吹けよミプン-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

吹けよ、ミブン


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やっとの思いで貯めた敷金の1部を、ジャンゴの母に突き返されて悔しい思いをするミプンでした。一方ジャンゴの弟のジャンスはヒラとの結婚生活を自分の実家でスタートしていました。親の許しを得ずに結婚したのにのんきな二人はそんな結婚生活さえもエンジョイしていたのでした。
そこに絡んでくるヒラの兄ヒドンとミプン達と一緒に脱北したのに、そのお金を盗んで1人で消えてしまったミョンジャの恋は、ヒドンが受け継ぐ遺産目当てだから純粋にミョンジャを愛しているヒドンが可哀そうでどうなるのでしょうか。

【吹けよミプン】(ネタバレあり)

19話

やっとの思いで集めた敷金を、ジャンゴ(ソン・ホジュン)の母グムシル(クム・ボラ)にむげにされて絶望したミプン(イム・ジヨン)は、北朝鮮が見える場所に来て、父を思い泣いていました。
そこにやはり北に残してきた家族を思いドクチョン(ピョン・ヒボン)も訪れていました。
泣いているミプンを見て、先日具合が悪くなった時に助けてくれた娘だと気づき声をかけます。ミプンと二人で北を思い切なくなるのでした。
これでミプンの母が冷麺屋のヨンエだと分かった時、ドクチョンは驚くだろうな

ヒラ(ファン・ボラ)とジャンス(チャン・セヒョン)は仲良く暮らしていましたが、ヒラは父と母と離れて暮らす事にやはり不安もあり時々涙を流していました。
ヒラ、家に帰りたいのかな。燃え上がった恋がいつか冷めた時どうなるのかな

うまく行ったと思っていたヒドンが全然連絡してこない事にヤキモキしていたミジョンは、自分の事を好きになったはずなのになぜだか理由が分かりませんでした。
ヒドンは、ミョンジャと付き合う事によって自分の仕事のWEB漫画家としての執筆意欲が湧き出ていて連絡をするのを忘れていたのでした。
一段落してミョンジャに連絡をすると、そのままミョンジャの家で食事の約束となり喜んで花束を持って駆けつけるヒドンでした。
花束を貰ったミョンジャは、しおらしく喜んでいました。しかし心の中では「花なんかもらったて枯れたらゴミになるだけ、アクセサリーを持ってこいっていうの」と悪態をついていたのでした。なんせ、携帯の登録でヒドンの名前は「金ずる」となっていたのでした。
もう、ヒドンを騙さないで。花よりアクセサリーって分かるけどね。お花も綺麗だよと教えてあげたい。

20話

グムシルと叔母のナミ(キム・ヒジョン)は、ジャンゴがハヨン(ハン・ヘリン)の父が代表の大手事務所へのスカウトを断ってしまうのではないかとヒヤヒヤしていました。
ハヨンが「ジャンゴさんとの交際を認めて欲しい」と片思いなのをナミとグムシルに言うと二人は猛烈に応援をする事を宣言します。
グムシルとナミの目が輝いてた(笑)

ジャンゴは、考えた末ハヨンが働く大手事務所に移籍する事に決めます。ハヨンはそれを聞いて大好きなジャンゴと働けると大喜びします。
そこにミプンの会社の人から連絡が入ります。ワークショップでサバイバルゲームに来ていたミプンが急に姿が見えなくなったというのです。寒い中これ以上遅くなると身の危険もある為ジャンゴはたまらず山に入りミプンを捜しに行きます。
必死に捜しますが中々みつかりません、焦るジャンゴが見つけたのはミプンの携帯でした携帯から崖を降りたところにミプンは倒れていたのでした。
ジャンゴ、ミプンが見つかって良かったね。

その頃、ジャンゴの家の前で帰ってくるのを待ち伏せしていたハヨンは、ミプンと一緒に帰ってきたジャンゴを見てしまいます。けがをしているミプンに優しく寄り添う姿に嫉妬してしまうのでした。
その夜、ヨンエはミプンを起こして「あなたとジャンゴはお互いを好きなのか」と聞きます。ミプンはジャンゴが好きだと言います。でもジャンゴは自分の事は妹としてしか見ていないそう悲しそうに言うのでした。絶対に歓迎されないと分かっている恋を認められないと母・ヨンエは言います。分かってるけれど、でも・・とミプンは黙るのでした。
好きっていう気持ちは絶対に止められないよ。諦めるって言ってもそんなの無理だよね

21話

チャン&コで働き始めたジャンゴ。今までとは違う大きな部屋に綺麗に整頓されたデスクに気持ちも改め頑張ろうと気持ちを引き締めます。

ハヨンは、ジャンゴが同じ職場に来たことが嬉しい反面周りをうろつくミプンが目障りでした。そこでミプンを呼び出しわざと自分とジャンゴがうまく行くように手助けして欲しいと、謝礼もするからと持ち掛けます。
ミプンが脱北者だとしっていきなりの上目線、ハヨンは性格いいのかと思ってたけど違うのかな

仲を取り持たないというミプンに、ジャンゴが好きなのかと単刀直入に聞くと「ええ」とミプンも素直に言います。今日から彼にアタックするから反則はなしだと宣戦布告をされるミプンでした。

ヒドンを狙うミョンジャは、またしても偶然を装い恩人として顔を売っていた祖母と偶然家の前で会ったふりをしてで安々と家に上がり込む事に成功します。そこでヒドンが出てくるのを待って運命的な二人だと思い込ませます。チョンジャは、ヒドンの恋人だと知ると控え目なヒドンに恋人がいたと知り気持ちは複雑でした。
ミョンジャ(韓国名シネ)の入り込み方が巧みである意味計算しつくされていて素晴らしとさえ思ってしまいます。

ミプンが会社に戻ると素敵な花束がデスクに届いていました。送り主がジャンゴだと思い込んだミプンは「私が好きなの?」と聞くと「あぁ、好きだよ」とジャンゴは言うけれど、妹としてなと言われてしまうのでした。ジャンゴから花束が届いたと思い込んでいましたが、違うとなると誰からの花束なのか気になるミプン。ミプンが家に帰るとグムシルにまた息子をたぶらかしたのかときつく当たられてしまいます。
ヨンエは、そんな娘をかばい「早くジャンゴへの気持ちを整理するのよ。諦めなさい」と優しく言うのでした。
辛い気持ちでいる時、酔ったジャンゴをハヨンが送ってきます。ミプンが見ている目の前でジャンゴにキスをするではないですか。たまらなくその場を去り公園で涙を流すミプンなのでした。

19話-20話-21話まとめ

ミプンに強敵が現れましたね。ハヨン。良家の子女で才色兼備。ジャンゴを出世させたいグムシルはもちろんハヨンとの仲をグイグイと押しまくり、ジャンゴの周りをうろつくミプンを遠ざけようとします。
ジャンゴが好きって自分の気持ちを認めたミプンだったのに、その先には恋を諦めなければいけないという運命があるのでしょうか。
ぐっと歯を食いしばって悲しさをこらえるミプンを見ていると頑張れと応援したくなります。まだまだ、ミプンに幸せが届くのは先なのでしょうか。