女神降臨-あらすじ-1話-2話-3話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

イジメられるほど不細工だったジュギョンが、メイクアップで女神となりました!
人知れぬ心の傷を抱えたスホと出会い、二人はお互いの秘密を共有し、成長を遂げる、ロマンティックラブコメディーです。

【女神降臨】ネタバレあり

第1話

この世に生まれてきたその時から。
ジュギョンは美しくないと評価されていた。

親戚の人達からも、学校の友達からも。
「勉強さえできればいいからね!」と母親には言われて育った。

あまりのブサイクさに、学校でもバカにされていた。
それでも明るく振る舞うジュギョン。

高校生の頃は、給食室のイケメンお兄さん、ヒョンビンに恋していたのだった。
手作りクッキーを持って告白するジュギョン。

しかしヒョンビンにはこっぴどく振られてしまう。
普段は優しいヒョンビンだったが、この日はひどく傷つける言葉を吐くのだった。

「顔が悪いんだから、頭を回せ。こんなものを作る前に鏡を見ろ!」とヒョンビン。

この数時間前には。
学校では可愛いと評判のセミたちが、ヒョンビンに根回ししていたのだ。
「ヒョンビンさんが優しいから、ジュギョンがつけあがる」と。

可愛いセミの言葉に、ヒョンビンはジュギョンに冷たく接したのだった。
告白してフラれるまでずっと動画を撮り続けるセミたち。

傷ついたジュギョンは、涙が止まらない。
「何も悪いことをしていないのに、なぜあなたたちは私を嫌うの?」とジュギョン。

「ブサイクだから!」と答えるセミ。
この動画はすぐにネットに出回ってしまう。

何ともひどいいじめです!あってはならない事ですね

誰にも好いてもらえない・・・と明日からの日々を悲観するジュギョンは。
ビルの屋上にやって来る。

何度も飛び降りようと足を前に出すのだが。
ふとエキシビジョンに映った「故チョンセヨンの18歳の誕生日を祝って」という言葉が飛び込んでくる。

「もったいない」と思うジュギョン。
その時後ろから不意にジュギョンの手を引っ張る男性が!

ジュギョンを助けようと走って来たのはイ・スホだった。
見た事のないほどイケメンの彼は。

ジュギョンを厳しく攻め立てる。
「死ぬ気で戦え!死んだ人間には何もしてやれない!」と。

ジュギョンは助けられた時の勢いで、メガネを無くしてしまう。
高層ビルの屋上から、戻ろうとした2人だが。
エレベーターは点検中。
使えなかった。

そこで仕方なく目が見えないジュギョンを背負って下りていくこととなったスホ。
ジュギョンをタクシーに乗せ帰してやるのだった。

メガネが無いと視界がぼやけるド近眼のジュギョン。
死のうとしていたジュギョンだが、「おじさんも頑張って!死んだ人も残された人に苦しんで欲しくないはずよ」とスホにエールを送るのだった。

ジュギョンはタクシーの中で思い出す。
母親に電話をかけたのだが留守電だった。
そこに遺書のような言葉を残してしまったのだ。
大慌てで家に帰るジュギョンだが。

その頃家の中は戦争だった。
父親が大金を投資したという。

家に帰って来たジュギョン。
自分のために母親が泣き崩れていると勘違い。

「私を美人に産まないからよ!母さんに似てブサイクなんだから!整形させてよ!」と意味不明な言葉で母親を怒らせる。

「明日から、どう生きて行こう」と悩むジュギョンは、ネットのアドバイスに心を打たれる!
それはメイクだった!

ホラー映画のようなメイクで学校に投降したジュギョン。
またまた皆の笑いものだった。

自分の事で精一杯のジュギョンは、父親が作った借金のことも知らず、「転校したい」というのだった。
家を売ることになる母親の口から、「言わなくてもそうなるわよ!」と。

ジュギョンは大喜び。
転校先が人生の転機だと考えたジュギョン。
メイクを研究する。

そして引っ越してきた先で登校したその高校では。
ジュギョンが歩くとざわつく学生!

「女神降臨だ!」とあまりの美しさにどよめきが起こるのだった!

第2話

転校先のセボム高校では、ジュギョンが歩くと皆が振り返る。
「わぁ~キレイ!あれは誰?」とざわつく生徒達。

ジュギョンは瞬く間に人気者に。
クラスにはとても人懐っこいチェ・スアがいた。

スアの友人で、天然美女のカン・スジンと2人で放課後初めて遊びに出かける。
以前は、望んでも得ることが出来なかった友達という存在。

綺麗な女性に変身したジュギョンの生活は、一変しました

たった1人を除いてですが・・・。
そう、イ・スホだけは、ジュギョンにもとても冷たいのです。

久しぶりにこの土地に舞い戻ったジュギョンは、かつての行き付けの漫画喫茶へと足を運ぶ。
何とそこでスホに遭遇。

しかしこの時ジュギョンはすっぴんにメガネ。
スホは気付くはずが無い・・・と思っているジュギョン。

ドキドキするジュギョンです

屋上で自殺しようとしていたジュギョンを助けたことを思い出していたスホ。
ジュギョンは目が悪かったため、屋上で助けてくれたのがスホだとは気づいていなかった。

毎朝とびっきりのメイクを施すジュギョン。
カバー力の強いファンデーションを探しにコスメショップへ。

そこで、以前自分をイジメていたヨンファ高校のパク・セミと遭遇。
涙が止まらなくなるジュギョンだった。

泣いて走って帰るジュギョンは、バイクに乗った不良少年と出くわす。
切れ長のちょっぴりイケメン。
実は彼もセボム高校復学生、ハン・ソジュン。

スホの父親は有名な俳優、イ・ジュホンだった。

第3話

休日、ジュギョンは漫画喫茶を訪れる。
またスホがいてはまずいと思い、店長に尋ねる。
「スホは週末は来ないよ」と聞き安心する。

そして台の上に乗り、懐かしいホラー漫画を取ろうとしていると。
来ないはずのスホがやって来た。

「また会ったね」と話しかけてくるスホに、驚いたジュギョンは台から転げ落ちそうに!
抱きとめてくれたスホ。

以前も屋上で同じような場面が

スホは、ジュギョンが屋上で自殺をしようとしていた人物だと思っていた。
ところが。
ジュギョンは勝手に、「自分のすっぴんを知っているスホだ!」と勘違い。

ばらされると困るジュギョンは、誓約書を書いてもらう。

スホとはホラー漫画の趣味が同じようだった。
話が合う二人。

学校で。
ジュギョンはスホにウインクしてみたりとやたら親しげに接する。

本屋で自分のすっぴんも見られていると思っていたジュギョンですもの。親近感がわいていたようです

以前、スホの制服のブレザーにファンデーションを付けてしまったジュギョン。
クリーニング仕上がりの制服と一緒に、ホラー漫画を1冊入れて返そうとした。
「すっぴんは秘密にしてね!」とのメモ書きを付けて。

屋上に呼びだし制服を帰すジュギョン。
そこで初めて、スホは自分のすっぴんを知っているわけではない!と気づいたのだった。
「メモ書きを取り返さなければ!」と帰した制服と漫画を取り戻す。

ジュギョンは目が悪くて、自殺しようとした自分を助けてくれたのがスホだと気付いてい ないのです!

夜、スホからジュギョンに電話が。
「渡すものがあるはずだ。9時までにセボム公園に来い」と言われる。

一体どちらの自分を呼んだのか?ジュギョンにはわからなかった。
ブサイクな漫画喫茶で会うすっぴんの自分なのか、学校で会う完璧メイクの女神なのか。

考え悩んだ末、ジュギョンは思いつく。
以前不良学生ソジュンのフルメットを持ち帰ってしまった。
それを被って自転車で公園までやって来たジュギョン。

周りから嘲笑されるジュギョン。
結局漫画を渡したのだった。

そこで、フルメットを脱ぎ、すっぴんのブサイクなジュギョンで対応する。

翌日は、女神のジュギョンとしてスホにブレザーを返すのだった。

友人スアと彼氏の交際100日の記念日。
教室ではクラスメイトを巻き込んで、サプライズを用意していた彼氏。

大喜びのスアと彼氏が抱き合う後ろで、ジュギョンが微笑んでいると。
クラスメイトのヒョンギュがケーキを顔にめがけて投げてきた!

ジュギョンは顔面で見事にキャッチ!
「メイクが取れる!!」それしか頭にないジュギョン!

廊下で靴ひもを結ぶ不良学生ソジュンの背中を思い切り踏んづけ、トイレに向かって猛ダッシュ!

このクリームを拭き取られるとすっぴんがあらわになってしまいます!!

第1話から第3話の感想

のっけから思わず笑いがこみ上げる、まさにラブコメディーです!
ブサイクゆえにいじめられるジュギョン。
転校するまでは本当に辛い人生だったようです。
友達と呼べる存在がいなかったことも、せつないですよね。
屋上から自殺しようと考えてしまうほど、自分の容姿に悩んだジュギョンでしたが。
メイクを習得し、転校先の学校では人生が真逆になりました!
「女神降臨だ”!」と学生からはもてはやされるジュギョン。
今まででは考えられない事ですよね!
そして人生初の友達という存在も出来ました!
一緒に放課後トッポキを食べて、ゲームセンターへ行く。
学生ならだれもが経験しそうな日常の1日を、幸せだとかみしめることが出来たジュギョンです。
ジュギョンが心も満たされ幸せになれるなら、メイクは神ですよね!
ジュギョン演じるムン・ガヨンの愛らしさ、スホを演じるチャ・ウヌの国宝級のイケメンに癒されます!

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください