哲仁王后-チョルインワンフ-あらすじ-28話-29話-30話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ボンファンが哲宗と一夜を共にし気まずい感じになるなか、哲宗から愛の告白をされた前回。
そんななか今回、ボンファンはジャグンや大王大妃から命を狙われ…。

スポンサーリンク

【哲仁王后-チョルインワンフ】(ネタバレあり)

28話

哲宗がボンファンに愛の告白をするなか、ボンファンは「もうあの時のソヨンはいない。もう遅い…」と告げその場から立ち去った。
一方、罷免の危機が迫るジャグンは毒物を準備するなど次なる計画を実行に移そうとしていた。
どうやらジャグンはその毒でボンファンを殺そうと考えていて、毒入りの氷をボンファンと大王大妃の食事に入れるよう大妃の侍女に指示するのだった。

どうやら毒味でバレないよう時間差で毒が染み出す氷にしたんですね

その後、ボンファンと大王大妃が食事のなかで毒入りスープを少し飲んだところで、そのことを知った哲宗や親しい幼い女官・タミャンがやって来てスープを飲むのを阻止。
これによりボンファンの命は助かるも、タミャンは無礼を働いたとして投獄されてしまうのだった。
その後、哲宗はボンファンに「ジャグンと大王大妃があなたを毒殺しようとしている」と教えた。
翌日の夜、幼い女官・タミャンは大王大妃の指示により毒により処刑されることに。

幼い子どもなのにひどいですね…

それを知ったボンファンは憤り、それを大義のために黙認した哲宗にも怒りを覚えるなか、ボンファンは実はタミャンが死んでいないことを知るのだった。

スポンサーリンク

29話

毒により処刑されたかのように思われたタミャンだったが、実は哲宗により死んだように見せかけていただけだった。
こうして哲宗はタミャンを王宮から逃がし、母親と地方で暮らせるよう手配した。
その後、哲宗からそのことを聞かされたボンファンはひと安心。
そして自分が命を狙われていることを知ったボンファンは「こうなったらとことん宮中の腫れ物になってやる!」と心に決めるのだった。

タミャンは殺されることなく助かり良かったですね

一方、ビョンインは父・ジャグンと話していた。
そこでビョンインは「王妃を陥れようとすれば、あなたの首を切ります」とジャグンに言うのだった。
その後、ビョンインは役人たちを集めていた。
そして「国のためにも一族間で争うのはやめよう」と話し、これからは互いを赦免しようと提案するのだった。
一方、帳簿の存在を知ったボンファンはそれが一族の不正が記されたものだと知る。
さらにそれを実家から盗んだのがファジンだと知ったボンファンは、自分を陥れようとした大王大妃・大妃・ファジンに復讐を誓い、その3人に宣戦布告して回るのだった。

これまでの鬱憤を晴らすなど胸スカでしたね

翌日、ジャグンは自ら大臣を辞任するなから、哲宗は税・兵役・穀物貸与の制度の乱れを正す官庁を設立し関連する法律を作ることを宣言。
哲宗の独断に大臣たちが戸惑うなか、大臣はビョンインを兵曹判書に任命したことを哲宗に報告した。

スポンサーリンク

30話

大王大妃・大妃・ファジンの3人に宣戦布告し言いたいことを言ったボンファンは気分がスッキリしていた。
その後、ボンファンは哲宗を呼び出し2人で話す。
そこでボンファンはキム一族から命を狙われている今、哲宗に「手を組まないか?」と提案。
哲宗はそれに応じ、2人は一族のしがらみを越えて同盟を結ぶことを決め契りを結んだ。
そして同盟を組む上で互いのわだかまりを解くことに。
ボンファンは「なぜ前に私の命を狙ったんだ?」と質問。
すると哲宗は前に仲間と王妃の父を殺す計画を立てていて、それをボンファンが知っていると思ったからだと話す。
それを聞いたボンファンは前に哲宗が自分のみならず自分の父も殺そうとしていた事実を知り驚くのだった。

何はともあれ2人のわだかまりは解けましたね

その後、哲宗はファジンの元を訪ねる。
そして、少し前に井戸で発見された井戸について、それが大妃に捏造されたもので、ファジンの侍女・オウォルではなかったことを話す。

オウォルは生きているということなのでしょうか…

ずっと大妃に利用されていたことを知ったファジンは驚き、哲宗は「大妃を信じるな」と忠告するのだった。
その夜、哲宗はボンファンと話していた。
そこで哲宗は自分を井戸の中から助けてくれた人がボンファンだと気が付く。
「王妃が私を井戸から助けてくれたんですね?」
その問いにボンファンは「そうだよ。私だ」と答えるのだった。

スポンサーリンク

感想

28話ではボンファンがジャグンや大王大妃に命を狙われてるという内容でした。
ボンファンが毒氷入り冷製スープを飲むのか飲まないのかというせめぎ合いはハラハラドキドキでしたね。
29話では幼い女官・タミャンがボンファンを助けたことで理不尽に処刑されることになるも、哲宗がタミャンを殺したように見せかけ逃がしてあげました。
理不尽に奪われそうになった幼い命が助かりひと安心でしたね。
ボンファンが自分を陥れようとした大王大妃・大妃・ファジンに宣戦布告して回る場面は、胸スカで面白かったです。
そして30話ではボンファンが自分を陥れようとする勢力と戦うため哲宗とのわだかまりを解き同盟を結ぶという展開になりました。
また30話ではファジンが大妃にずっと利用されていたことを知ることとなりました。
これが今後どんな新たな展開を生むのか楽しみですね。

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください