君を守る恋 Who are you?-あらすじ-10話-11話-12話の感想とあらすじネタバレあり!

韓国ドラマ-君を守る恋 Who are you?-あらすじ-10話-11話-12話
人物相関図-キャスト&登場人物-評価&感想など、最終回までネタバレありで全話配信します!

君を守る恋.jpg
2PMテギョン初の主演作ドラマ!韓国版のゴーストの呼び声もある甘く切ないラブドラマです!
(原題「Who Are You?」)



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回まででやっとヒョンジュンとのことを思い出したシオンでしたね
何度も出てくる2人の回想シーンにたまに泣きそうになっちゃいます
にしてもヒョンジュンさん優しい…
ヒョンジュン役のジェウクさんは、コーヒープリンス1号店などにも
出演されていて、優しいイメージが定着しているのかしら?
他の作品もぜひチェックしたいです♪
それでは今回も早速見ていきましょう!
【君を守る恋 Who are you?】(ネタバレあり)
10話
ヒョンジュンと二人で写った写真を見て、
2人は恋人同士だったと思い出したシオン。
涙ながらに今まで思い出せなかったことを謝る。
ヒョンジュンも涙ぐむ。
そして6年前、2人が何をしていたのかを思い出した。
ムンシクと張り込みをする、ヒョンジュン。
今日はシオンにプロポーズをすると張り切っている。
しおんと会うヒョンジュン。嫌がるペアルックをすすめられ、
それがヒョンジュンが来ている青いTシャツだった。
そしてその時来ていた防弾チョッキを脱いでしまっていた。
結婚しようとシオンにプロポーズするヒョンジュン。
シオンが返事をする前にムンシクに呼び出されたため、そのまま戻っていくヒョンジュン。
しかし船からの合図を見て、中に入っていってしまうヒョンジュン。
銀の密売を見て逃げるヒョンジュンに銃口を向けたのは、ムンシクだった。

あそこで防弾チョッキ脱がなければ、いまも生きていたはずなのに~!
シオンじゃないけど、自分のせいだと思うと悔しいですよね


全てを思い出したシオン。
携帯のデータを取り出そうと、ゴヌの紹介でハッカーに依頼。
データを取り戻せたものの、その情報は誰かに奪われてしまう。
シオンは、ムンシクを疑い、ムンシクもそれに感づいたようだ。
ムンシクはシオンを呼び出した。

ムンシクの素性が明らかになってきました!怪しいと思ってたんだよね~

ゴヌはハッカーから携帯の中身で残されていたメモを受け取り、
その中にムンシクの電話番号があることに気づく。
シオンがムンシクを怪しいと言っていたのを思い出したゴヌは、
2人を探すが見当たらない。何かあったに違いないと焦る。
その時、ヒョンジュンが2人の居場所をPCで伝え、ゴヌは貯水湖に向かうのだった。

そうやって意思疎通が取れるならシオンにもやっちゃえば良かったのにとか思った(笑)


貯水湖にムンシクというシオン。
ムンシクはヒョンジュンを撃ったのが自分だと自白する。
銃を構え合う一触即発の事態だったが、
ゴヌが駆けつけ、ムンシクはそのまま山奥へ逃亡した。
尊敬するムンシクがヒョンジュンを撃った犯人だとわかったゴヌは
ショックを隠しきれないでいた。
11話
貯水湖で銃を向け合うシオンとムンシク。
ゴヌが駆けつけ、ムンシクは逃げていった。
ヒョンジュンを撃ったのはムンシクで、それを知っていたの
言わなかったシオンにもショックを受けるゴヌ。
シオンが録音していた音声で、ヒョンジュンの事件は再捜査されることに。
ムンシクは身を隠し、出国を待っていた。

ショックを受けるゴヌ、そりゃそうですよね、父親同然だったもん

ムンシクを信頼していたゴヌは、混乱して一人でやけ酒をしていた。
そこへシオンが来て、慰める。
ゴヌはムンシクに会うべく居場所を探すが、タイミングがあわず会えない。
シオンがいると酔っ払ったゴヌが監視カメラに写るのがわかった。
家の中に入れてやるとソファに倒れこみ、
ムンシクへの気持ちを呟くゴヌ。
切なくなるシオンだった。

酔っ払って家まで来る後輩なんてかわいいです♪ゴヌだから許されますね

隠れていたムンシクはあの時のことを思い出していた。
防弾チョッキを着ていると思ったので、
なぜ着ていなかったのかと、撃ったことを悔やんでいた。
ヒョンジュンもその場で立ち尽くし、ムンシクをじっと見ていた。

ヒョンジュンもゴヌと同じように慕っていたようですので、ショックだったでしょうね

ある知らない番号からシオンとゴヌに電話があった。ムンシクと感づく。
電話先の公衆電話にたどり着き、その近くの建物に入るが、
そこでムンシクの仲間に襲われる。
ムンシクは2人が襲われていることを知り、出国を諦めて駆けつけた。
2人を助けたムンシクだったが、仲間に刺されてしまうのだった。
12話
刺されたムンシクは救急車で運ばれるものの、亡くなってしまう。
その時、ムンシクが持っていた財布をゴヌに渡そうとしていた。
尊敬するムンシクを亡くし、落ち込むゴヌ。
シオンはムンシクの財布をゴヌに渡した。
事件は解決したかのように思われていたが、
まだ黒幕がいると考えるシオン。
しかし上司のムン局長に、これ以上関わるなと釘を刺される。
しばらく経ってもふさぎ込んでしまっているゴヌは出勤をしてこない。
シオンが家に行ってなだめようとするも、
家からは出てこないゴヌだった。

2人目の父親も亡くしてしまったような気持ちなのでしょうね
シオンの元に、ムンシクの携帯の履歴が送られてくる。
知らない番号を確認すると、質屋だった。
そこにいっても、質札がないとものは渡せないと言われ、
追い返される。
ヒョンジュンはヒビンと話していた。
もう天国へ行きなさいと勧められるが、シオンが安全になるまでは
置いていけないというヒョンジュン。
シオンへの想いを断ち切れていないということを言われ、図星だった。
しかし、シオンの人生も考えてあげて、といわれ、悩むのであった。

世界が違う2人はもうどうにもできないのでしょうか。切ないヒョンジュンの表情が何とも言えない
ゴヌは元通りになり、シオンと共にムンシクを殺したやつらを捕まえることに。
シオンはムンシクから貰った財布に質札が入っていたことを知り質屋に向かう。
しかしさっききたフードをかぶった男に渡したといわれ、ゴヌは追いかける。
シオンは残されたカギのみを受け取った。
質屋に入れられていた携帯を男から取り返すゴヌだったが、
またそれを奪われてしまう。その時、中身のカードを抜き取っていたので、
中身の解析をハッカーに依頼する。

頑張れハッカー!(笑)頼りにしているぞ
帰るシオンとゴヌ。
どうして車に乗らないのかとシオンに聞くと、
両親を交通事故で亡くしているからということだった。
しかしヒョンジュンのおかげで免許は取れたのだと。
ゴヌはこれから自分がシオンの運転手になると告げるのだった。

ヒョンジュンと聞いた瞬間顔が曇るゴヌは素直ですね
ハッカーによってパクイルトゥという人が関係していると分かった。
ゴヌがシオンに連絡すると、そのイルトゥはシオンを連れ去っていた。
シオンを返す代わりに、カードをコピーせず渡せという。
そしてその時、ハッカーが解読したカードの中身を見ると、
シオンの上司のムン局長の名前があることに気づいたゴヌだった。
10話-12話の感想
今回は事件が大きく動きましたね!
本当の黒幕が出てきました。
でも一筋縄では行かなそうですね~
何をやってもなんだかんだ邪魔が入る!!
それがドラマのいいところなんですがね~
わたし的には、もう少しシオンとゴヌの関係が
発展してくれないかな~と思っていますが、
まだヒョンジュンとのことが色濃く残っています。
これは事件を解決しないことには2人も前には進まないのかな~
次回をお楽しみに!