吹けよミプン-あらすじ-34話-35話-36話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

吹けよ、ミブン


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分の目の前で交通事故にあったハヨンと共に生きて行こうと心を決めたジャンゴ。ミプンもジャンゴの心が軽くなるように自分から別れを切り出します。
ドクチョンの遺産目当てでシネは、ヨンエから指輪を暴漢を装って指輪を奪い孫娘になりすまします。そこに絡んでくるシネの過去と隠し子。
ハヨンは治療と偽ってジャンゴとアメリカに渡ろうとします。本当は歩けるようになっているのに。嘘が嘘を呼び人を傷つける。また笑わなくなったジャンゴ、自分の心に蓋をしてこのままハヨンと進むのでしょうか。

スポンサーリンク

【吹けよミプン】(ネタバレあり)

34話

婚約披露パーティーで、ロウソクがハヨン(ハン・ヘリン)の足に落ちて驚きのあまり歩けないはずなのに立ってしまいジャンゴ(ソン・ホジュン)の気持ちを引き止める為の嘘だったと分かってしまいます。「なぜ、僕をこんなめに」そう言ったジャンゴの目には涙がたまっていました。
いくら自分の子供でも無理やり愛する人と離してしまうような嘘をつくのはよくないよね。息子の為といっているけど本当にそうなのかな

翌日、ジャンゴはミプン(イム・ジヨン)と結婚すると宣言します。祖母・ダルレ(キム・ヨンオク)は賛成、母のグムシル(クム・ボラ)は反対します。
おばあちゃん、ありがとう。ジャンゴとミプンよかったね

ヨンエが働く冷麺屋に、スンブンがユジンを連れて偶然現れます。2人は知り合いでした。シネ(ミジョン)がミプンに成りすましてドクチョンと暮らしていると知っているスンブンですが、シネがお金をくれるからまだ秘密にしておこうと思うのでした。
これは、シネにとったら結構まずい感じだよね

そして訪れたジャンゴとミプンの結婚式の日に、シネは知らずに来ていました。その結婚式にはスンブンもチョンジャもいて全員が勢ぞろいです。
気づけは、みんな親戚関係?

スンブンを見つけたシネは、慌ててスンブンに偽の孫だとばらしたらどうなるかと脅します。よりによってチョンジャにその現場を見られてしまいます。絶体絶命かと思ったのにチョンジャに「ばらしたらあなたも一文無し、それでいいのか」と逆に脅します。チョンジャは損得勘定をして黙っている方が自分に得があるとミジョンの味方をする事に決めたのでした。
悪女と悪女が手を結んだんだね。

スポンサーリンク

35話

スンブンにお金を渡そうとシネとチョンジャが待ち合わせ場所に行くと、スンブンが借金取りに追われて逃げているうちに交通事故に遭って亡くなったと警察が知らせに来ました。最後の通話記録がシネだった為でした。
スンブンが連れて来たシネの娘ユジンはヨンエのを中国に返そうとした時、ユジンがシネの事を「お母さん」と呼び「ここにいたいよ」と泣きます。ユジンはシネが自分の母親だと知っていたのです。
シネもユジンの事がやっぱり可愛いんだね。

スポンサーリンク

ジャンゴの家で暮らし始めたミプンは朝食と夕食を作るようにグムシルから命じられ甲斐甲斐しく頑張ります。
ミプンが勤めるウィナーズの重役の裏金問題が発生し一層するらしいという噂を聞きます。
まさか、シネにやってみるか?とか言い出さないよねドクチョン

ミプンが働く会社でドクチョンと一緒にいるシネを見かけます。ドクチョンが見つけた孫として振舞うシネに不信感を抱きます。
ミジョンの悪事がバレるのも時間の問題かな

チョンジャは、本当の孫であるミプンの事をグムシルはどれだけ知っているのかとさぐりにきました。もちろんグムシルはミプンに韓国人の祖父がいるなんて知らないので「いない」と言います。そしてミプンがウィナーズで働いていると知ると動揺して慌てて帰ってしまいます。
チョンジャは、時々憎み切れないキャラでついつい笑ってしまいます

スポンサーリンク

36話

ミプンを追い出す為に、シネがウィナーズで働けるようにドクチョンにお願いします。
いずれシネの物になるかもしれない会社だから内情を知っておくのもいいかもしれないとドクチョンは働いてみたらいいと言ってくれます。

どういう事なのか、シネにおじいさんがいた事もしらなかったのにそのおじいさんがドクチョンさんだなんて。しかも、ミプンの本部長としてウィナーズで働きだしたのです。
シネさん、それはあまりにもやりすぎなのではないでしょうか

ヒドンは、孤児院に来ていました。絵本を寄付したりスケッチをしたり過ごしていました。スケッチも終わり帰った時すれ違いに孤児院に来たのはシネでした。シネは娘のユジンに会いに来ていたのでした。ユジンはシネの事が実の母親だと知っているのに「おばさん」と呼んで関係を隠していました。シネはそんなユジンの元に何度も通いシネの様子をみていました。
シネも子供への愛情はあるみたいだね

給料日にお小遣いを渡すのを口実に、隣に住んでいるとはいえグムシルに遠慮してなかなか会えずにいたヨンエにシネが会社の本部長として来たと報告します。ヨンエは「あの子も苦労したのだから喜んであげればあなたも幸せになれるわ」と言います。シネのおじいさんがウィナーズの会長でその会長が倒れた時に心肺蘇生をして助けたのよなど話して心休まるひと時を過ごします。帰りにグムシルと鉢合わせてしまいきつくし叱られてしまいます。
同じ家の嫁なのにどうして私だけがとヒラにも訴えますが「勝手にしてよ、私に指示しないで」と言われてしまいます。
そうだよね、どうしてヒラは何もしなくて大丈夫でミプンだけ怒られるのかな

スポンサーリンク

34話-35話-36話まとめ

シネは偽の孫娘としてやりたい放題をしていてすごいなとみていてすごく思います。ドラマの世界だと分かっていてもシネの巧妙さに何となくイラっとしてしまいました。
ドラマだからすべての事実がいずれ明らかになるのだろうとは思うけれど、それにしてもちょっとずつすれ違っているドクチョンとミプンに「本当の孫と祖父なんだよー」と教えてあげたくて仕方ないです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください