宮廷女官チャングムの誓い-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

最高尚宮の座をかけて、競合したチェ尚宮とハン尚宮でしたが、チャングムがハン尚宮の代わりを務め、見事勝利!

しかし、面白くないチェ尚宮は決定に難癖をつけ、ハン尚宮の最高尚宮を認めないつもりです。どうする?チャングム!

それでは22話からお伝えしていきますね~

【宮廷女官チャングムの誓い】ネタバレあり

22話

最高尚宮交代の儀式に、他の尚宮たちはボイコットして出席しません。怒りに震えるあまり、倒れてしまうチョン尚宮。もう体は限界を迎えていました。宮中で死ぬことは王族以外許されず、すぐさま宮中を離れることになったチョン尚宮。チョン尚宮にお供したチャングムはハン尚宮を頼む、と言うチョン尚宮の言葉に涙します。チョン尚宮は亡くなられました・・・
チャングムにとってハン尚宮は厳しいお母さん、チョン尚宮は優しく接してくれる祖母のような存在だったのですね。

他の焼厨房の尚宮たちが従わないため、1人で王の食事を準備するハン尚宮。チャングムとヨンセンが宮中に戻ると、そこには大量の大根の前に一人たたずむハン尚宮の姿が。大根を漬ける日なのに誰も手伝いに来ないのです。チャングムとヨンセンでなんとかやり切ると、今度は大事な会議の連絡を受けておらず長番内官に叱責されるハン尚宮。淑媛様の祝宴の献立会議にも全尚宮が欠席。ハン尚宮は長番内官に頼み、熟手の助けを借りて祝いの準備をします。
意地悪なチェ尚宮!助手のチャングムに負けたくせにどうしてこんなに偉そうなの~?

なんと、淑媛様の祝いの席に欠席するように皆に伝えるチェ尚宮!欠席することで、大妃様にハン最高尚宮に反対、と伝えると言うのです。水刺間から一人で祝いの席に出席するハン尚宮。大妃様も問題視されます。そこで、ハン尚宮は事態を収拾するために辞任しようとしますが、チャングムに諭され、大妃様に再競合のお願いに上がるのでした。
チャングムの必死の説得に涙が。そして、もし再競合に勝ったら、私に全権限をください、と言うハン尚宮がかっこいい!

23話

王妃様に、再競合と再び勝ったら、全権をください、と頼んだハン尚宮。今回の競合は王妃様が行うことになりました。課題は炊飯。今から2人の尚宮がお互い1人で炊飯し競合することになりました。結果は全尚宮の投票で決めます。結果は・・・工夫を凝らしたチェ尚宮ではなく、全尚宮一人ひとりの好みを把握し、用意したハン尚宮の勝利でした。ここに水刺間のハン最高尚宮の誕生です。チェ尚宮は怒りで号泣。
当分の間は堤調尚宮も口出しできず、ハン尚宮の言葉が王妃様の言葉となります!チャングムは嬉し涙。クムヨンは悔し涙です。

チョン尚宮のお墓参りを終えたハン尚宮は、王様の御膳を用意します。以前お出しできなかった八掛湯を。王様も喜ばれ、最高尚宮として良いスタートをきります。ジョンホはバンスクとオ大鑑の不正を調べるために司甕院に異動。バンスクが水刺間と手を組み、出納品で私腹を肥やしていることに気づき始めています。チャングムは土の中の柿の酢の上に、母の親友に向けた手紙を忍ばせます。
まだハン尚宮は親友ミョンイの子どもがチャングムだと気づかないのですよね~一言、名前を言えば気づくのに!

ハン尚宮が辞令を出す日がやってきました。チェ尚宮は醤庫へ異動。その他の尚宮や女官は留任。そして出納尚宮という役職を作り、女官のチャングムが担うことに。司甕院などから各厨房に入ったものの数と、使った数量を記録するのです。各尚宮たちは、しばらく横流しはしないでおこう、と決意。すると返礼が倍近い量になり、今までの横領が明るみに出ます。このままでは処罰される、と堤調尚宮がチェ尚宮に泣きつき、手下のヨンロがチャングムの帳簿を奪います。しかしそこには母の料理集も入っていました!
チャングムピンチ!ミョンイのことをチェ尚宮に知られてしまいます!

24話

チャングムから奪ってきた帳簿の中に、ミョンイの料理集を見つけたチェ尚宮。しかし、ハン尚宮が書いたと勘違いし、帳簿にも誰が横領したか書かれていなかったため、ヨンロに元に戻させます。料理集だけはヨンロがこっそり持っていました。帳簿が戻ってきても料理集がないことに焦るチャングム。ヨンロがこっそり料理集を見ていると、ハン尚宮にとがめられます。料理集を見たハン尚宮はミョンイのものだと気づき、驚き、隠し持ちます。
ただの料理集ではなく、いろいろな真実が書かれている日記なので、バレたらまずいです!

チェ尚宮は料理集がミョンイのもので、チャングムはミョンイの娘だと気づきます。もし、チャングムがハン尚宮にミョンイの事実を告げたら・・・チェ尚宮にとって脅威です。チャングムを見張っていたヨンロはミョンイの手紙を見つけます。そこには、仁粋大妃の毒殺にチェ尚宮が関わり、自分も濡れ衣で毒殺されそうになった真実が書かれていました。慌てるチェ尚宮。バンソクはクムヨンに、ハン尚宮がミョンイの娘がチャングムだと気づく前に始末するように命じます。
ヨンロが本当にいらんことばっかりしてムカつきます!

調査により、各部署の横領がバレて長官たちは大慌て。今回取り締まっている司憲府のジョンホの父がイクス元戸曹判書であり、後ろ盾はないことを確認。ジョンホを失脚させようとします。クムヨンはジョンホのピンチを知り、これ以上オ大鑑を追わないように忠告しますが聞き入れてもらえず。最終的にチャングムとの仲を指摘。チャングムを女官の掟で殺すこともできると脅し、調査を諦めさせるのです。自ら地方に行くジョンホ。
好きな人の身を案じてのクムヨンの忠告だったのに、愛する人はチャングムのために行動する・・・せつない・・・

水刺間の尚宮たちは、今までの不正は不問にされました。もう一度信じるからしっかり仕事をするように言うハン尚宮。クムヨンは、ハン尚宮とチャングムを始末することを決意します。そして、チャングムが柿酢に残した置き手紙を呼んだハン尚宮と、柿酢の入った器がハン尚宮のものだと知ったチャングムは、お互いの正体を知り、笑顔で抱き合うのでした!
やっと!チャングムが親友の娘であると知ったハン尚宮!チャングムも母にように慕うハン尚宮は母の親友であったことを知り涙です!

22話から24話

いつもチャングムの活躍で難関を乗り切ってきたハン尚宮ですが、今回はハン尚宮の実力が分かりすごい!となりました。毅然と最高尚宮として活躍するハン尚宮は恰好よかったです。

チャングムはやっと母の親友に会えてよかったですね~。しかしクムヨンが嫉妬からか、何やら不穏な動きを・・・




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください