奇皇后-あらすじ-13話-14話-15話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-13話-14話-15話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
スンニャンが女であることを知ったタファン皇帝。
ずっと会いたかったスンニャンを前にどう過ごすのでしょうか(^▽^)/

【奇皇后】ネタバレあり

第13話 届かぬ思い

オジンの再診を公開で行うと言う。
ヨンチョルたちは、この場で皇太后までを一掃しようと企んでいたのだが・・・。

「ご懐妊です!滑脈が感じられます」と言う医官たち。

焦ったのはタナシルリたちですよね(≧∇≦)

タナシルリの兄タンギセも、ヨンファを責める。

皇室の権威を地に落とした罪として、ヨンチョルは娘タナシルリに席藁待罪(ソッコテジェ・むしろに座り許しや処分を待つこと)を申し付けるのだった。

一方オジンは皇帝から側室の位である才人の命を受けるのであった。

チュルク討伐隊としてヨンチョルに命じられ出向いていたペガンとタルタルたちは。
ワン・ユたち率いる高麗の捕虜たちに囲まれていた。

ワン・ユはペガンを殺さなかった。
そしてチュルクの大将ヨンビスの命も奪わなかったのだ。

スンニャンは雑用係から女官へと昇進するのであった。
タンギセは、自分達一族の脅威になると、スンニャンの殺害を部下に命じる。

スンニャンが皇后に協力したことで、「外に出してやる」と約束した皇后の書き付けをタファンは焼き捨てるのだった。

スンニャンは女官となり、皇帝タファンのお世話係を命じられるのであった。
「3歩以上離れてはならない」と申し付けられるスンニャンだった。

タンギセに命を狙われていることを知っている皇帝タファンは、スンニャンを守るために 自分の側に置いたようですね

自分の主は高麗の王ワン・ユだと言うスンニャンに、侍従のコルタは「高麗の王は亡くなった」と告げる。

唯一の希望であったワン・ユが亡くなったと聞いたスンニャンは、涙が止まらなかった。

やつれた顔をしたスンニャンを見て、タファンは食事をさせるためにわざと毒見役をスンニャンに命じるのであった。

その頃死んだと噂されていたワン・ユたち一行は、元の大都を目指し馬を走らせていた。
スンニャンの元へと急ぐワン・ユだった。

スンニャンは具合が悪くうなされていた。
皇帝タファンは心配し駆けつける。

そこにペガン将軍とワン・ユたちが生きて戻ったとの報告が!!

第14話 血書の存在

ワン・ユとその一行は、タファン皇帝のいる宮殿へとやって来る。
「スンニャンの姿が見当たらない」と辺りを見回すワン・ユたち。

タファンはスンニャンに「今日一日部屋から出てくるな」と申し付ける。

ワン・ユに会わせたくないと言うタファンの男心なのでしょう

スンニャンは、「高麗の廃位となった王が来ている」と聞きつけ、慌てて観に行く。

ところがワン・ユはスンニャンに目をとめなかった。

本当はスンニョンに気付いていたワン・ユです。気付かないふりをしていたようですね

パン内官はスンニャンに王ワン・ユからの言葉を伝えにやって来る。
「戌の刻前に庭園の仏塔に来るように」との伝言だった。

王ワン・ユとの待ち合わせに出向こうと、スンニャンが部屋を出ようとしたその時。
皇帝タファンがやって来る。
「ワン・ユの元にはいかせない」と言うタファン。

その手を振りほどき、待ち合わせの場所へとやって来たスンニャン。
すでに王の姿は無かった。

ヨンチョルは血書の行方を探していた。
先の皇帝が残したと言う血書。
ヨンチョルが毒を飲ませる前に書いていたと言う。

ヨンチョルの他にも血書を捜す者がいた。
それはペガン将軍だった。

ヨンチョル一族を滅ぼし、自ら権力を握りたいペガンにとって必要なものであった。

血書の行方を探し、いち早く手に入れたい者たちは、先を競って血書を探す。
現皇帝タファンは愚かで、ヨンチョル丞相は横暴が目に余る。
自ら権力を握りたいものにとって血書は必要不可欠だった。

ヨンチョルの飼い犬となっていたワン・ユの叔父ワン・ゴ。
「狩りが終われば猟犬は必要ない」と、いとも簡単に捨てられるのだった。

これに憤慨したワン・ゴは。
高麗へ戻る前にワン・ユを呼び出し、置き土産として血書の話をする。

これには宮中に詳しい人間の協力が必要だと思ったワン・ユは。
スンニャンの元を訪ねていく。

第15話 挑戦状

宮中のスンニャンを訪ねてやって来たワン・ユ。
先帝の血書を探すヨンチョルたちの話をする。
ヨンチョルによって殺された先帝。
ワン・ユはヨンチョルが身近な人間に疑念を向けることをあおり、ヨンチョル自身にそのものを始末させようと計画していることを話すのだった。

「元の皇帝に仕える女官となった今でも高麗の民であり、王様に仕える者です」と話すスンニャンだった。
そして「力になりたい」と言うスンニャンだが、ワン・ユはこれ以上スンニャンを危険な目に合わせたくなかった。

ヨンチョルを激怒させる為、上奏文を利用すると言うワン・ユ。
ワン・ユの忠臣パン・シヌは。
信頼できる人間を使い上奏文を届けられると言う。

その信頼できる人間とは。
スンニャンだった。

ワン・ユにはスンニャンが手伝っていることは内密にしています

皇太后は、ワン・ユを招きささやかな食事会をする。
皇后は自分が呼ばれなかったことに苛立つ。

ワン・ユが来ると聞き、自分の席も設けるよう申し付けるタナシルリだった。

スンニャンは、パン・シヌから上奏文が出来たらヨンチョルに届けるよう申し付かる。

上奏文を作るワン・ユたち。
「字を書いたことが無い」と言うチョンバギに書かせるワン・ユ。

パン・シヌは書庫の本に上奏文を挟み、スンニャンに手渡そうとしていた。
スンニャンが書庫に入ると後をつけてきたタンギセ。

スンニャンを想う気持ちがスンニャンを殺せないようです

ワン・ユとその部下は、疫病が蔓延する村にやって来る。
戦で得た報奨金を村人たちに配りながら、村を抜け道として通らせてもらうのだった。

スンニャンはパン・シヌから預かった上奏文をどうやってヨンチョルの目に入れようと考えていた。

上奏文をすり替えるには、渡り廊下を凍らせて、転んだ隙に上奏文をすり替えてはどうかと考える。

そしてうまくすり替えたスンニャン。
タファンはワン・ユと蹴鞠の勝負をする為、すり替わった上奏文を目にする前に退出。

タファンとワン・ユたちが蹴鞠の試合をしている中、ヨンチョルがはン・ユたちが作った上奏文を目にする。

「一体誰が自分に刃を向けるのか!!」と激情するヨンチョルだった。

第13話から第15話の感想

ワン・ユはスンニャンを大切に想っていますね。
男らしくて頼もしい、正義感に満ち溢れた人徳あるワン・ユ。
一方、同じくスンニャンに思いを寄せる元の皇帝タファン。
字もろくに読めないと噂されるほど、うつけ皇子と言われているタファンですが。
ワン・ユが討伐隊から戻ってきたことで、スンニャンを取られそうで焦っているようです。
タンギセも。
美しいスンニャンに心惹かれる男性の1人のようです。
残虐非情なタンギセですが、なぜかスンニャンは殺すことが出来ないようですね。
元の皇帝タファンのもとでお世話係の女官として勤めるスンニャンと、必ず高麗を取り戻そうと一生懸命なワン・ユ。
2人のお互いを想う気持ちもなかなか伝えられず、とてももどかしい毎日ですが。
タファンのどこか子どもっぽいけれど一生懸命なところはとっても可愛らしいですよね!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!
2 件のコメント
  • このドラマは何度みても。ハラハラドキドキ。美しいスンニャン。まだ最後までみていないので、これからの展開が楽しみ。見られなかったのは。入院したりと事情があったので。ワン・ユ大好き

    • 奇皇后楽しいですよね!ずっと見ようと思っていたのですが、いつもタイミングを逃していました。現在BS日テレで放送されているのを撮りためて視聴しています!ワン・ユさん大人の魅力に溢れてますよねー

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください