女神降臨-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ジュギョンはすっぴんで登校します。
恋愛も全て公開したジュギョン。
ありのままを受け入れ、自分のことを好きになろうと頑張っているジュギョンです!

スポンサーリンク

【女神降臨】ネタバレあり

スポンサーリンク

第22話

自分の事を嫌いになれば、ブサイクだと認めることになってしまうと話すジュギョン。
すっぴんをさらけ出し、スホとの交際も公にしたのだった。

登校してきたジュギョンを見た担任のジュヌは、泣いて感動するのだった。

トイレでスジンと隣り合わせになったジュギョン。
ジュギョンにキツイ一言を放つスジン。
「よく来られたものね」と。

そこにやって来たのはスアだった。
スアはソジュンとスジンの話を聞き、動画の拡散をしたのがスジンだと知ったのだ。
ジュギョンに謝るのを待っていたというスア。
ところがスジンは全く悪びれた様子もない。

スアはジュギョンの事を親友だと思っていたのに、真実を話してくれなかったことに怒っていた。

放課後、スアと一緒に出掛けたジュギョン。
セミたちにまたイジメられていたへミンを見て黙っていられなかった。

スアとへミンと一緒に、セミたちに立ち向かうジュギョン。偶然通りかかったチョロンが、最後は助けてくれるのだった。

へミンもスアもすぐに意気投合。

ヨンファ高校の時とは違い、友達の存在がありがたいジュギョンとへミンですね!

ジュギョンから一晩中電話が来ないと不安になるスホ。
頭の上に携帯を乗せて、朝方やっと眠りについた。

間が悪いことに、眠っている間にジュギョンから電話が。
「あまりしつこいと嫌がられる」とテフンに教えられたスホ。
我慢していた。

でもそれも長く続かず、スホはジュギョンと会うと本当にうれしくて思わず「愛している」と心の声が漏れ出てしまう。

スジンは父親からひどい言葉で虐待が続いていた。
スジンも我慢がならず、一気に爆発する。

ジュヌは酔っぱらい、ヒギョンが迎えにやって来る。
そして一晩、ヒギョンの家で過ごしたジュヌ。
教え子であるジュギョンと一緒に朝食を囲むこととなる。

学校では、スジンが以前のジュギョンのような立場にあった。
サイトには、スジンがジュギョンをおとしめたとの投降が。

スジンに向けられる冷たい視線。
スジンはいたたまれなくなり、教室から走り出す。

スポンサーリンク

第23話

ジュギョンは最後に手を差し伸べる。
スジンを追いかける。

「あなたとはこんな風になりたくない。私に言うことはない?」というジュギョン。
差し伸べた手を振り払うスジンは、ジュギョンに背を向け去って行く。

ジュギョンは、美容師メイクアップ筆記試験に合格する。
スホと一緒にデート中。
ソジュンはジュギョンの事を吹っ切れずにいた。
自分の想いを吹っ切るために、ジュギョンを呼びだす。
スホもジュギョンを送り出すのだった。

ソジュンはジュギョンの好物のトッポキを食べに行こうと誘う。
そして恋愛相談だと言う。

好きな子がいるけれど彼氏がいるから諦めると話すソジュン。
ジュギョンは自分のことだと思ってもいなかった。

「告白したの?」というジュギョン。
「していない」と答えるソジュン。

「奪っちゃえば?」というジュギョン。
「そうしようか?」と優しく笑うソジュンだった。

ソジュンはSNSで話題の人となっていた。
路上ライブで歌った歌が、とても上手だった。
ルックスもイケてるソジュン。
歌手になるのが夢だった。

ヒギョンがスカウトにやって来るのだが。
セヨンのことがあるソジュンは、「またあの会社に戻ると思うのか?」という。

ジュギョンとスホは朝早くから海へデートに出かけていた。
バスに乗って遠くまで来ていた二人。

スホは携帯を置き忘れて連絡がつかなかった。
ジュギョンもまた充電が無くなってしまう。

そこでソジュンに連絡が。
スホの父親イ・ジュホンがアメリカで脳出血で倒れたのだった。

ソジュンがスホ達を捜してやって来る。
スホはアメリカへと急きょ旅立つことに。

ジュギョンはスホの事が心配だった。
父親にもしものことがあったら・・・と。

ひと月後。
父親の退院後にスホだけ先に帰国するとジュギョンに連絡が。

しかし、直後。
スホの父は二次出血のため、緊急手術となってしまう。

予断を許さない状況で、スホも帰国できずに月日が流れる。

ジュギョン達も高校3年生となった。
スアとテフンもまた同じクラス。
へミンも一緒だった。

スホは父親の意識が戻らない中、ずっと待ち続けているジュギョンの事を考えると気の毒で申し訳なかった。
「別れよう」というスホ。

久しぶりの電話が、別れ話となってしまったジュギョンは、涙が止まらない。

スホとの思い出の場所、漫画喫茶へやって来たジュギョン。
壁に書かれたスホのメッセージに初めて気づく。

「初雪が降ったら、南山で願おう」とスホ。
幼いころにジュギョンとスホが話した内容だった。
ジュギョンもやっと思い出す。
泣き虫だった男の子がスホだったことを。

二人の縁・・・素敵ですね!

スポンサーリンク

第24話

ジュギョンは自分の夢のために少しずつ近づいていた。
高校生だった仲間も皆、それぞれの道に進もうとしていた。

スホに連絡をしていたジュギョン。
試験が終わり、メールする口実が無くなった。

ある雪が降った日を境に、「連絡するのを辞める」と最後のメールを送るのだった。

ジュギョンはメイクの仕事に勤しんでいた。
デビュー間近のソジュンを紹介しろというチェニ。

ソジュンは未だにジュギョンの事が好きだった。
高校時代の仲間達との飲み会。
酔っ払ったジュギョンを送る時、ソジュンはジュギョンに「いい加減に気づけよ」とキスをしようとしたのだが・・・。
辞めた。

翌朝、ジュギョンの家でソジュンも一緒に朝食を囲んでいた。
気まずいジュギョン。

ソジュンははっきりとジュギョンに言う。
「次はチャンと告白するからな」と。

そしてジュギョンを食事に誘う。
ジュギョンは緊張していた。

ソジュンは率直にジュギョンに告白。
「ずっと好きだった、ジュギョン」と。

「少しくらいは揺れてくれよ」というソジュンの言葉に、目を丸くするジュギョン。
「3回だけ付き合ってほしい、男と女として」とソジュンは言う。

ヒギョンはジュヌとの結婚が近かった。
サプライズのプロポーズ大作戦を仕掛けようと頑張るジュヌ。

ジュギョンはスホの事がどうしても頭から離れなかった。
ソジュンからの告白でまた、スホを思い出す。

コンビニを出たジュギョンの頭上から。
今年の初雪が降って来た。

「初雪が降ったら、南山で願おう」というスホの言葉を思い出す。
南山に駆けつけるジュギョン。

そこでまさかのスホと遭遇。
帰国してすぐに、ジュギョンに会いたくてここに来たと話すスホ。

ジュギョンは「会いたくなかった!」と逃げだした。
追いかけるスホ。

ジュギョンの体を突然襲う胃痛。
スホはジュギョンを背負って病院へ。

便秘だと伝えられたジュギョンは、久々に会ったスホの前でとても恥ずかしかった。
逃げるように帰って行くジュギョン。

ずっと忘れられずにいたスホとの再会。衝撃的な再会になりましたね

スポンサーリンク

第22話から第24話の感想

すっぴんをさらけ出す勇気が持てたジュギョンは素晴らしい!
なかなか自分の全てをさらけ出すことなんて出来ないですよね。
以前ジュギョンはセミたちに、「ブサイクだから」と言われたことがトラウマになっていたはずです。
自殺をしようとまで考えたことがあるジュギョン。
すっぴんの姿で堂々と登校したジュギョンに、拍手を送りたいです!
自分の事を好きになろうと頑張る健気なジュギョン。
自分が自分の事を嫌いになってしまったら、確かに寂しいことですよね。
スホとの交際も、公にする事にしましたね。
スホもとっても優しいイケメン男子です!
あんなにキラキラしたイケメンで頭もいいスホが、ジュギョンの事を容姿ではなく好きになってくれるなんて!
まさに神!!
せっかく二人がうまく行くであろうと思われたその矢先、遠く離れ離れになってしまったスホとジュギョンです。
それが初雪の降る日に、偶然再会なんて!
本当に二人は赤い糸で結ばれていたんですね!

スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください