名前のない女-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-名前のない女-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

名前のない女


ご訪問ありがとうございます!
クルミットです♪
前回も衝撃の展開に息を飲みました!
マヤがヨリの娘だったなんて!
ジウォンになぜかいつも冷たくされていたマヤが不憫でありませんでしたが、これでその理由がはっきりしましたね。
ヨリはまだその真実は知りませんが、この事を知ったとき更にヨリのジウォンへの復讐がヒートアップするのではないでしょうか!
ムヨルもマルリョン夫婦の罠にかかりピンチです。
ヨリとドチの2人の関係はこれからどうなるのかも気になります。
ではさっそく43話から見ていきましょう。

【名前のない女】(ネタバレあり)

第43話

ヨリはドチに全てを話した。
自分が探していたボムはムヨルとの子だということ。
自分はヨリの双子の姉ユン・ソルではなく、ヨリ本人だということ。
そして、最初の運命の出会いも全て自分が仕組んだということも…
「あなたになら通報されてもいい」とヨリはドチに言う。

ジウォンはマヤを連れて帰り、腰にある四つ葉のクローバー型のほくろ切除の手術を受けさせるのだった。
ユン・ソルにマヤがボムだと気づかれるのを防ぐ為に、そこまでするジウォンが怖すぎます。

自宅に戻ったドチはヨリに騙されていたことに怒り、おそろいの絵を壁から外そうとした時、絵の隅に

ヨリ

のサインがあるのを見つける。
その時自分を大事にしてくれていたジュホおじさんの娘がヨリだったのかと気づき、驚くドチ。

証拠不十分で警察から釈放されたムヨルは、ヘジュからマンションを取り上げられた母エノクとい妹ヨルメに、自分の名義の株を売るから安心するように言う
しかし自分の口座は凍結しており、借金のかたに株を担保にしたことを思い出し青ざめるのだった。
ムヨルは借金の返済日を守らなかった為、彼の株もマルリョンのものになり、彼女はウィドグループ第2位の大株主となる。
全てヨリの復讐だったとようやくわかったムヨル。
更にヘジュにも離婚届けを投げつけられ見捨てられるのだった。

第44話

ヨリにすがるしかないムヨルは彼女の元へ尋ね、振り払うヨリに力ずくで助けを求める。
そこにドチが現れ、ヨリを助け殴り合いになる2人。
すると警備員がやって来て、芸能人であるドチが逮捕されてしまう。
ヨリはムヨルにドチを助けてもらうため土下座をして頼むと、「示談に応じるには条件がある」と言い、ヨリに担保にした株を返してもらう約束をさせ、ドチが釈放される。

しかしムヨルの株はすでに預託され、マルリョンの手元にはなかった。
ヨリのもとに株がないとわかったムヨルは、ヘジュに電話をかけご機嫌を取ろうとするが、今更相手にもされないのだった。
ムヨル!ここ1番のサイテーっぷりが発揮されましたね。

ドチは「ウィドファッションの売却話は本当なのか?」と、ドヨンに問い詰めるとあっさりと認める。
更にキム弁護士が遺言状の件で隠し事をしていることを知り、不信を募らせるドチ。

その頃ムヨルは就職先を探すが、株価操作をしたウィドグループの婿だという事が世間に知れ渡っており、誰にも受け入れられない。
真面目に働こうとしても上手くいかず焦るムヨルは、ヨリの持っている株を取り戻そうと考え、恐喝するため録音ファイルを盗もうとし、ヨリの部屋に侵入するのだった。

第45話

ヨリの録音ファイルを盗み「30分以内に株を返さなければ、正体をジウォンにばらす」とヨリを脅すムヨル。
ムヨルは「面白い話が聞けるかもしれませんよ」とク家におしかけ、ジウォン達を集めヨリに電話をかける。
しかし逆にヨリからムヨルの裏取引の音声を流されてしまい、ウィドグループを乗っ取る計画が全てばらされてしまう。
ムヨルの悪だくみは何もやっても上手くいきませんね。

遺言状を偽造したことを知っているキム弁護士は、遺言状の原本を大事に保管していた。
ドヨンに原本を破棄するよう言われるが、自分の身を守るため拒絶するキム弁護士。
しかしドヨンは横領の事を持ち出して脅し、2人の間に溝が深まるのだった。

その頃ドチが車に乗り込み出かけると、後部座席にマヤが乗り込んでいた。
ドチは一旦マヤを自宅に送り届けにくると、護衛を従えたジウォンが出かけるのを目にする。
気になったドチはマヤを乗せたままジウォンを尾行する。
するとジウォンとキム弁護士にが会っているのを目撃し、ジウォンが帰った後マヤを車に残しキム弁護士に会う。
「本当の事を話してほしい」と懇願するドチに、キム弁護士は遺言状がドヨン夫婦によって偽造されていることと、自分が原本を持っている事を打ち明けるのだった。

ジウォンがキム弁護士に海外に移住するように頼んでも拒絶された為、護衛のものたちに彼をなんとしてでも連れてくるよう指示をする。
そしてドチと一緒にいたキム弁護士を護衛達が無理やり奪い車で逃走し、ドチが車ではねられてしまう。
護衛の車を追いかけてきてジウォンは倒れているドチを発見するが、自分の仕業だとばれることを恐れ、そのまま逃走する。

一方、マルリョン夫婦はボムの幼い時の写真を貼ったビラを、ソウル中にバラいてボムを探していた。
そのビラを偶然目にしたムヨルは、どうしてマヤの写真がビラになっているのか驚くのだった。

第43話~45話 感想

 
ヨリが自分の正体を全てドチに打ち明けました。
だまされていたドチは許せないでしょうが、ヨリが自分を可愛がってくれていたジュホおじさんの娘だったということもわかり、ムヨルからヨリを守っていたところを見るとやはりまだ好きなんだと思います。
しかしドチはジウォンのせいで車にはねられてしまい、無事なのかとても心配です。

今回はムヨルが奔走しては失敗を繰り返して、サイテー男を見事に演じていましたね。
何もかも失ったムヨルが目にしたビラにはマヤが…

とうとう次回はマヤがボムだという真実が明かされるのでしょうか!
次回の展開も目が離せなさそうですね。