復讐の花束をあなたに-あらすじ-103話-104話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回、ファヨンがテプンの母を陥れて逮捕させ、殺したことを知らないソジュンは、テプンにとことんやるのかと迫り、テプンはソジュンに何も知らない癖に。と怒鳴りました。
このままテプンはソジュンに真実を告げるのでしょうか?そして、知ったソジュンはどうなってしまうのでしょうか?

では、今回は103話から紹介していきますのでお付き合いください♪

スポンサーリンク

【復讐の花束をあなたに】(ネタバレあり)

復讐の花束をあなたに 103話

テプンは、「お前の母親が…!」と言いかけたが、それ以上はなにも話せなかった。

ソジュンは、自分なりに気持ちの整理をつけて、前向きな気持ちで海外へ旅立とうとしていた。

ク秘書がチェ・チャンボムが帰国した所を捕まえて、救急車の映像をおくって脅したのはお前だなと詰め寄った。

これはテプンが仕掛けた罠で、サンテとテプンはその様子を撮影していた。
そこにテプンは現れ、映像を送ったのは自分だと言った。
テプンは、逃げたク秘書を捕まえて殴り、首を絞めて殺そうとしたが、それをサンテが止めた。

サンテがいてよかった

その後テプンは、ファヨンの元へ行き、ク秘書はチェ・チャンボムと共に逮捕されたことを話した。

ファヨンは、テプンに、ク秘書がテプンの母の呼吸器を外して殺した映像が残っていること、それを指示したのはファヨンだということ、そして、ジスクの夫を殺したのもファヨンだということがバレているのに、最後まで知らないとしらをきった。

この人ってほんとに(怒)

ク秘書は、全ての罪を自分が被るとファヨンに自ら申し出た。そして、30年間仕えたことを光栄だと言い涙を流した。

この涙、全然感動しないし、腹立つだけですね。

そんな時、テプンが頭に異常をきたして手術することになってしまう。
しかし、ク秘書が単独犯だと認め、ファヨンが逃げるかも知れないという今、手術をしている余裕はテプンにはなかった。

テプンが死んじゃうよー

ユジョンとソジュンは食事の約束をしていたが、ユジョンは行くことができなかった。
ソジュンはユジョンとの思い出を一人思い出していた。
そして、ユジョンがいてくれて良かったと心から思った。

切ないね。

ユラのせいでユミョンは仕事を失いそうになっていた。
イェジンとユミョンはユミョンの事務所にイェジンが別れるように言われ、別れてしまった。しかし、その事をユミョンは、知らなかった。

テプンは、会長に謝罪の言葉と共に、なぜ自分がDLに入社して名前を偽ったのか、今までのことを全て手紙に書いて渡した。

そして、ク秘書の単独犯行ではなく黒幕はファヨンだということも伝えた。

会長はファヨンに罪を償うように言ったがファヨンはしらを切り通した。
会長はファヨンに、お前は恐ろしい人間だ、ソジュンが不憫だと言い、去っていった。

ほんと、ソジュンが心配だわ

ユラは、テプンを放っておくのかとファヨンきけしかけた。
テプンを始末すればユラの面倒をみるとファヨンは約束した。

はぁ💨

スポンサーリンク

その頃、ユラが雇った便利屋はジュンソクを殺そうとしていた。
その時、サンテ達刑事が現れて、便利屋を殺人容疑で逮捕した。

サンテさんかっこいい!!

そして、ジュンソクの落とした当時の証拠が写った隠しカメラを拾ったテプンは警察署の前にいた。
そこに車で通りかかったユラは、速度を上げてテプンに近づいた。
テプンが気がついた時にはもう遅かったが、何者かがテプンを押しのけてテプンを助けた。

それは、ソジュンだった…

ソジュンが死んでしまう

ユラはソジュンを轢いてしまったことを確認したが、そのままその場をあとにした…

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 104話

事故のせいで、ソジュンは亡くなってしまった。

嘘でしょ

ユラは、また自分はソジュンを殺す気などなかった。と自分に言い聞かせているようだった。

この事実はどうにもならないよ。

ユジョンはまた気安く会おうと言ってくれていたソジュンに、自分ばかり貰って、自分はまだなにもあげていないと言って泣いた。

テプンもまた、自分の復讐の為にソジュンに近づき心を傷つけた過去を悔いて涙を流し、一人心の中で謝っていた。

辛すぎる。無念だね。

ファヨンは警察署にいるク秘書に言われ、引き出しを見た。
そこには、私が捕まった時はこの人達を訪ねて力を借りてくださいと書いてあった。

誰だろう?

ユラは指名手配されていた。
テプンはユラの家族に自分をユラが轢き殺そうとしていたこと、母親ギョンヘのひき逃げの2番目の証言をしたのがユラだったことを話した。

お金が底をついたユラは、スクチャに連絡をした。
スクチャがユラの元へ向かうのをファヨンは見ていて、ユラが自殺したと見せかけ殺すよう命じた。

スクチャはお金を持ってきてはおらず、ユラはサンテに逮捕された。

スクチャ、偉いよ。

ユラはテプン殺害容疑には共犯者がいると言った。それはファヨンだった。
その証拠は、奇しくも亡くなったソジュンが、ユラと、ファヨンの会話を録音した音声だった。

ソジュン、聞いていてテプンを助けたんだね。

スポンサーリンク

復讐の花束をあなたに 103~104話感想

かなりずっしりと重いストーリーで、非常に疲れました。
ソジュンを殺さないで欲しかったですね。
人が死ぬのは好きじゃないです。
ジュンソクみたいに生きていてほしいです。
でも、きっと叶いませんよね。悲しいですね。

ファヨンは、自分の指示でこうなったことを知れば変わるでしょうか?
ソジュンが亡くなったことは悲しんでいたけど、テプンを庇った為に亡くなったのに、自分のせいとは決して考えない気もします。殺人を指示したり犯しても、自分はやっていないと堂々といえるのはほんと凄いですね。本当に恐ろしい人間ですね。
次回は、最終回ですが、ハッピーエンドは訪れるのか、是非とも気持ちよく終わってほしいです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください