奥様はサイボーグ-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-奥様はサイボーグ-あらすじ-9話-10話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

奥様はサイボーグ

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドへの息子ジョージが、コボンの家の秘密の部屋に入ってしまいました。
ジョージは何を見たのでしょう(≧∇≦)
気が気ではないコボンです!!

【奥様はサイボーグ】ネタバレあり

第9話

ジョージにボーグマムの家の秘密の部屋について執拗に問いただすドへ。
しかしジョージは口をつぐみます。

気になって仕方がないドへですが・・・

グィナムが口にしたボーグマムの飲料ボトル。
中身については、「私達2人だけの秘密にしよう」と言うドへ。

コボンはずっとボーグマムを避けていた。
自分がボーグマムにドキドキしてしまうこの気持ちを信じたくなかったコボン。

精神科医の先生に、「逃げていてはいけない。自分の気持ちと向き合うことだ」と言われたコボンは。
ボーグマムと会うことに。

考え事をしていたコボンの前に1台の車が突進してくる。
瞬時に速度を計算したボーグマムは。
このままではコボンが危ないと察知。
飛び出して行きコボンをかばうボーグマム。

頭から血??オイル??を流し倒れるボーグマム。
慌てて抱きかかえるコボンは。

運転者の女性には、「自分から連絡する」と言って女性の車のドライブレコーダーを抜き取るのだった。

家に帰って来たコボンは慌ててボーグマムの修理に掛かる。
テチョンは怪我したコボンの手当てをしようとするが、ボーグマムを治す事が先だと言うコボン。

ボーグマムにミソを重ねるコボンは。
もう2度と大切な人を失いたくなかった。

3日が過ぎようとしていた。
ユルには旅行だと言ってボーグマムの修理をしていたコボン。
ユルの元に帰って来る。

「ママは病気なんだ」と聞かされたユルは、ヒョンビン先生に話してしまう。
スジから、「ボーグマムの夫が浮気をしている」と聞かされていたヒョンビン先生は心配で訪ねて来るのだった。

第10話

ボーグマムを心配して訪ねてきたヒョンビン先生。
コボンに様子を尋ねるが嘘をつくコボンに不信感が募るヒョンビン先生。

そんな時、突然ボーグマムが部屋から出てくる。
元気そうなボーグマムを確認したヒョンビン先生は帰って行くのだった。

しかし。
外に出るとコボンが若い女性となんだか怪しい雰囲気??

事故の相手の女性ですが、何やら目的があるようでコボンに近づいてきたようですね

ヒョンビン先生はこの様子を見てすっかり浮気だと勘違い。
女性の車に乗り込んだコボンたちを追いかける。

すると。
女性と怪しい雰囲気になるコボンを見てしまった。

車が揺れ始めるとヒョンビン先生は「これは紛れもなく浮気だ!!」と言って動揺してしまうのだった。

車が揺れた本当の正体は・・・窓を開けたためにハチが入って来たのです!
 そして大騒ぎになるコボンと女性でしたが、ヒョンビン先生は勘違いしていますね

ヒョンビン先生は幼稚園の先生として、保護者の家庭の事まで心配していた。
ボーグマムに伝えなければと思うのだが・・・。

いざボーグマムを前にすると言えなくなるヒョンビン先生。
そこで「遊園地へ一緒に行こう」と約束する。
遊園地で「ボーグマムの夫が浮気している」と伝えようと決意するのだった。

ボーグマムは役に立たなくなったら捨てられると心配していた。
夫に捨てられないためにはどうしたらよいのかとラジオのリスナーに相談。
可愛さモードで攻める事を教えられる。

ボーグマムはコボンの前に、キュートな格好でいきなり現れる。
コボンはためらってしまう。

機会のエラーだと心配するコボンは、ボーグマムの頬を両手で挟むと・・・。
とっても熱く発熱するボーグマム。

コボンに触れられると顔が赤くなるとってもお茶目なボーグマムです。
 ロボットのはずですが・・・ボーグマム??

恥ずかしくて照れてしまったコボンはわざと険しい顔つきになる。
ボーグマムはキュートさモードのスイッチを切るのだった。

そして幼稚園での出来事を報告。
「明日は遊園地へ行く」と言うボーグマム。
もちろんヒョンビン先生となのだが、コボンは大きな勘違い。
自分とのデートだと思い込む。

コボンとボーグマムが事故に遭った車の運転手。
その女性は何とドへが依頼した女性だった。
コボンと女性が浮気しているかのように、罠にかけようとしているドへ。

第9話から第10話の感想

ドへのボーグマムへの復讐心。
今回も炸裂です!!
わざわざ人を雇って、ボーグマムの家庭崩壊を企むのですが。
コボンが浮気をしているように見せかけるため、女性をコボンの近くに送り込むドへ。
そこまでして??と言うくらいボーグマムへの憎しみが強いようですね。
ボーグマムはドへの知っているミソではないのですが、そんなことは知らないドへ。
この先のボーグマムへの復讐、とっても恐ろしいですよね。
ヒョンビン先生、その声も素敵です(^▽^)/
とってもキュートなボーグマムとは、見た目もなんだかお似合いです。
コボンがヒョンビン先生に嫉妬し、火花を散らすシーンも笑ってしまいます(^▽^)/
そして何より大きな出来事。
ロボットであるはずのボーグマムが。
コボンに触れられると謎の発熱。
人間の感情と同じときめきを感じているボーグマム。
感情のないはずのロボットボーグマムに、少しずつ感情が芽生えているの??