奇皇后-あらすじ-28話-29話-30話-ネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-奇皇后-あらすじ-28話-29話-30話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奇皇后

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
皇后からスンニャンへの嫉妬が日増しに強くなります。
何があっても耐え抜くスンニャン。
ワン・ユもスンニャンが生きていることを知るのでした。

【奇皇后】ネタバレあり

第28話 大いなる企て

スンニャンはタファンの腕の中で「皇帝が私にできることは何もない」と冷たく言い放つ。
その言葉を聞き、タファンは考えを改めるのだった。
一度辞めると言った文字を覚えることをもう一度始めると言うタファン。

「自分にもできるところを見せたい」と言うタファン。
スンニャンをもっと喜ばせたいと言うのだった。

ワン・ユはムソンを助けにフクスの元へ。
ワン・ユがヨンチョルの姪御の婿だと聞き、ムソンを釈放させるフクス。

宮中の側室スンニャンはソルファともめごとを起こしていた。
皇后はそれを知り、側室たちにまたもや帰脾湯を飲ませる。
飲まなかったスンニャンは厳しく罰すると言う皇后タナシルリ。

スンニャンが帰脾湯を飲もうとした瞬間、もめた相手ソルファが倒れこむ。
毒が入っていたと言う。

皇太后はそれを知り、「この件は厳しく追及する」と言うのだった。

調べた結果、煎じ薬の帰脾湯には毒薬は入っていなかった。
ヨンファは「ソルファがスンニャンからの干し柿を食べた」と耳にしていた。

もちろん疑われるのはスンニャン。

しかしこれもスンニャンの策の1つだったのです
 自らを犠牲にし、皇后の印章を奪うと・・・

案の定、皇后はスンニャンを犯人に仕立て上げ宮中に噂を広めさせる。
そんな時スンニャンは自ら皇太后の元を訪れ、「毒を持ったのは自分だ」と話すのだった。

メバクのフクスと手を組んだ様子のワン・ユ。
ヨンビスはそんなフクスから、「お頭の密命だ」と言って手紙を渡す。
どうやらワン・ユを殺せと書いてあるようであった。

ワン・ユの命を狙うヨンビス。
ワン・ユは危機一髪でヨンビスの腕をつかみ上げる。

皇后はスンニャンを犯人に仕立て上げようとしていた。
朝礼でいつものように煎じ薬を側室たちに飲ませる皇后。

スンニャンは一気に飲み干し、最後に指をしゃぶり皇后を見てにやりとするが・・・。
直後に苦しみだし倒れこむのだった・・・。

自ら毒を??

第29話 毒には毒を

自らの毒で倒れるスンニャン。
事前に皇太后には話をしていた。

犯人捜しで大騒ぎになる宮中。
「騒げば騒ぐほど皇后は自分を追い込むこととなる」と言うスンニャン。
そして皇后の仕業だと行きつくだろうと言うのだった。

オジンが殺されたことが今でも目に焼き付いていると言うスンニャンは。
「今でもその輩たちが何食わぬ顔で牛耳っているのが許せない」と言うスンニャン。
うまくいけば皇后を陥れ、再び皇太后が返り咲くことが可能であった。

煎じ薬からは毒が検出されなかった。
しかしナツメから毒が!!

そこで皇后は自ら犯人を突き止めると言う。
皇太后も賛成するのであった。

ヨンビスはメバクに指示されワン・ユを殺そうとする。
しかしワン・ユは気付き、ヨンビスを人質として捕らえることに。

意識が戻ったスンニャンは。
タファンの部屋に。

タファンはスンニャンに、「もう失望させない」と約束する。
「復讐の道具でも心に自分がいなくてもいい。側にいてくれれば」と抱き寄せるのだった。

皇后タナシルリは宮中のありとあらゆる部屋を調べつくす。
皇太后の部屋も調べるが何も出なかった。

スンニャンは「皇后の部屋も調べるべきだ」と言う。
そして自ら調べると言うタナシルリ。

タナシルリの部屋の宝石箱。
それはフクスからの贈り物だった。

もちろんスンニャンとタルタルが事前に仕組んだものだった。
毒入りのナツメはその中から大量に出てくるのであった。

ヨンチョルは報告を受ける。
毒を盛った犯人が皇后であったことを。
フクスの送った宝石箱から毒入りのナツメが出てきたことも伝えられる。

「フクスを捕らえよ」との丞相からの命が下る。

タルタルはワン・ユに協力を仰ぎフクスを捕らえることに。

皇后タナシルリは廃位か冷宮のどちらかを選べと丞相は言う。

皇太后の笑みが恐ろしや~

タルタルからスンニャンのことを聞かされるワン・ユ。
自ら志願し、皇帝タファンの側室となったことを聞かされる。
ヨンチョル達への復讐のためだと・・・。

あまりのショックに言葉を失うワン・ユだった。

第30話 それぞれの道

印章を皇太后に渡すタナシルリ。
息子マハも置いて行かなければならなかった。

皇太后はタファンが文字が書けることを知り喜ぶ。
そして声が戻ったことも全てスンニャンのおかげだと喜ぶのだった。

ワン・ユはタファンに「会いたい」と申し出る。
挨拶するワン・ユ。

スンニャンはタファンに「お願いがある」と言う。
「ワン・ユ殿と2人で話をさせてくださいと」。

ワン・ユはスンニャンと2人きりで向き合う。
「スンニャンとの過去は消し去りたい過去だ」と言う。
そしてお互いそれぞれの道を歩むことにした2人だった。

泣く泣くお互いを突き放すスンニャンとワン・ユ。
 2人とも身を切る思いだったでしょうね( ;∀;)

ヨンチョル丞相はタファンを連れて行く。
そしてマハへの譲位の書状をヨンチョルが勝手に作成。
王印を無理やり押させるのだった。

その頃ワン・ユに捕らえられたヨンビスは。
「自分を殺せ」とワン・ユに言うがワン・ユは殺さないと言う。

その代わりメバクの帳簿の暗号を読解するヨンビス。

宮中ではタファンと皇太后とスンニャンが。
攘夷を無くすためにどうしたらよいかと作戦を練っていた。

側室たちの親を抱き込み、長官たちを説得することにするタファン達。
皇太后が晩さん会に長官達を招待することに。

しかしこの晩さん会に横槍を入れる丞相。
長官達を丞相の家に招待するのであった。

宮中の皇太后とタファンが待つ晩さん会には誰1人としてやって来なかった。

長官達は譲位を承認する代わりにヨンチョルに借りた借金が全て帳消しになると言う。

ヨンビスが読解した帳簿は、メバクの帳簿ではなかった。
各行省に潜むメバクの間者の名簿だと言う。

しかしこれで譲位が阻止できると言うワン・ユ。

タルタルにこの話をするワン・ユ。
そして長官達を呼びタファンが説得に出るのだった。

第28話から第30話の感想

スンニャンはホントに肝が据わった女性です!!
自ら口にするものに、自ら毒を仕込んでいたなんて(≧∇≦)
1歩間違ったら命を落としかねないこの作戦を何のためらいもなく実行に移す度胸には、あっぱれです。
ヨンチョル一族の何とも卑劣な行動。
タナシルリの側室いじめも本当にびっくりしますよね。
こんなに恐ろしい妻がいる宮中、近寄りたくないですよね~。
憎きタナシルリを見事宮中から追い払うことに成功した皇太后とスンニャンです。
しかしまだまだヨンチョルの力は勢いがあります。
息子タンギセたちも父と同じ傍若無人なその振る舞い。
スンニャンが側室となり、皇帝タファンも力をつけ始めた今日この頃・・・ヨンチョル一族の今後がどう変わっていくのかも楽しみですね!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください