女神降臨-あらすじ-25話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

スホの父は意識を取り戻しました。
スホが韓国に帰国したその日、初雪が降り南山にやって来たスホとジュギョン。
偶然の再会は、ジュギョンにとって少々気まずいものとなってしまいました。

スポンサーリンク

【女神降臨】ネタバレあり

第25話

ソジュンは、スホが帰国したと知り家までやって来る。

スホの家のインターフォンが鳴る。
「久しぶり!」というソジュンはスホを抱きしめる。
そして一年ぶりに一緒に食事をする二人だった。

ジュギョンが仕事に行こうと門を出ると、スホが立っていた。
「偶然だな」というスホ。
ジュギョンは逃げるように仕事場へ向かう。

すると今度は仕事場の美容室にスホがいた。
「ヘアセットを頼む」というスホ。

ジュギョンの行く先に、スホが付いてくる。

食事もとらずに働くジュギョンのため、スホは買い出しに行く。
そして美容室に戻ったのだが。
ジュギョンは退勤した後だった。

美容室を出たジュギョンを待っていたのは何とソジュン。
1回目のデートをする。

アイススケートにやって来たソジュンは賭けをする。
「あの柱に早く着いた方の願い事を聞くこと」と。

勝負はソジュンの勝ち。
ジュギョンを送り、漫画喫茶の前までやって来たソジュン。
「願い事を聞いてもらうぞ」と言ってジュギョンを抱きしめた。

すると漫画喫茶からスホが出てきた。
スホは二人を目撃。

ソジュンはそれを知り、わざとジュギョンを強く抱きしめる。

スホとソジュンは、ジュギョンが帰った後二人で飲んでいた。
「まだあきらめられないのか?」というスホ。
「付き合っている」と答えたソジュン。

ソジュンは、気持ちに整理を付けようとしていたのだった。
2年前にできなかったジュギョンへの気持ちに、ケリを付けようとしていた。

ジュギョンはスホに会ってから、やはりスホの事がまた頭から離れなくなる。
ソジュンに話があると言って、事務所までやって来たジュギョン。
ソジュンはジュギョンの気持ちを痛いほどよくわかっていた。
「スホは今夜の便でアメリカに戻る、行くなら今だ」とジュギョンの背中を押すソジュン。

ジュギョンの事が大好きなソジュンだからこそ、辛い選択を選んだようです( ;∀;)

ジュギョンはスホの所へと飛んで行く。
「どこにも行かないで!」というジュギョン。

スホはただ荷物の整理をしていただけだった。
「どこへも行かない」というスホ。

ジュギョンがスホの所へと行けるよう、ソジュンが気を利かせた嘘だったのだ。

ソジュン素敵です!

スホとジュギョンはまた昔のように毎日顔を合わせる生活が始まった。

ジュギョンはインターン見習いで、芸能人のチェニを担当し、メイクの勉強もしていた。
わがままで生意気なチェニ。
ソジュンが自分に見向きもしない事にも苛立っていた。

ジュギョンをとことん苦しめるチェニに、とうとうジュギョンも堪忍袋の緒が切れる。
偶然通りかかったスジンが、チェニからジュギョンを守ってくれたのだった。

スジンはセボム高校退学後、両親が離婚したという。
以前自分がしたことをジュギョンに心から謝るのだった。

ジュギョンとスジンには、以前のように友達としての笑顔が戻る。

スポンサーリンク

第25話の感想

スホのお父様も意識が戻り、ひとまず安心ですね!
そして何より、スホとジュギョンの再会です!!
初雪が降ったら南山へ・・・の言葉通り、二人はそれぞれ南山へと向かっていましたね。
スホもずっとジュギョンの事が忘れられず、会いたくて仕方がなかったようです。
ジュギョンも同じ気持ちでした。
そんなジュギョンの気持ちをよくわかっていたソジュン。
大人の対応でした。
本当はスホに負けず劣らずジュギョンの事が好きだったにもかかわらず、自ら諦めることに。
個人的に、スホは非の打ち所がないイケメンですが、ちょっぴり悪だけれどとても優しいソジュンも捨てがたい!!
スホの所へとジュギョンの背中を押してやるソジュンが、これまたカッコ良かったですね。
スジンとも偶然の再会を果たしたジュギョン。
心から反省しジュギョンに謝罪する彼女、随分昔と変わりましたよね。
大人になっていくジュギョン達。
それぞれの幸せを掴んで欲しいものです(^▽^)/

スポンサーリンク
クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください