復讐の花束をあなたに-あらすじ-31話-32話-33話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

テプンは、母のひき逃げ事件の第2発見者がユラで、財産欲しさに嘘の証言をして母を陥れたのだと気がつきました。
ユラのテレビ局に5年前ひどい目に合わせたナヨンが実習生としてやってきました。ナヨンはユラを脅しましが、結局、ユラの策略にはまり陥いれられたのでした。

では、今回は31話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【復讐の花束をあなたに】(ネタバレあり)

復讐の花束をあなたに 31話

ユラはソジュンにプロポーズの言葉を求めたが、ソジュンはユラに結婚はするが愛までは求めるなと言った。
テプンは母のひき逃げ事故の担当検事に会えば何か分かるかと思い、会いに行って話を聞いた。当時証言があり、犯人が死んだので、証言したのは誰か調べる必要がなかったとカン検事は言った。過剰に反応するカン検事をテプンは不審に思った。
そして調べるうちにカン検事が事故の後左遷先から戻されていたことが分かった。

やっぱり隠してる

ユラは便利屋に頼み、偽物の両親を雇い顔合わせをした。
テプンはソジュンといつもの店で飲んでいた。そしてそこでユラに会った。
ユラはミニョク(テプン)がソジュンと知り合いだったということ、ミニョク(テプン)の意味深な言葉を不審に思ったが、その思いを自分の勘違いだとかき消した。

テプンなにかするつもりかな?

テプンは結婚祝いにと、高級スパのチケットをソジュンに渡した。そして、ファヨンはユラをスパに誘った。
スクチャは5年ぶりにユラに会いに行ったが、丁度その時ファヨンが現れ、スクチャは無視されてしまう。

ユラ一応気にしてる。

そして、スパへ行くとテプンの仕掛けた罠が待っていた。なんと、偽物の両親の母を演じた女性がスパで働いていたのだ。
テプンは式にもなにか仕掛けようとしていた。

なんだろう。

テプンは結婚式の司会を頼まれていた。そこで自分とユラの写真を出そうとしていた。
しかし、式の途中でひき逃げ事件にDLグループが関与していることが分かった。

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 32話

そして悩んだテプンは自分との写真を流すのをやめた。
テプンはDLに入社して犯人を探そうとソジュンに頼んだが、母の事件を担当したカン検事が最近採用されたと言われてしまう。
テプンはDLグループとカン検事の関係をますます怪しく感じた。

テプンはカン検事が不正な取引をしたことをソジュンに話し、カン検事は5年前の事件の事を持ち出しファヨンを脅したが、ファヨンは検事を助ける気は無かった。

ソジュンはテプンを夜な夜な呼び出し、家に帰るのが怖いと本音をこぼした。
ユラは、ファヨンが高級スパの券をくれたのはミニョク(テプン)だと話しているのを聞き、ミニョクの事務所に乗り込んだ。
そんなユラの態度にテプンは、ソジュンが家に帰るのが怖いと言っていたのには夫婦間に問題があるのかと言ったり、金輪際、急に事務所に来るのはやめるようにユラに忠告した。

ミニョクとユラの関係も悪くなってきたね

そして、テプンはユラが早く家に帰らせてと言いに来たとソジュンに話した。
怒ったソジュンはユラに、君に心を許すことは一生ないと言い放った。

パパと同じ夫婦になってるね

ユラはミニョク(テプン)がDLグループに入ることを聞き、これ以上ベッタリになってしまうのは困ると考えた。

テプンはカン検事と話していた。そして、カン検事の不正をテプンに話してきた女性にその場で確認した。
しかし、女性は急にこの人ではないと言い出した。

手を回したのは、ユラかな??

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 33話

やはりユラの仕業だった。ミニョク(テプン)がDLに来ては困ると思ったユラが手を回していた。そしてテプンはユラと意見を翻した女性が会っているのを見かけ、ユラが仕組んだのだと分かった。

ユラは自分たちが取引で結婚した仮面夫婦だということを、同居しているソジュンの叔母、ミリに知られてしまう。

テプンは、5年前カン検事が隠蔽した母の事件の日付を書いた紙をDLの社内に貼り付けた。
これを見た犯人がカン検事がやったと思い、追い出すと考えたのだ。

そうすればテプンがはいれるものね

サンテはテプンが購入したビルに便利屋の事務所を構え、向かいのスクチャ達の店舗でマッサージをしたり、ユジュンやユミョンとも仲良くなっていた。
そして、ユミョンに見合いの席で代行彼氏をやってほしいと頼んだ。
ユミョンは依頼を受け、そのまま依頼人の女性が服を買ってくれることになった。

そして服を買いに行った先でイェジンに会った。そこはユジョンも働いているスヒの服屋だった。
ミニョクはイェジンに話しかけるが、女性に服を買ってもらう様子を見られ、誤解されてしまう。

イェジンまだ引きずってそうだわ

ミリはファヨンに早速昨日聞いた話をしようとしていた。それを限定品のバッグを渡してユラ止めた。
ユラは、本当にソジュンを愛していると言った。ミリは信じられないと罵ったがバッグを受け取った。

テプンはカン検事にも犯人(ファヨン)が自分を脅していると疑わせ、2人の関係を悪くしなければと考えた。そして、テプンの思惑通りに事は運んだ。
ファヨンは暴力でカン検事を脅し、カン検事は辞表を出しDLを辞めた。

テプンはカン検事を尾行すれば犯人が分かると思ったが途中でまかれてしまう。
カン検事が辞め、テプンはDLに雇われることになった。

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 31~33話感想

いやー今回も面白かったですね!!ソジュンがとにかくパパにそっくりで可哀想。子供だけは作らないで欲しいと思います。
結婚式で、DLに犯人がいると分からなければテプンとユラの写真が出て結婚は白紙になったのに残念です。
でもテプンには無念は晴らして欲しいですが、ソジュンが可愛そうで。
そして、ミリが二人が仮面夫婦だと知ってしまいましたね。ミリの出方次第ではユラが恐ろしいことを考えそうで怖くなります。
次回も楽しみです!!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください