奇皇后-あらすじ-40話-41話-42話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-40話-41話-42話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
タンギセに命を狙われるスンニャン。
丞相亡き後も、宮中では恐ろしい争いが絶えません。

スポンサーリンク

【奇皇后】ネタバレあり

第40話 丞相の大望

皇后となったバヤンフト。
なかなかしたたかな女性である。

スンニャンや側室たちの前では気弱な女性を演じるが、実はずる賢い知恵の働くバヤンフトだった。

ヨンビスは特別にメバク商団のお頭にお目通りが叶う。
お面をつけて一言も発しないお頭と言われる人物。

一体どんな人物なのでしょう!!とっても気になります

秘密資金を手にしようと必死になっているスンニャンは。
タファンの元を全く訪ねて行かなかった。
そこで業を煮やしたタファンは。
影絵を催すからとスンニャンを呼びだす。

スンニャンの頭の中、秘密資金の在りかの事でいっぱいだった。
影絵を見ていてふと思いつくスンニャン。

ペガンはヨンチョル丞相の秘密資金を見つけ、高麗征服を夢見ていると話す。
これを聞いたスンニャンは。
ワン・ユとヨンビスを呼びだすのだった。

そして秘密資金の在りかを見つけ出した事を報告するスンニャン。
ペガンの手に秘密資金が渡れば征服戦争がおきることを知らせるのだった。

ヨンビスはペガンに接触。
ヨンビスが裏切ったと見せかける。
これも作戦の一つだった。

メバクの大都支部と宮中納品の独占権をヨンビスに約束するスンニャン。

ヨンビスが裏切り者になるふりを頼んだのです

本当の秘密資金の在りかは・・・。
そういってスンニャンは筆を執る・・・。

第41話 隠し部屋

ワン・ユは高麗に帰ると言う。
そして復位すると。

丞相になったペガンの屋敷で宴を催す事に。

スンニャンは、秘密資金を得るための策を考えていた。
宮中の女官の食事に腐った乳を。
井戸にはネズミの死骸を放り込ませる。

次々と発疹と高熱で倒れる女官達。
流行り病だといけないと言う理由で、ペガンの屋敷にしばらくタファンやスンニャン達は滞在させてもらうことに。

これがスンニャンの狙いのようですね

ヨンビスはスンニャンに呼ばれる。
「丞相の家にある秘密資金を運び出すので手伝ってほしい」と。

そこでヨンビスはワン・ユを慕っている事、ワン・ユはいまだにスンニャンの事を忘れていないことを話す。

鉱山の倉庫にやって来たタンギセとビョンス達。
そこで金塊と交省を山のように見つける。
大喜びの3人は。
秘密資金と思われるこれらの宝を荷台に乗せ運び出すと言う。

それは偽の金塊と交しょうだった。
マクセンはわざと火をつけ爆発させる。

その音にタルタルたちの兵はタンギセ達を追いかけてやって来る。
あと1歩の所で逃げられてしまうのだった。

タルタルは鉱山村で子供たちの歌を聞く。
そこに秘密資金の在りかが隠されていることに気付くのだった。

ヨンチョル丞相の屋敷に、秘密資金は隠されていることに気付いたタルタル。
慌てて大都に帰ると言う。

スンニャンは計画通り、上手くタルタルの書庫に忍び込む。
そこで隠し部屋を発見。

中には大量の金塊が!!

すぐに運びだすスンニャン達。
作戦通り、ヨンビスが運び出す。
そこにタルタルが帰って来た。

秘密資金の在りかに気付いたタルタルはすぐに書庫へ。
隠し扉の向こうの隠し部屋。
空っぽになっていた。

スンニャンが運び出した事に気付いたタルタル。
「今回は私の負けです。しかし2度と負けません。我が一族に害が及べばその時は黙っていません」と宣戦布告のタルタルだった。

ヨンビスが金を運んできた。
そこにタファンが。
中を見せろと言い、金塊を見てしまう。

皇太后たちがいるために、すぐに中へ運ばせようとするタファンだったが。
スンニャンは自らこの箱のを開け、皇太后たちに大量の金塊を見せるのだった。

スポンサーリンク

第42話 刻まれた溝

頭の良いスンニャンの考え。
「宮中に運び込む金塊は、1日1箱しか運び込まぬように」とヨンビスには伝えてあった。

機転を利かせたスンニャンは、皇太后たちに言う。
「この金塊は、宮中納品の独占権に対するヨンビスから陛下へのお礼だ」と。

タファンとペガン丞相は。
征服戦争を始めると言う。
反対する官僚たちに、「反逆罪で首をはねる」と脅すペガン。

タルタルも「武力行使は控えるべきだ」とペガンを説得にやって来るが、聞く耳を持たないペガン。

タナシルリの子マハ皇子。
幼きマハ皇子を使って、スンニャンを陥れようとする皇后バヤンフト。

ヨン尚宮がマハ皇子を虐待し、体中あざだらけに。
そしてスンニャンのせいだと思わせる。

真実をすぐに突き止めるスンニャンは。
ヨン尚宮が皇后バヤンフトの指示で虐待したことだと悟る。

しかしバヤンフトには、「ヨン尚宮が皇太后の仕業だ」と言った事にする。

賢いスンニャンのこと、何やら考えがあるようですね

その頃、高麗に戻ったワン・ユ。
復位し、「自分が王の間は元の言いなりにはならない」と言う。

元を後ろ盾に、悪行と横暴を重ねた官僚には罰を与える。
官職を剥奪し、財産を没収する。

兵も送らず、貢女も送ってこない高麗に怒り出すペガン。
タルタルは頭脳作戦。

「高麗の海上貿易を断つのです」と提案するタルタルだった。
国庫を海上貿易で担っている高麗にとっては、痛手になると考えるタルタル。

いつも冷静でクールなタルタル、素敵ですね~

ヨンビスを宮中に呼ぶワン・ユ。
以前ヨンビスと約束したことを覚えているワン・ユは。

海の貿易が封鎖された今、陸の交易をするという。
元との取り引きではなく、西域との交易の独占権をヨンビスに与えると言うワン・ユ。

ワン・ユからスンニャンに届いたという密書。
スンニャンの手に渡る前に、タファンの目に触れることとなる。

しかしこの密書とやらは、タンギセ達の偽密書のようです。皇帝とスンニャンを仲違いさ せ自分たちに好機が訪れることを狙ったものでした!

5年の月日が流れ・・・。
毎日酒浸りの皇帝タファン。

今回も戦に負けたとの報告が宮中にはいる。
酒に酔ったタファンは、戦に負けた兵士の首をいきなり切りつけるのだった。

スポンサーリンク

第40話から第42話の感想

高麗からの貢女だったスンニャンが。
今では元の皇帝タファンの側室となり、大きな力を発揮していますね。
とても利発的なスンニャン。
あらゆる危機とあらゆる苦境にも立たされて来たスンニャンだからこそ、こうして宮中で生きて行くことが出来るのでしょうね。
今日の見方は明日・・・。
そんな宮中で、いつも神経を張り巡らせながら生活しているスンニャンは立派です!
ワン・ユと添い遂げることが出来たなら、本当はスンニャンもとても幸せな人生だったでしょうね。
タナシルリを追いやるまではスンニャンの味方となりスンニャンと手を組んでいた皇太后。しかし今では、力を持ち始めたスンニャンに危機感を感じているのでしょう。
スンニャンを目の敵のように扱う皇太后です。
そして5年と言う月日が流れ。
タファンの変貌ぶりにはショックを受けてしまいました(≧∇≦)。
酒におぼれてしまうタファン。
常に脅かされている玉座と言う大きな責任に、押しつぶされそうだったタファンは。
心が弱かったのでしょう、唯一酒が心の友になってしまったのでしょうか(≧∇≦)

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください