君を愛した時間-あらすじ-5話-6話-感想つきでネタバレありで!

韓国ドラマ-君を愛した時間-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

君を愛した時間.jpg
ハ・ジウォン主演、原作は台湾ドラマ「たぶん私は君を愛していない」。
たどれば、日本の漫画「イタズラなkiss」がもととなる。
ハ・ジウォン演じるアラサーのキャリアウーマン、34歳の誕生日を迎えた朝からスタートするラブコメディー。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
イケメン年下のソンジェ君にときめいたハナでしたが、ソンジェはお金が必要、そのため社員になりたくてハナに近づいた事がわかってしまい・・・ショックを受けるハナでした。
一方ウォンとホテルで飲み明かし一夜を過ごしたハナ、お互いを少し意識してしまいます。
今日はハナとウォンの距離・・・縮まるのでしょうか(*´∀`*)
【君を愛した時間】(ネタバレあり)
第5話「過去の傷」
ハナのギプスの外れたお祝いにビールを買って迎えに来たウォン。
遠くからハナの家を見つめる男性・・・ハナの元彼、ピアニストのソフである。
ウォンはハナに気付かせないよう、反対方向へ手を引き連れていく。
店に着いた二人、友人が破談になったと言う話をする。
ウォンはつい先程の、ハナを見つめるソフを思い出しハナに聞く。
「別れた男とやり直せるか?」と。
「別れた理由より、愛の深さが大事だ」と応えるハナ。
そこにソウンからのデートの誘いのメールがウォンにやって来た。
ウォンはメールには見向きもせず、ハナをひたすら誘います!いい感じ(^▽^)/
週末サイクリングのハナとウォン。
そこにやって来たソウン、お弁当をもってやって来る。
ソウンはウォンに気があるオーラ満開でハナにアピールする。
ウォンの職場に訪ねてくるソフ。
ハナと友達のままかを確認するソフ、ハナの心を乱すなとウォン。
ハナの職場に届いた大きなピンクのウサギのぬいぐるみ。
ウォンはハナに「送り主もわからない物を持ち帰るな!」と言うが持って帰ると言うハナ。
ソフからのプレゼントだって知ってるウォン、ハナに持ち帰ってほしくない気持ちでいっぱいです!
ソフはハナの職場へやって来る。
演奏会に必要な靴と衣裳の相談に乗ってほしいと連れ出そうとするソフ。
「会いたかった、なぜウサギを贈ったか思い出せ」と言葉を残して帰って行くソフだった。
ハナはウォンにソフが戻った事、ウサギはソフからの贈り物だったことを話す。
「あいつはダメだ」と反対するウォン。
三年前、ソフがハナの約束を断って他の女性といるところを見たウォンは今回もハナを心配する。
ハナの元にソフから花とメッセージが届く。
「今夜話があるから待ってろ」と。
同じ頃、ウォンからの誘いの映画を7時に約束するハナ。ソフからの伝言も気になって仕方がない。
結局映画には行かず、ソフを待ち続けるハナ。
ウォンはハナの手を引いて帰って来ると、そこにはソフが。
ソフに向かって「うせろ、この野郎」と暴言を吐くウォンだった・・・。
第6話「気持ち」
「待たせてごめん」と言うソフ。
「2度と来ないで」とハナ、ウォンと二人家の中へと入っていく。
二人の背中を見送るソフはなんだか寂しそうです( ;∀;)
部屋の中のウサギを見たくないとウォンに言うハナだった。
ハナを元気づけようとウォンは朝からランニングにハナを誘い運動する。
今日から始まる新事業に燃えるがふとした瞬間、ソフの事が頭をよぎるハナだった。
ハナの家の前にやって来たソフは「出てこい」といつも自分勝手な言葉でハナを惑わす。
その頃ハナはウォンと居酒屋へ。
ウォンに「私の許可なしに付き合わないでね」と言うハナ。
全く返答のないハナに「明日会おう」とメールし帰るソフだった。
翌日、ソウンを使ってハナを呼び出すソフ。
「君は僕の人生で何より必要な存在、ハナとやり直したいだから戻った」と言うソフ。
いつだって勝手、強引なソフです
その頃ウォンはソウンから、ハナがソフと一緒に居ることを聞き血相を変える。
ハナを探しにやってきたウォン。
ウォンのハナを探す声を聞き、ソフの元から去るハナに「君はわかってない」と言うソフ。
ソフの所へ走って来たウォン。
ソフは「僕を止める資格はない」とウォンに言う。
「お前はハナに近づけない、俺が食い止める」と言うウォン。
ソフはハナに近づくために、自分のプロジェクトをハナ指名で依頼する。
ソフからの指名であるからと断れないハナ。
中国事業はライバルに奪われ、一瞬にして突き落とされるハナでした・・・職場にはいつも敵が潜んでいるのね( ;∀;)
高校時代、ウォンもハナもお互いに愛することはないと言い張ったが・・・「今からでもお前を愛してもいいか?」とハナの家を見上げて思うウォン・・・。
第5話から第6話の感想
年下イケメン君に抱いたハナのピュアなときめきも一瞬で敗れ・・・今度は元彼登場です!
ピアニストで、自分勝手極まりない言動のソフ君です。
ハナはかつて彼に散々泣かされてきたようですが、分かっていても気になるようです。
そんなハナをずっと側で見つめてきたウォン、またまた昔のようにハナが傷つけられるのではないかと心配するウォン、カッコイイ~素敵ですね!
ソウンがウォンにいつも直球勝負で挑んできますが、その言葉を聞いて、自分がハナを想っているだけでは相手に伝わらないと言う事を改めて実感したようですよね。
ソフ君の言動にはちょっぴり苛立ちますが、ハナを想う気持ちもわからないではないです。
でもやはり、もうハナちゃんには傷ついて欲しくない、よってウォン君とうまくいって欲しい!と個人的には思っている次第でございます(*´∀`*)








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。