太陽の帝国-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-太陽の帝国-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の帝国

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グァンイルに離婚してほしいと頼むシウォルですが、グァンイルは俺が生きているうちは出て行かせないと言います。グァンイルは自殺を図りましたが無事でした。
シウォルはジミンをヤンジの後継者にするためにヤンジに残ることを決心しました。
テジュンはシウォルが昔テヤンと恋人と同志だったことを知りました。

【太陽の帝国】(ネタバレあり)

46話

テジュンはシウォルにグァンイルと喧嘩をしたのかと聞く。
シウォルはグァンイルから聞いていないかと聞く。
テジュンは聞いていないと言う。
シウォルはそれなら私の口からは言えないと言う。

テジュンは今後もグァンイルを守ってくれと言う。
グァンイルを止められるのはお前だけだと言う。
グァンイルは自分が入れ替わったことをまだ苦しんでいるのかと聞く。
シウォルはわからないと言う。

テジュンはグァンイルとジミンのために秘密は守ってくれと言う。

チャン会長はテジュンにテヤンを始末する件は取り消したかと聞く。
テジュンはなぜ急にやめたのかと聞く。

チャン会長は一度殺したのに台風の中、生き抜いた男だと言う。
天の助けがない限り不可能なことだと言う。
そんな男を殺したら天罰が下るような気がしたと言う。
孫を殺したら必ず天罰が下るでしょう

退院するグァンイルを迎えに行くシウォル。
グァンイルは今日から俺たちは仮面夫婦だと言う。
人を騙すのは得意だろうと言う。

グァンイルはチャン会長にこれからはライオンになると言う。
死の淵まで行って帰ってきたら世界が違って見えたと言う。
おじいさんが作った世界の帝王になると言う。

テジュンはDNA検査を以来する。
誰と誰?

ジウンはミランに会いに行く。
シウォルとテヤンの過去を話すジウン。
そして2人は今も愛し合っていると言う。

ミランはテヤンはそんな男ではないと言う。
ジウンは娘さんに聞いてみたらいいと言う。

ヒマン児童施設の園長がテヤンを訪ねて来た。
テヤンは園長に僕はキム・ユウォルだと言う。
園長は支援をしてくれるサンホールディングの代表はユウォルだったと知り驚く。

園長は奥さんが君の母親を探しに来たと言う。
母親には会えたのかと聞く。
テヤンは会えたが、その人は母の友人だったと言う。
園長は本人が友人だと言うならそうなのだろうと言う。

ミランはテヤンがヤンジに復讐しようとしているのを知った。

テジュンはDNA検査の結果を受け取った。
親子関係は成立した。
テジュンは紙を握りつぶし泣き出す。
誰と誰が親子?

家に帰ったテジュン。
ジミンはテジュンにお帰りなさいと言う。
ジミンの顔を見つめるテジュン。

47話

ジミンを無視して家の中に入って行くテジュン。
ジミンは僕が何か悪いことをしたかと考える。

テジュンはグァンイルが自殺をしたのはこれが原因かと呟く。
ジミンとテヤンの検査をしたようです

ジミンは帰ってきたグァンイルにバスケをしようと言う。
グァンイルは疲れていると言う。
ジミンはゆっくり休んでくれと言う。

一人で庭に座っているジミンは泣いている。
そこに帰って来たシウォル。
シウォルはジミンとアイスクリームを食べに行く。

ジミンは早く留学したいと言う。
広い世界に行って新しい経験をしたいと言う。
本当は家から出たいのでは?

そこにテヤンがアイスクリームを買いに来た。
ジミンはテヤンに声をかける。
ジミンは聞きたいことがあるから座ってくれと言う。

ジミンはアメリカの学校ってどうかと聞く。
ママと一緒にアメリカに勉強しに行くと言うジミン。
テヤンはシウォルに留学するのかと聞く。
シウォルはいつかは行くつもりだと言う。

ジミンは席を外した。

テヤンはグァンイルに責められているのかと聞く。
シウォルは気にしなくていいと言う。
今罪の代償を払っているのだと言う。
私がどんなに恐ろしい女か知らないだろうと言うシウォル。
だから同情しなくていいと言う。

ミランはテヤンたちがアイスクリーム屋にいるのを見ていた。

テジュンはグァンイルに死のうとしたのはジミンのせいかと聞く。
グァンイルは知っていたのかと聞く。
テジュンはシウォルとはどうするつもりかと聞く。
グァンイルは別れないと言う。

テジュンは離婚しろと言う。
グァンイルはジミンは僕の子供として育てると言う。
テジュンはダメだと言う。

グァンイルはシウォルは母さんの息子がテヤンだと知っていると言う。
すべて知ったうえでヤンジに復讐するために僕と結婚したのだという。

グァンイルは離婚したら俺たちは無事ではいられないと言う。
うかつにシウォルに手を出してはいけないと言う。
好きで一緒に暮らすわけではないと言うグァンイル。
愛情があるから離婚しないのではなかったのですね

ヤン室長はチャン会長にしばらくアメリカに行って休みたいと言う。
チャン会長はスクヒのせいでつらいのかと聞く。
ヤン室長は生きていたくないと言う。

スクヒはヤン室長にジウクがあなたのせいで小児精神科に通うことになったと文句を言う。
ジウクが笑わせるように歌を歌えと言うスクヒ。

ヤン室長はチャン会長に数百回も歌わされたと言う。
この歳で子供の前で屈辱を受けたと涙を流すヤン室長。

テジュンはヤン室長を呼び出す。
テジュンは借名で管理するヤンジ物産の株をなぜ室長が持っているのかと聞く。
私はグァンイルのためだったがヤン室長は何のためかと聞く。
ヤン室長は特に意図はないと言う。
甥のため?

テジュンは会長に知られたらどうなるか想像もしたくないと言う。
ヤン室長は見逃してほしいと言う。
テジュンはその代わりに頼みを聞いてほしいと言う。

48話

テジュンはグァンイルにジミンを留学させろと言う。
テヤンの子供と一緒に暮らす自信があるのかと聞くテジュン。

テジュンはジョンヒにグァンイルが事故を起こしたのはシウォルのせいだと言う。
シウォルは昔の男のことが忘れていないようだと言う。
グァンイルはシウォルを心から愛していると言う。
テジュンは2人の関係が回復できないようなら離婚させるしかないと言う。

まずはジミンを母親から引き離すと言うテジュン。
シウォルは絶対にジミンと離れないだろうからこの問題を君に解決してもらいたいと言う。
ジョンヒはジミンを留学させたあとシウォルはどうなるのかと聞く。
テジュンはそれはグァンイルが決めるだろうと言う。

グァンイルはジミンに留学してもいいと言う。
喜ぶジミン。
グァンイルはママは仕事があるから一緒に行かないと言う。
1人でも大丈夫だろうと聞くグァンイル。
ジミンはしかたなくうなづく。
自分の子供だったら1人で留学はさせないはずです

ジョンヒはシウォルにジミンをアメリカに留学させると言う。
シウォルは私も同じことを考えていたと言う。
ジョンヒは大学まで考える留学計画が必要だから専門家に任せると言う。
シウォルはジミンには自由に勉強してほしいと言う。

ジョンヒはジミンはヤンジの後継者になるのだからそのへんの平凡な子供ではないと言う。
シウォルはそうなるようにしっかり教育すると言う。
ジョンヒはあなたには会社があるから行くのはジミン一人だと言う。
有能な家政婦と家庭教師をつけるからジミンのことは心配しなくていいと言う。

シウォルは一人では行かせられないと言う。
ジョンヒはあなたが気遣うべきは息子ではなく夫だと言う。
私の息子が壊れそうなのにグァンイルを一人にはできないと言う。
あなたは残ってグァンイルを守れと言う。
本当の孫より偽物の息子を選ぶなんてかわいそうに

シウォルはグァンイルにあなたが頼んだのだろうと言う。
グァンイルはジミンを留学させたがっていたのに何が問題かと言う。
シウォルは一人で行かせるなんてジミンが不憫ではないのかと聞く。
グァンイルはジミンを自由にさせてあげたいだけだと言う。

ジミンはみんなに一人で留学すると言う。
ジョンヒは留学準備はヤン室長に任せると言う。

シウォルはジミンにママも一緒に行くと言う。
ジミンはママはパパのそばにいてあげてと言う。
今ママのことが必要なのはパパだと言う。
できた息子です

公園にいるジミンに声をかけるテヤン。
テヤンと一緒にバスケをするジミン。
ジミンはテヤンにバスケが上手だと言う。
テヤンはいつでも教えてあげると言う。

ジミンはもうすぐアメリカに留学すると言う。
ジミンは一人で行くと言う。
ママは仕事が忙しいから家族が行かせてくれないのだと言う。

テヤンは一人でも平気かと聞く。
ジミンは僕は平気だけどママが心配だと言う。
最近つらそうでパパと喧嘩ばかりしていると言う。

テヤンはおじさんと遊んで楽しいかと聞く。
ジミンはおじさんとは気が合うと言う。
だから大好きだと言う。

2人の姿を見ているグァンイル。
グァンイルはジミンに声をかける。
ジミンの腕を掴み、家に帰ろうと引っ張って行く。

ジミンはグァンイルにおじさんと遊んだから怒ったのかと聞く。
留学する前に遊びたかったと言う。
グァンイルはパパよりおじさんが好きかと聞く。
ジミンはそんなことあるわけないと言う。
グァンイルはジミンを抱きしめ謝る。
ジミンを愛しているから行かせるのだと言う。

ジミンは僕のいない間ママを守ってあげてほしいと言う。
ママがつらそうだと言う。
グァンイルはママはパパが守ると言う。
子供に嘘はつかないように

シウォルはジミンにママと一緒に行きたいとおじいさんにお願いしろと言う。
おじいさんなら聞いてくれると言う。

46~48話感想

まだ中学生にもなっていないのに一人で留学させるなんてかわいそうです。しかし、ジミンが留学している間にシウォルが本当のことを話せば出て行くのはテジュンとグァンイルになるのではないでしょうか。そのあとジミンのところに行けばいいかもしれません。
グァンイルはまだシウォルのことを愛していると思っていましたが自分たちのことをバラさないようにするために一緒にいるようです。だんだん父親に似てきました。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください