太陽の帝国-あらすじ-最終回(102話)-結末は!?

韓国ドラマ-太陽の帝国-あらすじ-最終回(102話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太陽の帝国

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グァンイルは自首し、テジュンは逮捕されヤンジグループは新しく生まれ変わりました。
ドクシルは治療するためにミランが連れて行きました。
ジミンとシウォルがアメリカに行き、3年の月日が流れました。
体調を崩したチャン会長。会長はシウォルたちをアメリカから呼び戻しました。そしてシウォルにユウォルを連れてきてほしいと頼みました。

【太陽の帝国】(ネタバレあり)

最終回(102話)

チャン会長は危篤状況だった。
家族たちは会長に最後の挨拶をする。

シウォルはユウォルを病院に連れて行く。
病室に入るユウォル。

会長はユウォルにお前に会えたからもう思い残すことはないと言う。
好きなように生きろと言う。
今まで悪かったと言う会長。

ユウォルは遅くなってごめんなさいと言う。
会長は私の孫に生まれてきてくれてありがとうと言い、息を引き取った。

グァンイルは出所した。
刑務所を出るとミランが待っていた。
ミランはチャン会長が亡くなり、今日が葬儀だと言う。

ミランと一緒に来ていたのはだったユジンだった。
ユジンはグァンイルが出てくるのを待っていたのだった。
いい人がいて良かったです

ミランはグァンイルを店に連れて行く。
店には元気になったドクシルが待っていた。
ドクシルはグァンイルに元気そうだと言う。
そしてユジンに兄さんのことを頼むと言う。

チャン会長の持ち株はすべてヤンジ財団に寄付した。
孤児のために使ってくれと言い残したのだった。

ジョンヒはユウォルにシウォルとジミンと3人で暮らせと言う。
ジミンと一緒にチャン姓に改姓しろと言う。

ジミンはユウォルにママと一緒に暮らしていもいいと言う。
僕は韓国でもアメリカでもどちらでもいいと言う。

シウォルはユウォルに会社を辞めて何をするのかと聞く。
ユウォルは君と食事をして遊んで、しばらく何もせずにぼーっとしたいと言う。
準備したものがあると言うユウォル。

グァンイルはテジュンの面会に行った。
テジュンはグァンイルにこれから何をするつもりかと聞く。
グァンイルは考えていることがあるけれどまだ話せる段階ではないと言う。

グァンイルはチャン会長が亡くなったと言う。
全財産を財団に寄付をしたと言う。
テジュンはお前に残せばいいのに最後まで気に入らないと言う。

グァンイルはテジュンになぜ会長を嫌うのかと聞く。
高卒の父さんを会長にまでしてくれた人だと言う。
母さんやユウォルを苦しめたのになぜ謝らないのかと聞く。

3年間の刑務所生活でわかったのは父さんのようになってはダメだということだと言う。
父さんも3年の間で変わったかと思ったが以前のままだと言う。
グァンイルはしばらく会いに来ないと言う。
父さんが変わるまで会わないつもりだと言う。
グァンイルのために生きてきたテジュンには一番悲しい言葉でしょうね

ギジュンはドクシルを呼びだした。
ギジュンは最初にドクシルに会った時に一目惚れしたと言う。
でも君はユウォルが好きになったと言う。
だから言えなかったと言う。

ギジュンはなんでもご馳走すると言う。
これからは一緒に遊ぼうと言う。
自分を愛してくれて大切にしてくれる人がいいですよ

グァンイルはジョンヒに会いに来た。
ジョンヒは葬儀で迎えに行けなかったと言う。
グァンイルの住む家はジョンヒが用意したのだった。
グァンイルはお礼を言う。

帰ろうとするグァンイルにジミンに会わないのかと聞く。
グァンイルはまだこんな姿を見せたくないと言う。

家を出たグァンイルはシウォルに会った。
2人は笑顔で挨拶して別れた。
いい関係になったようで安心です

ヤン室長は甥のいるアメリカに行くことにした。

学校の始まるジミンのためにシウォルはアメリカに戻るつもりだった。
しかし、ヤン室長はジミンは私が連れて行くと言う。
シウォルはジミンをヤン室長に頼んで、ユウォルの退陣の後に行くことにした。

空港に到着したヤン室長とジミン。
そのとき、チョン道人が走って来た。
チョン道人はヤン室長に話があると言う。
ジウンがチョン道人にヤン室長の息子の話をしたのだった。

ユウォルはシウォルを郊外に連れて行った。
1軒の家の前で車を停めるユウォル。
ユウォルは3年かけてこの家を建てたと言う。

シウォルはここで暮らすつもりかと聞く。
ユウォルは僕と一緒ならテントでもいいと言っただろうと言う。
シウォルはあの時の若い私ではないと言う。

ユウォルは好きなトマトを育てて、鶏を飼って魚釣りをして自給自足の生活をしよう言う。
シウォルは幸せだと言う。
ユウォルはこんな日が来るなんて僕も幸せだと言う。

シウォルを抱きしめるユウォル。

最終話感想

テジュンは最後まで改心はしなかったです。まだ隠しているお金もあるようです。そのお金を使うことなく一生刑務所暮らしをするべきです。
グァンイルには幸せになってもらいたいと思っていましたがユジンがいて良かったです。ドクシルにはギジュン。ヤン室長にはチョン道人。そしてシウォルとユウォル。しかし正直、ユウォルの建てた郊外の家は不便そうですが、きっと幸せになることでしょう。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください