりDNA鑑定をしても信じないのなら、最初からしなければいいのにと思ってしまいますが(笑)

「なんとしてでも自分の手でユン・ソルを追い出す!」とジウォンは決心し、彼女のオフィスに入り、荷物を廊下にすべてぶちまけたのだった。
そこにドヨンが通りかかり、「会長夫人がこんな醜態をさらして恥ずかしい!」と怒鳴る。
しかしジウォンは「もし本当にユン・ソルがヨリと他人であっても彼女が嫌だ」とドヨンに訴えた。
大事な土地の売買がマルニョンの土地にかかっているから、ユン・ソルの解雇はやはり無理だと言い、ジウォンを黙らすドヨン。
どうしてもジウォンはユン・ソルがヨリにしか見えないようです。
財閥の奥様を気取っているわりには、行動がかなりハードですね。

ジウォンはユン・ソルの両親だというギドンとマルニョンを調べることにしたのだった。

ムヨルは何をしていてもユン・ソルの事ばかり考えていた。
もうすでにユン・ソルの事を好きでたまらなくなっていたのだった。

第22話~第24話の感想

ウィドグループに入り込んだヨリは、ムヨルの心をすでにわしづかみにしていますね!
ヘジュとの間にも溝ができているようなので計画は順調に進んでいます。
しかしドチにかなり惹かれているようです。
ドチもヨリが好きなようだし、本当のことを言って協力してもらえばいいのに・・と思ってしまいます。
ジウォンのユン・ソルの正体を明かすまで諦めないという心意気!かなりの執念感じますね!
次回はヘジュとヨリも出会うことになるのでしょうか?
どんどん本格的な復讐劇になってきた感じがします。
次回の展開も気になります!