吹けよミプン-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレありで紹介!

韓国ドラマ-吹けよミプン-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

吹けよ、ミブン


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
餃子のホームショッピングも販売までたどり着きジャンゴとの仲もヨリが戻って辛いながらも少しの幸せをかみしめるミプン。
嘘で偽の孫のふりをしているシネは嘘が少しずつバレてきてしまいます。チョンジャとグルになっていたのにユジンが実子だと嘘をついていた事も分かってしまいヒドンとはついに離婚するという話にまでなってしまいます。
追い詰められたシネはまた嘘をついて自分を守ろうとするのでしょうか。

スポンサードリンク

【吹けよミプン】(ネタバレあり)

61話

シネはジャンゴ(ソン・ホジュン)の母グムシル(クム・ボラ)がマカオでデフンと顔見知りだったと知り病院にお見舞いに行くとデフン(ハン・ガプス)と顔を合わせてしまうので無理やり家に連れ戻します。
しかし、デフンはお父さんが起きた時にいないと心配すると思って携帯も持たずに家を出てまた迷子になってしまいます。今度は食事以外は家から出さないように外鍵をつけて閉じ込めてしまいます。
部屋に閉じ込めるのはやりすぎだからきっと何か起こるよ

いよいよホームショッピングの放送開始となった時、テレビ局の人が駆け込んで来ます。ミプンの餃子から虫が出た映像を見つけたというのです。
確認すると確かに虫が餃子に入っていました。これもシネ(イム・スヒャン)の策略だったのでした。そうして放送は中止となりお店には返金を求める人々が集まっていました。
今回もシネが一枚上手で切り抜けたね。

ドクチョンの体調が回復するまでシネがウィナーズの会長代行をする事に決定します。ドクチョンが未決済だった監査チームの書類をシネが確認するとそこにはシネの公金横領内訳書が提出されていました。
それを知ったシネはジャンゴを即解雇します。
ジャンゴが家に帰ると、今度は差し押さえ騒動が起こっていました。おばあさんがミプン達のホームショッピングの為に借金の保証人になっていたのでした。
ホームショッピングの放送が中止になってしまい大量生産した餃子が売れ残りその代金の支払いが出来なくなってしまったのでした。
会長の孫というだけで簡単に代行とかになれるの?かなり大きい会社なのに。

62話

ホームショッピングが放送できなかった為、損害賠償を払わないといけなくなり窮地に立たされてしまいます。そこにグムシルが乗り込んできて自分の家が差し押さえになったと伝えます。ジャンゴの祖母がミプン達の保証人になっていたのです。
またしても作りかけの餃子をぶちまけてたけどこれで何回目になるんだろう

そしてお金を返すのはもちろんの事ジャンゴと別れるように言われ声の念書まで取られてしまいました。グムシルは録音したミプンの声を家族に聞かせて向こうの家族と連絡を取ったら縁を切ると言います。
ジャンゴはそれでも抵抗するとグムシルは薬を飲んで自ら命を絶とうとしてしまいます。
そんな究極な選択はジャンゴにとって酷すぎるよ。よく考えればグムシルもミプンの隙じゃなかったとしても、その後はチョンジャにあることないこと吹き込まれてここまで嫌いになったんだよね。そう考えると同情します

今度こそは離婚しよう、ミプンはジャンゴを呼び出してそう告げます。ジャンゴも母親の自殺騒動の後で抵抗する気力を失っているようでした。
そして次の出廷日に2人が揃い離婚が成立します。
ついに離婚してしまった2人、どうしてこんな運命になってしまったのでしょうか。
元気でね、短い言葉を残してその場を去るミプンの後ろ姿が見えなくなるまで見送るしかできないジャンゴでした。
これも不可抗力なのかな、でも辛すぎるね

ドクチョンが倒れて意識不明の重体になってからシネとチョンジャはやりたい放題です。デフンに対して横柄な態度で従わせようして邪魔者はいなくなればいいと言わんばかりの接し方に変わっていました。しかもドクチョンが寝ているその場所で。
ドクチョン、動けないだけで実はすべて聞こえてたりとかしないかな

餃子のホームショッピングで失敗してしまったミプン達はお店も売り、家も出て無一文になってしまいました。
ダルホは、シネの暴言を出るんが録画した携帯で聞きます。それを聞いて本当に実の娘なのか疑いがますます大きくなります。ドクチョンがDNA検査の事をチョンジャが知っていたのを不審に思っている事を思い出し、シネとデフンのDNA検査を内密に行います。
これ、これはバレるね。

63話

きつい仕事の魚市場に戻ったミプン、辛さのあまりジャンゴの事を思い「会いたい、会いたいよ」と泣いてしまいます。
誰にも頼れずに1人なくミプンがジャンゴを思って泣いている姿はみていて辛い

ダルホが再度出したDNA検査の結果は親子不一致でした。偽物だシネは偽物の孫だと確信したダルホはどこかに向かいます。
一方病室では、うわごとでドクチョンがデフンの名前を呼び意識が戻ります。そこに入ってきたシネに偽物だろうと責めようとするダルホを手を握っていたドクチョンがだ付保にしか分からない合図で止めます。
やっぱり全部聞こえてたんだ!!

すべて理解したドクチョンは、本当の孫を見つけるまでは絶対に表立って動かないように念を押します。家族の縁を引き裂く女だから本当の孫に何をされるか分からないと。
今までにない厳しい顔をして絶対に許さないと誓います。

謝金取りに追われて止まっている安宿も追い出されてしまうミプン達、熱と咳で苦しんでいるユソンを連れてあてもなく夜の街をさまよいます。
もう、言葉が出ないです。ミプン達可哀そうすぎる。

ずっと具合が悪かったユソンが風邪ではなくて脳髄膜炎の疑いで命の危険があるかもしれないと駆け込んだ病院で言われて即入院となります。しかし検査費がなくこのままだとユソンが危険な状態になってしまいどうしうようもなくなってしまったヨンエは、絶対に頼りたくなかったダルホにお金を貸して欲しいと言いに行きます。
ヨンエはどんな気持ちだったのか、苦しくて辛かっただろうね。もうみていて涙が止まりません

探偵を雇ってシネと繋がりがある本当の孫を捜していたドクチョンは、シネの通話記録からミプンとヨンエが一番通話していて、ミプンが本当の孫ではないかと予測を立てます。
ダルホに借りたお金で何とか急場をしのいで部屋にいると、以前本物の祖父ですと嘘をついた人が実は本物ではありませんと言いに来ました。広告をださせないためにシネが仕組んだ人でした。偽物のおじいさんは依頼された人は分からないけれど依頼人の電話番号をミプンに渡します。
ドクチョンはデフンを捜している人がいるかもしれないと脱北センターにダルホと向かいます。そこで見たのはダルホを捜すミプンとヨンエのビデオでした。

61話から63話まとめ

ミプンを追い詰め廃業に追い込んだシネはもう嘘に嘘を重ねてがんじがらめになってて周りに怒ったり脅したりするしかないのを見ていると、嘘はつきたくないなと思うのですがシネが生きてきた環境を思うと生きる為に必死になって絶対に生きてやる、そういう気持ちが今回の偽物の孫に成りすますという恐ろしい犯罪をおかしてしまったのかとも思います。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください