嫉妬の化身-あらすじ-7話-8話-9話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-嫉妬の化身-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
お天気キャスターと嫉妬知らずのマッチョ記者&紳士なイケメン御曹司が繰り広げるラブロマンス。
学歴もお金もない非正規社員のお天気キャスターを演じるのはラブコメの女王コン・ヒョジン。
入社早々一目ぼれしたのは嫉妬なんか縁のないマッチョ記者。3年後、ひょんなことから出会ったイケメン御曹司。二人は大の親友で・・・予測不能な三角ラブロマンスの嵐発生!!

ファシンの兄が亡くなったことで、パルガンとケ記者、パンアナウンサー、お母さんやファシン、みんなが顔を合わせた第6話。二人の母親を許せないパルガンと、許してほしい母2人。息子を許せないファシン母。気になる第7話です。

【嫉妬の化身】(ネタバレあり)

第7話

ラクはジュンシンから「娘はパンジャヨンに預ける」と遺言を預かった。
ケ記者とパンアナウンサーに「パルガンが上に住んでいたのに嘘をついた」と責められるラク。パスタにまでケチをつけて、弄んだとまで言われたラクは遺言の通りにはさせられないと、手紙をこっそりしまう。

この時のラク、2人の本性を知る為にワザとケンカっぽくふっかけたのかと思った。パスタに文句付けられて怒るのはプライドなんだろな。ちょっとかっこよかったな(笑)。

早朝の番組にうつったナリ。出勤しようと家を出ると車で寝ていたジョンウォン。ジョンウォンは「君とちゃんと恋がしたい」と言うがナリははっきりとは返事せずごまかす。
ジョンウォンはナリを自分の店に連れて行き好きな洋服をプレゼントしようとする。ナリが試着室に入っている時、ジョンウォンの母親がクムアナウンサーを連れてやってきた。
ジョンウォンがうまく外へ出そうとすると「結婚相手に失礼」と母。それを聞いてナリはこっそり部屋を後にする。ナリを追って外へ出たジョンウォン。「気を使う仲じゃない」と言うナリに「今の僕たちはどういう関係?」と聞くジョンウォン。「味見中」と答えるナリ。

母親が帰ってきたことで、家から追い出されたファシン。当直室で寝泊まりすることに。
検診で病院へ行ったナリ。そこでファシンが退院以来治療に来ていないことを知る。先生に「ファシンを連れてきて」と言われてしまう。

ジョンウォンが当直室にいるファシンの元へ来る。「うちで一緒に暮らそう」と言うジョンウォンはそのまま寝てしまう。ジョンウォンが寝た後、ファシンは別の当直室で寝ているナリの部屋へ行き何かを探し出す。起きたナリ。ファシンは携帯を探していた。ブラをつけている動画をジョンウォンんに見せたと思っていたファシン。だからナリをことごとく無視していた。放射線治療を受けないことを責められたファシンは「兄さんが死んだのに自分だけ長生きできない。死ぬにしてもはずかしくて死ねないから携帯を出せ」と言う。
トイレに置きっぱなしだった携帯。もみあって携帯をトイレに落としてしまう。責めあっているところにジョンウォン登場。「なにやってるんだ」と。
動画が原因だとわかったジョンウォンは「俺もその動画持ってる」と。ナリが見せた動画はブラでなくバンコクでSBCの広告を撮ったときにこっそり練習をしているファシンの姿だった。

そう言えばここまでこじれなかっただろうに。ナリも意地になってたのかな?

仲直りに3人で食事に行く。仲よさそうな2人を見て「つきあえよ」とファシン。「ピョ・ナリは好きな人がいるんだよな?」と言うファシンに「んー。いるの??」と逆に聞くナリ。それを聞いて顔がこわばるファシン。そして「俺よりいい男だから付き合え」と言って去る。

ファシンはまだナリが自分のことを好きだと思ってるんだね。3年片思いしてもらったからずっとそのまんまなんて、どんだけ都合いいのよ!!と言いたい。
だんだんファシンが女々しく思えてきた~。

第8話

「代表に私は不釣り合い」と言うナリにジョンウォンは「お互い短所を計算してどちっが劣るか勝負しよう」と言う。ジョンウォンは「君は僕をわかってる?今も愛情に飢えてるよ」と言うがナリはまたはぐらかす。

パルガンの住んでいるアパートに勝手に引越しをしようとやってきたパンアナウンサー。そこには先に引越しに来ていたケ記者もいた。そこへファシンもやってきて、勝手に引越しをさせないよう阻止しようとする。
結局2人は同じ部屋で寝ることになる。ファシンは隣のマンションに引っ越してくる。

ジョンウォンはナリを呼び出し、サイズを測りナリにぴったりのワンピースを作る。

これでまだ付き合ってないのかしら?と思うくらい甘々~な時間だったけど。ジョンウォンはどうにかしてナリを自分のものにしたいんだね。

ナリは自分が乳がん患者のフリをして、ファシンが付き添いとして行けるよう、病院の先生と話をする。先生はファシンに「こんな女性はいないわよ。」と言い、これからファシンのことを「ピョ・ナリ」と呼ぶことにする。

この先生、結構好き。わがままファシンを手のひらで転がすような・・・。

付添として、病室に入る時、ナリと手をつなぐファシン。無事放射線が終わり、食事に誘うファシンだったが、ナリはジョンウォンと約束があると言う。

この付添がきっかけで、ナリとファシンの絆が強まってると思う。

ヘウォンはファシンに、「一緒に組もう」と告げる。
会社の飲み会でサムギャプサルを食べに来た一行。「酒・サムギョプサル禁止」を気にするナリ。一気飲みを勧められるファシンに代わってお酒を飲みまくる。そのまま二次会へ行く。クムアナウンサーはジョンウォンに「飲みすぎました~迎えに来てもらえませんか~」と電話をする。秘書に行かせようとしたじジョンウォンに怒る母。ジョンウォンは「結婚だけは自分の好きな人としたい」と言うと「結婚相手だけは私が決める」と母。
飲み過ぎたナリをおぶって運ぶファシン。風邪をひいたナリを寝かしつけながら一緒に寝てしまう。

いやいやいや~。何もない相手の髪の毛なんか触らないでしょ~。寝ながらいい子いい子みたいなことしちゃって、これはもう、ファシンはナリが好きだってことでしょ~!

第9話

クムアナウンサーに呼ばれ迎えに来たジョンウォン。その様子を誰かが写真を撮っている。「話があったのですがしらふの時に話します。」と話すジョンウォンに、クムアナウンサーは「ファシンはナリと付き合ってるらしい」と言う。

ナリと添い寝していたファシン。目を開けるとヘウォンがいた。部屋から出て状況を説明するファシン。「ピョナリに片思いしている」と言われファシンは「俺がピョナリに片思いなんてありえない」と笑う。

ヘウォンいつ見てもクールだわ。あのファシンがタジタジだもんね。うまく言い訳してるように見えて実は出来てないファシン。笑える。

ジョンウォンはナリの元へ。寝ているナリの横で「あなたが好きです。いつ聞けるかな?」と独り言。

ネットにはジョンウォンとクムアナウンサーの記事が出ていた。同僚から祝福されるクムアナウンサー。ジョンウォンから、と白い大きな花束も届く。ナリはニュースを見てがっかりする。ナリを探すジョンウォンはファシンに「ナリと最後までいきたいから協力してくれ」と言うが「自分で探せ」とファシン。

クムアナウンサー。まぁよくも「結婚します」って言えるよね。お義母さんに気に入られてるから安心してるのか、ジョンウォンの気持ち完全無視!!

ファシンの放射線治療の日、ナリはいつもの待ち合わせ場所にいた。車の中からナリを見つけたファシン。「もう誰にも渡さない」とつぶやく。
それでも車に乗って元気のないナリを見て、病院と逆方向に走り出したファシン。
「白が嫌いだからあの花束はジョンウォンは送ってない。青が好きだから青の花束を贈るはず。送った洋服だって青だっただろ。あいつを信じよう。」

この時のファシンの気持ちを考えるとすごくせつない。葛藤。まさに葛藤。

ジョンウォンの元へ送り届けたファシン。「遅いかもしれませんがあなたが好きです。」ナリが言うと「遅くない」と言ってジョンウォンはキスをする。それを見たファシンは雨の中フラフラになりながら歩いて帰る。

7-9話感想

ひとまずジョンウォンおめでとう。お金持ちに産まれたせいで、自由がないジョンウォン。傷つきながらもやっとナリを手に入れられて本当によかった。ファシンの気持ちに気づいたらどうなるかわからないけど、いい人だからまずは幸せになってよかった。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。