名前のない女-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問ありがとうございます!
クルミットです♪

前回はとうとうマヤが実の娘のボムだと知ったヨリ。
親子再会の感動シーンも束の間、ムヨルとヘジュにマヤを奪い去られてしまいました。
ヨリはマヤを取り戻すことができるのでしょうか?
前回やられっぱなしだったジウォンの反撃にも注目して、さっそく第64話からみていきましょう♪

【名前のない女】(ネタバレあり)

第64話

ムヨル夫婦はマヤを楊平の別荘にひとまず連れてきて、管理人に口止めをする。

2人が、実母であるヨリを近づけない為にどうするかを話し合っていると、目覚めたマヤが、ドア越しに話を聞いてしまう。
ヘジュはマヤに真実を話し、今まで辛く当たったこと謝り、愛していると抱きしめる。

その頃、別荘にマヤを隠していると読んだドチは、ムヨル達の行方を追っていた。
楊平の別荘の管理人の様子がおかしいことから、そこにムヨル達がいると察したドチ。
しかし、居場所がバレたと勘付いたムヨルは一歩先に別荘を後にする。

ヨリはエノクに会い、「刑務所にマヤの髪の毛を送ってくれたのはあなたでしょ?」と問い、ヘジュがマヤに何をするかわからないと言い土下座をし、ムヨルと連絡を取ってほしいと懇願する。

そんな中、ヨリとマヤの親子鑑定が証明でき、マルリョン夫婦はジウォンへの告訴状を提出していた。

ムヨルの元に母親が倒れたという電話がかかり、マンションに慌てて戻ってくるとそこに待ち構えたドチに取り押さえられ、マヤの居場所を問い詰められる。
エノクがヨリのために一芝居打ってくれました。

なかなか口を割らないムヨルだったが、車のナビにより大韓ホテルにヘジュとマヤがいることがわかり向かう。

ヘジュはマヤに「中国で住んでいた時のように、また家族4人で楽しく暮らそう」と言い聞かせている。
すると、部屋のドアが開きドチとヨリが入って来た。
ヘジュはマヤに「一緒にカヤの所に行こう」と言うが、涙を浮かべたヨリを見たマヤはヘジュを通り過ぎ、ヨリに駆け寄り抱き着くのだった。

そんな中、ドヨンは記憶が取り戻されようとしていた。

第65話

マヤに選ばれることがなかったヘジュは「誘拐だ!」と騒ぐが、「捕まるのはあなたよ」とヨリは厳しく言い放ち、マヤとの親子鑑定書を見せる。
「母親が誘拐の罪で逮捕されてもいいのね!」とヨリが続けると、ヘジュはもう抵抗できずにいた。

ドヨンが会長室にやって来ると、慌てたジウォンは「何か思い出したの?」と恐る恐る聞くが、そうでないとわかりホッとする。
しかし、ドヨンは裏でキム秘書にジウォンを監視するように指示していた。
そしてドチにだけ記憶が戻りつつあることを話すのだった。
ドヨンは、自分の記憶が戻っていないとジウォンに信じこませて、事を進めるようです。

一方ようやくマヤを連れて帰ることができたヨリ。
「私がボムなの?」と聞くマヤに「今まで気づけなくてごめんなさい」と抱きしめる。

その頃ヘジュはマヤの部屋をめちゃくちゃにして、暴れていた。
こんなにヒステリックなヘジュを久しぶりに見ました。

ジウォンには警察から誘拐の件で事情聴取に来るよう連絡が来るが、「誘拐した証拠などない」と拒否をする。
ドチを追い詰めて、この場をしのごうと考えたジウォンは、横領の罪を着せようと思いつき、チャングの口座に5億ウォン振り込む。

チャングから大金が口座に入っていると聞いたドチは、犯罪の可能性があるかもしれないと、銀行にすぐ連絡をした。
ジウォンを監視していたキム秘書も、そのことをドヨンに報告しに向かうのだった。

第66話

ウィドグループの会長代行として、ジウォンは記者会見を開き、ドチの横領を告発している。
彼女が偽造した契約書や、チャングへの入金の証拠を見せ、検察に提出すると発表した。
しかしそこにいきなり現れるドヨン。
車椅子から立ち上がり、しっかりと歩いて会見の場までやってきた彼は、「ク・ドチの横領は事実無根だ」と表明した。
そして「私が解任するのは、虚偽事実を流布したホン・ジウォンです」と続ける。
記憶がないと信じていたジウォンは、ドヨンを見て言葉も出ない様子。
そんな彼女にドヨンは「このまま引き下がらないなら逮捕させる」と脅すのだった。

更にドヨンはジウォンを家から追い出すと言い、ジウォンはおとなしく家を出てホテルにむかう。
なんだか拍子抜けする展開ですが、このままジウォンが引き下がる訳がない気がします。

ジウォンがいなくなり、束の間の幸せな時間を過ごすドチとヨリ。
しかしその時ヨリの元にジウォンから電話があり、ホテルに来て欲しいと言われる。
警戒しながら部屋に入ったヨリが見たのは、睡眠薬を飲んで倒れているジウォンだった。

第64話~第66話

なんとかマヤを取り戻せたヨリ。
2人が抱き合う姿には涙が止りませんでした。
もう二度と離れて欲しくないですね!

ジウォンがドチを罠にかけようとしましたが、それを救ったのがドヨンで、かなり今回スッキリしました!
ジウォンはあっけなく追い出されましたが、このまま終わる訳ないと思っていたらまさかの自殺?
このまま死ぬ事はないと思うので自殺未遂だとは思いますが、ここへ来てドヨンの情に訴えて家に戻る作戦なのでしょうか?
そうだったら意外とアナログ(笑)
だけど、命かけています!ジウォン!
次回はジウォンが復活するのでしょうか?
気になります!!!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください