太陽の帝国-あらすじ-64話-65話-66話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-太陽の帝国-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の帝国

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ジョンヒはグァンイルが息子ではなくテヤンが本当の息子だったことを知りました。そして2人を入れ替えたのはテジュンとミランだということも知りました。
全て知ってテヤンの復讐のためにグァンイルと結婚したシウォルにお礼を言うジョンヒです。
ジョンヒはテヤンとシウォルを呼び出しました。いよいよ復讐が始まりそうです。

【太陽の帝国】(ネタバレあり)

64話

ジョンヒはこの地獄から抜け出す方法を考えていたと言う。
シウォルはジミンのところに行かせて欲しいと言う。
テヤンは同じ考えだと言う。

ジョンヒはそうなるとテヤンは息子を失い、私は孫を失うと言う。
そして父は本当の後継者を失うと言う。
ジミンが本当の孫とわかったからには親権は放棄できないと言う。

テヤンはみんなでジミンと暮らすと言う。
僕もシウォルも母さんもみんなでジミンと暮らそうと言う。
ジョンヒはそんなのありえないと言う。

テヤンはもともとシウォルもジミンも母さんもヤンジも僕のものだったと言う。
奪われたものを取り戻してみんなで暮らそうと言う。
テヤンはテジュンとグァンイルを騙すと言う。
全てを取り戻すまでは何も知らない振りをすると言う。
面白そうな作戦です

ジョンヒはグァンイルに会いに行く。
息子の顔を見に来たと言うジョンヒ。

グァンイルはシウォルと離婚すろという話なら無理だという。
ジョンヒはシウォルの心を取り戻したいならあなたが変われと言う。
グァンイルはシウォルと離婚しなくてもいいのかと聞く。
ジョンヒは親は子に勝てないと言う。
グァンイルはありがとうと言う。

ジョンヒはシウォルが一番求めているのはジミンだと言う。
親子を引き裂いたあなたが憎いはずだと言う。
シウォルをアメリカに行かせろと言う。
グァンイルは行ったら帰ってこなくなると言う。

ジョンヒはそれならジミンを連れ戻そうと言う。
グァンイルは父さんが許さないだろうと言う。
ジョンヒは父さんは私が説得するからジミンを連れ戻せと言う。
素晴らしい演技力です

ジョンヒはテジュンにジミンを連れ戻すと言う。
グァンイルはシウォルを諦めないと言う。
テジュンはテヤンの息子を育てるなんて絶対にダメだと言う。
ジョンヒはグァンイルがそれを望んでいると言う。

テジュンはグァンイルは再婚させると言う。
グァンイルは絶対に再婚しないと言う。
シウォルのために自殺までしたのだと言う。
そんな息子を無理やり再婚させるなんてそれでも父親かと聞く。

ジョンヒは実の息子でも同じことが言えるのかと聞く。
テジュンはグァンイルは俺の息子だと言う。
ジョンヒはそれならグァンイルの望みを叶えてあげろと言う。
さらに迫力のある演技力です

シウォルはテヤンに本当にジミンとみんなで暮らせるのかと聞く。
テヤンはできると言う。
シウォルは奥さんはどうするのかと聞く。
テヤンは別れると言う。

シウォルは義母と毎日顔をあわせるのがつらいのではないかと聞く。
テヤンは義母を見ると君はどうやって今まで耐えて来たのかと考えたと言う。
シウォルはジミンがいたから耐えられたと言う。
テヤンは僕も君とジミンと3人で暮らすために耐えるという。

グァンイルはテヤン夫婦がジミンを引き取ると言っているのを聞いた。
グァンイルはシウォルにジミンを連れ戻すと言う。
昔のようにジミンと3人で暮らそうと言う。

テヤン夫婦がジミンを引き取るために俺らが離婚するのを待っていると言う。
シウォルはテヤンはそんな人ではないと言う。
グァンイルはこの前テヤンがうちにきたとき君と復縁するつもりはないと言っていたと言う。
夢は捨てろと言う。

シウォルはテヤンはそんな人ではないと言う。
グァンイルは自分の目で確かめろと言いテヤンに電話をかけ呼び出す。

グァンイルはテヤンにジミンを引き取るつもりかと聞く。
テヤンはすでに弁護士に依頼したと言う。
シウォルはなぜあなたがジミンを引き取るのかと聞く。
テヤンは僕の息子だからだと言う。
僕といたら立派に育てられると言うテヤン。
テヤンは僕の息子を離婚した女には渡さないと言う。

シウォルはひどいと言う。
テヤンは君は僕を裏切りジミンの存在を隠したと言う。
良心があるならジミンを渡せと言い帰って行くテヤン。
去って行くテヤンの顔は我ながらいい演技だったと微笑んでいるようです

グァンイルはシウォルにこれで状況がわかったかと聞く。
ジミンを連れ戻して昔のように一緒に暮らそうと言う。
シウォルはお義父様やお義母様が許すはずがないと言う。
グァンイルは母さんは僕の味方だと言う。

ドクシルは毎日買い物三昧だった。
今日買って来た靴だけで3千万ウォンだった。

ミランはテヤンにドクシルが買い物してもいいだろうと聞く。
テヤンはお義母さんも買ってくれと言う。

ミランはテヤンにドクシルと離婚しないだろうと聞く。
私もジミンを可愛がるから一緒に暮らそうと言う。
テヤンは離婚しないから心配しなくていいと言う。
こっちにも作戦を立てたのですね

ミランはドクシルにテヤンは離婚しないと言っていると言う。
ドクシルは私が離婚に応じなければテヤンは離婚できないと言う。

シウォルはグァンイルに離婚しないと言う。
ジミンは絶対にテヤンに渡したくないと言う。
グァンイルは父親は自分が説得すると言う。

グァンイルはテジュンにシウォルとは離婚しないしジミンも連れ戻すと言う。
テジュンはダメだと言う。
グァンイルはそれならおじいさんに本当の孫は俺ではなくてテヤンだと話すと言う。

65話

グァンイルはテジュンにおじいさんと母さんに本当のことを話すと言う。
テジュンは実の父親になんてことを言うと言いグァンイルを叩く。
グァンイルはシウォルと離婚させないでくれと言う。
テジュンはテヤンの息子を受け入れろというのかと聞く。

お前を帝王にするためにすべてを犠牲にしてきたと言うテジュン。
グァンイルは帝王など望んでいないと言う。
自分の望みはシウォルとジミンと暮らすことだと言う。
グァンイルはジミンを連れ戻すと言う。
なんとなくグァンイルがかわいそう…

ジョンヒはテジュンにジミンを取れ戻すと言う。
ジミンと電話で話をしたら帰りたがっていたと言う。
テジュンはそれよりグァンイルを止めろと言う。
ジョンヒは、グァンイルはシウォルがいないと生きていけないと言う。
仕方ないけれど運命だと思うことにすると言う。

あなたも他人のグァンイルを育てただろうと聞くジョンヒ。
テジュンは私とは違うと言う。
ジョンヒはどう違うのかと聞く。
他人の子供ではないからでしょう

とにかくこの件は私に任せろと言うジョンヒ。
私がジミンを迎えに行くと言う。

グァンイルはシウォルに母さんがジミンを迎えに行くと言う。
シウォルは嬉しいけれどジミンがお義父様にいじめられるかもしれないと言う。
グァンイルはそんなことはさせないと言う。
今後全てを決めるのは俺だと言う。

チャン会長はテヤンの家族を食事に招待した。
テヤンはドクシルにチャン会長は何も知らないから黙っていると言う。
ドクシルはそれくらいはわかっていると言う。
何か問題発言をしそうです

テジュンはミランに絶対に来るなと言う。
ミランはいくつもりはないと言う。

当日行かないと言うミランにテヤンはジミンを引き取るためにも幸せな家族の姿を見せたいから一緒に来てくれと言う。
しかたなく行くことになったミラン。

食卓に座った2家族。
ドクシルはシウォルにジミンは元気かと聞く。
チャン会長はジミンはもうすぐ帰って来ると言う。
ドクシルはなぜかと聞く。
ジョンヒはうちの問題だから気にしなくていいと言う。

ドクシルは私たちも知るべきだと言う。
やはり問題発言しました

グァンイルはジミンはこの家で暮らすと言う。
ドクシルは家族で合意したのかと聞く。
グァンイルはテジュンを見ながらそうだと言う。

シウォルは空港へジミンを迎えに行く。
ゲートから出てきたジミンにかけより抱きしめるシウォル。
ジミンも会いたかったと言う。

その様子を見ているテヤン。
シウォルはテヤンがいることに気づいた。
声をかけようとしたときグァンイルがやってきた。

グァンイルはジミンに会いたかったと言う。
ジョンヒは会議があったのではないかと聞く。
グァンイルはジミンに会いたかったから取り消したと言う。

ジミンを連れて行くグァンイル。
テヤンは隠れて見ていた。

66話

チャン会長はジミンが帰ってきて大喜びする。
遊びに来ていたジウクはジミンにもう帰ってこないのではなかったのかと聞く。
ジウンはジウクの聞き間違いだと言う。
ジウクはママがもう会うことはないと言っていたと言う。

チャン会長はジミンはヤンジの主になるのだから会えないはずがないと言う。
ジウクにこれからはジミンの言うことを聞けと言う。

シウォルはジミンと散歩に出る。
テヤンがベンチに座っていた。
ジミンはシウォルにおじさんと話して来てもいいかと聞く。
シウォルはゆっくり話してこいと言う。

ベンチに座って色々な話をするジミンとテヤン。

帰宅したグァンイルはジミンとシウォルが散歩に出ていると聞き、外に出る。
それを知ったジョンヒはシウォルにグァンイルが探しに言ったと連絡をする。
シウォルはジミンにそろそろ帰ろうと言う。
名残惜しそうなジミンを連れて行くシウォル。

その様子を見ていたのはミンジュだった。

グァンイルはミンジュにシウォルとジミンを見ていないかと聞く。
ミンジュは見ていないと言う。
なぜ見ていないと言ったのかわかりませんが良かったです

テジュンは寝ているジミンの部屋に入って行く。
ジミンの寝顔を見ながらこの子さえいなければ問題がなくなると考える。
気配で起きたジミン。
テジュンはジミンに疲れているだろうとから寝ろと言う。

部屋を出るとシウォルが立っていた。
シウォルはテジュンにジミンに手を出したら黙っていないと言う。
グァンイルに仕返ししてやると言うシウォル。

ドクシルはテヤンにジミンをこのままにしていいのかと聞く。
テヤンは君には関係ないと言う。
ドクシルは引き取ったら私が新しい母親だと言う。
立派に育てると言うドクシル。
テヤンは君は口を出すなと言う。
そうだ!そうだ!ドクシルには関係ない

チャン会長に会ったドクシル。
ドクシルはジミンをどうするのかと聞く。
本当の父親に返すのが筋だろうと言う。
ドクシルはジミンはテヤンの息子だと言う。

64~66話感想

チャン会長に話すのはドクシルだと思いました。会長の家に招待されたときから言いたくてウズウズしていましたからね。テヤンを取り戻すというよりテヤンが愛しているシウォルを苦しめたいようです。
グァンイルはかわいそうです。グァンイルに悪いところはないのにシウォルを愛しているというだけで苦しんでいます。父親のように残酷な人間ではないようです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください