君のハートを捕まえろ!-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレでありで!


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

地下鉄でスリ行為を繰り返す「バッタ団」を追ううちに事件が起こる。
地下鉄構内でパン屋を営む店主の息子が誘拐されてしまったのだ。
行方不明になった息子と自分の妹の行方不明事件が重なりユ・リョンはすべて私のせいだと
泣き崩れてしまう。
その様子を見ていたジソクは、何かを感じる。

【君のハートを捕まえろ!】(ネタバレあり)

君のハートを捕まえろ!10話

地下鉄連続殺人事件の新たな被害者が今まさに殺されようとしていた。
肩が常に動くチックを持っている男性が犯人だ。
ユ・リョンとジソクは、その犯人を追い詰めようとしていた。

その場所を見つけムンソン駅に駆け付けると意識を失っている女性が横たわっていた。
犯人はすでにその場にはいない、最終電車に乗って逃亡していた。
もうちょっとの所で逮捕に繋がったのに・・
ムン・グニョンさんは悲しいときに眉毛がハの字になって可愛いです

その時は犯人を逃してしまったが、捜査を重ねるうちに地図にも載っていない線路がある事が分かる。
ジソクと2人でその線路に行くと、そこには女性たちの財布が隠されていた。
殺人のターゲットを絞る為に盗んだのではないかとジソクは言う。

「やつのアジトだ」

そこに戻ってきた犯人、
2人は全く気づいていない。
妹の財布はないかと必死に探すユ・リョンだったが財布は見つからなかった。
その代わりに、壁に貼られた妹の写真が見つかる。
目を閉じている写真だった。
泣き崩れるユ・リョン。自分のせいだ、自分が妹と離れたいと思ってしまったから。
そう、自分を責めていた。

犯人逮捕の為とはいえ、自由に動き回ってしまった二人には、厳罰が待っていた。
ジソクは停職、ユ・リョンは減俸3ヵ月と決まった。
復活してもその場所に戻れるとは限らない、でも諦めたくないと思うジソクだった。

君のハートを捕まえろ! 11話

警察では地下鉄連続殺人事件の被害者の写真が貼られていた。
そこには犯人のアジトで見つけた妹の写真も貼ってあった。
何も言わずにその写真を見るユ・リョン。
妹は本当に被害にあってしまったのだろうか。
あの時自分が見放さなければと、どうしてもその考えを切り離す事が出来ない。

ジソクは広域警察のマリに「あまりにも酷すぎるじゃないか」と抗議をすると
妹を置き去りにして一人で電車を降りるユ・リョンの姿がパソコンに写っていた。

「同情する必要なんかない、これが実情なのだから」というマリにジソクは言う。
新人(ユ・リョン)は10歳から妹と2人で生きてきた。
大人でも辛い状況で発作的にこういう気持ちになるのは
当たり前の事だとユ・リョンをかばう。
それを聞いていたユ・リョンは、ジソクに感謝するとともに心から信頼する存在へと
変わっていくのが分かった。
この後に二人でバイクに乗るシーンは素敵でした♪

バッタ団をもう少しで逮捕できる所まで来ていた。
あと一歩なのに、その一歩がなかなか届かない。
バッタ団と地下鉄連連続殺人事件って関係あるのかな。二つの事件が同時進行?

バッタ団は、奪ったお金を持ち逃走していたが仲間割れをしてしまう。
その隙にジソクが乗り込みバッタ団の逮捕に成功するのだった。

君のハートを捕まえろ!12話

停職中だったのにユ・リョンを放っておくことが出来ずに
バッタ団の逮捕に参加してしまったジソク。
元彼女の広域警察のマリは納得がいかなかった。
嫉妬もあったが、ジソクを変えたユ・リョンをうらやましく思っていたのかもしれない。

自分と別れた時は、母親の介護を理由に広域警察への移動を断りそのまま去った。
それがどうして今頃、それはユ・リョンと出会ったからだとジソクは言う。

バッタ団を捕まえることはできたが、「地下鉄の幽霊」と呼ばれている連続殺人事件の犯人を
逃してしまう。
名前はハン・テウン31歳だった。
地下鉄の幽霊に殺されかけていた元地下鉄警察隊の
チェ・ミラが亡くなったと連絡が入る。
これでまた被害者が増えた。
一体なぜ地下鉄の幽霊は殺人を繰り返すのか。
妹の事を思うとユ・リョンは言葉を失ってしまう。

ジソクは、それでも変わりなく認知症の母親のお見舞いに
ほぼ毎日通っている。
息子と認識されずに「恋人」のような立場になっているのだが
母親の事を思いその役を演じている優しいジソクだった。
この変装している時のジソクがヨン様に似ていると思うのは私だけでしょうか・・

ハン・テウンという名の「地下鉄の幽霊」は姿を見せない。
どんなに追い詰めてもするりと逃げてしまう。
ただ、偽装パスポートを作って海外逃亡するのではないかという
情報を手に入れてその店に急ぐ。
そこで店主がハン・テウンと会う約束をしているという情報を
手に入れてジソクとユ・リョンは待ち合わせ場所に向かうのだった。

きみのハートを捕まえろ!10話・11話・12話

ジソクとユ・リョンの距離が縮まりそうで縮まらなーい。
お互い好き同士というのはドラマを観ていて分かるのですが、もどかしい(笑)
ユ・リョンの妹さんの事もすごく気になるし、同じ事件を1話からずっと追っているから
だんだんと犯人が分かってきたりして、この先どうなるのかラブの方もサスペンスの方も
気になります。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください