奇皇后-あらすじ-7話-8話-9話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-7話-8話-9話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
元のタンギセに、女だとバレてしまったスンニャン。
さて、ワン・ユとスンニャン達はどうなるのでしょう(≧∇≦)

【奇皇后】ネタバレあり

第7話 最果ての地

女だと気付かれたスンニャンは、綺麗に化粧され女性の衣裳でタンギセの前に連れてこられるのだった。

「元に着いたら側室にしてやる」と言うタンギセの言葉を盗み聞きするビョンフン。
「それでは自分の命が危ない」とビョンフンは考える。
そしてワン・ユの元へと一目散に。
「スンニャンは実は女で、今頃タンギセの慰み者となっている事だろう」と告げる。

ワン・ユはスンニャンを助けにタンギセのテントに。
タンギセのテントから出た2人は元の兵士たちに捕まってしまうのだった。

妻として迎える予定のタナシルリの望みは、何でも聞いてやる皇帝タファン。

ヨンチョル丞相やタナシルリの目を欺くため、タナシルリにぞっこんのふりをしているよ うですね

皇太后はタナシルリに「皇室の厳しさを教えてやる」といびり始める。
生意気で気が強いじゃじゃ馬娘のタナシルリ。

皇太后はタナシルリに、「嗅げば子供が産めなくなる」と言う香炉を贈るのだった。

スンニャンはとうとう皇帝のいる宮殿にやって来る。
そして女官として選定されるのだった。

宮廷の雑用係ヨンファに目を付けられるスンニャン。
倉庫でむち打ちのいじめを受けているところにやって来たのは何と皇帝だった!!

スンニャンが憎んでも憎みきれないほどの恨みを抱く相手です!!

第8話 合歓の花びら

戦を何度も経験したスンニャンには、これしきのいじめは大したことではなかった。
ヨンファをあっという間に黙らせるスンニャン。

そして皇帝タファンに近づくために、大礼(結婚式)の手伝いの要員として自分を推薦するよう頼み込むスンニャンだった。

ペガン将軍はワン・ユを陥れようと、チュルクの討伐に向かわせたのだった。
そこで屈辱的な支配に応じざるを得ないワン・ユたち。
しかし生きて帰る為には仕方のない事だった。

スンニャンは大礼の儀式に参加する。
皇帝タファンの心臓を一突きで殺そうと企むスンニャン。

仕込んだナイフに手をかけたその時、タンギセがスンニャンの元にやって来る。
スンニャンの企みは失敗に終わるのだった。

初夜を迎える皇帝タファン。
皇太后はタファンに「タナシルリに子を持たせてはいけない」と念を押すのだった。

これ以上ヨンチョル丞相に力を持たせないためです

ヨンファの密告で、スンニャンはナイフを隠し持っていることがバレて連れて行かれる。

敵対する皇太后と皇后タナシルリ。
皇后に子を持たせないため、皇太后はすぐさま側室を用意するのだった。
女官の中から選び抜かれた女性は、高麗出身の女官だった。

同郷出身だと言うことで、その世話係を命じられるスンニャン。

そこで皇帝タファンとすれ違うスンニャン。
彼女の顔を見て立ち止まる皇帝タファンは、スンニャンに話しかけるのだった。

第9話 同法の絆

スンニャンを呼び止めた皇帝タファンは、スンニャン本人とは気づかず「よく似ておる」と感心するのだった。

茶を頼まれるスンニャンは、皇帝を殺しタンギセも殺し、自害しようと決意する。

側室との子供を望む皇太后は、皇帝の気持ちなど考えず側室との夜を勝手に決めていた。
拒む皇帝だったが、押し通す皇太后。

その頃、チュルク討伐隊として現地に出向いていたワン・ユは。
生き残るために戦うのであった。

相手は同じ高麗のビョンフン。
勝った方が高麗の旗を手にすることが出来る。
そして高麗の捕虜たちを統括することが出来るのだ。

卑怯な手を使い、結局負けたのはビョンフンだった。
ワン・ユは高麗の捕虜の支持を受け、統括者となった。

側室としてあてがわれた高麗出身のパク・オジン。
宮廷での女官達の噂話、側室の話が皇后タナシルリの耳に入る。

高麗出身の女官達は全員集められ、「オジンは処刑だ」と皇后から言い渡されたその時!
やって来た皇太后がオジンの懐妊に気付き助けられるのであった。

皇后タナシルリの気性の激しさは尋常ではなかった。

皇帝がスンニャンと話すだけでも激情し、スンニャンの頬をぶつタナシルリ。

チュルクは昼夜問わずペガンとワン・ユ達の部隊に攻撃を仕掛けてくるのだった。

スンニャンは、オジンと眠る皇帝タファンの喉を一突きしようと箸を構えていた。
その手を掴み、止めるオジン。

「心に傷を負った者同士、同郷のよしみで今回は見逃す」と言うオジン。
「復讐は殺すことではない、生き延びることよ」と言うオジンの言葉。

涙があふれるスンニャンでした( ;∀;)

皇帝タファンの弓の稽古の最中、お茶を運ぶスンニャン。
高熱でもうろうとする中、スンニャンの目の前の皇帝が王ワン・ユに見えてしまう。
意識を失いタファンの腕の中に倒れこんでしまうスンニャンであった。

第7話から第8話の感想

男なのに、女のように細やかで美しい顔立ち。
その様からタンギセは、いち早くスンニャンを女だと見抜いてしまいました。
このタンギセ。
かつてスンニャンがヤンとして生きていた幼き日に、母を殺した張本人です。
はらわたが煮えくり返るほど憎しみを抱くスンニャンですが、何と「側室にしてやる」と言葉をかけられるのでした。
何とも嫌な気持ちだったでしょうね。
女性として化粧して綺麗な衣装に身を包んだジウォンちゃんはこれまた見とれる程に美しかったです(^▽^)/
王ワン・ユも、こんなに美しい女性に心動かないはずがないですよね(*´∀`*)
そして何より殺したいと憎んでいる皇帝タファンとの再会。
すぐ手の届く場所にいるタファンを何度殺めようと試みることか・・・。
タファンはそんな思いとは裏腹に、スンニャンが忘れられないようですね。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください